カラダノキオク【6巻ネタバレ】お買い物デート後に告白&身体の誘惑…モテまくる主人公が裏山!

カラダノキオク

漫画「カラダノキオク」第6巻の見所や感想をお届けしていきます!

今回は瑠海の誤解も解けて打ち解けていく恭平と瑠海。二人の関係が急接近していきます。

そして表紙を飾る女性の正体も判明。
恭平は過去に約束した「あの女」を巡る人間模様。

表紙の女性が約束の女性なのか…それともミスリードなのか…。モテモテ主人公が羨まし過ぎますが…今回もエロエロな内容が描かれていきます!

この漫画の試し読み
カラダノキオク

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「カラダノキオク」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

カラダノキオク

カラダノキオク【6巻】ネタバレ

カラダノキオク

恭平が出社する前の様子が描かれる。
この日は早めに出勤して監視カメラを確認する予定であった恭平。

しかし、目覚めると隣には裸の唯衣。
欲情していく恭平は出社前に彼女の身体を堪能していく。

『全く…遅刻しても私は知らないよ』

結局、恭平は早めの出勤が出来ず、監視カメラの映像も確認できないまま課長の奥さんが怒鳴り込んでくる状況に出くわしていく。

そして支店長、副支店長、警察官の本田、課長、課長の奥さん、瑠海が集められて会議が開始されていく。

『ほら…五十嵐さん…早く謝って』

課長の不倫相手は瑠海だといった前提で話が進められていく。泣いて否定する瑠海。

しかし、本田も瑠海が不倫相手の前提の物事を進めていく事へ。認めないと今より面倒な事になると脅していく。そんな彼に怒りがこみ上げていく恭平。

『どうやって収拾をつけるの?』

課長の奥さんも煽っていく。
追い詰められる瑠海。そこで恭平が動き出す。保安室へ移動して監視カメラの映像を見ましょうと。

そこに映っていた課長の不倫現場。相手は瑠海ではない事が明白になっていく。

『あなたこれは一体どういう事?』

クズな言い訳をしていく課長。これにて浮気相手が瑠海ではない事が判明。本田も自分の間違いに気付いて焦った表情を浮かべていく。

『この女は今何処にいるの?』

課長の奥さんは本当の浮気相手に対して新たな怒りを見せつけていく。しかし、彼女を制止させて瑠海に謝る事を優先させていく。本田にも瑠海を疑った罰を取らせていく恭平。

全員から謝罪されて誤解が解けていく事へ。

仕事終わりに公園で無事に一件落着したお祝いを二人する恭平と瑠海。

『恭平さんは何で私を信じてくれたんですか?』

恭平は色々と瑠海ではない証拠を掴んでいた事もあったが取り敢えず「何となく」と伝えて瑠海の言う事をただ信じる事にしたと伝えていく。

そんな恭平に恩返しがしたいと身体を密着させていく瑠海。何でもお願い事を聞くと告げていく。

『これはまさか…瑠海があの女かを確認するチャンス?』

しかし、さすがに一回セ○クスをさせて欲しいと切り出せない恭平。買い物に付き合って欲しいとお願いをしていく。

男女の関係もOK的なサインを見せていく瑠海。取り敢えず買い物デートの約束を週末にしていく二人であった。

場面はデート当日。瑠海の自宅。帰りが遅くなる事を姉に伝えていく瑠海。

『友達?誰?』

帰りが遅くなる理由を尋ねる姉の瑠莉(るり)であった。しかし、はぐらかす瑠海。ここで初めて瑠莉の姿が描写されていく。表紙の女性である。

瑠海が瑠莉に恭平と会う事を伝えたくない理由が明かされていく。恭平と会うといったら必ず瑠莉も付いてくるからであった。

『それは嫌…』

そして恭平と合流。
瑠海の恭平に対する気持ちが覗かれていく。彼女は恭平に好意を抱いていた。

そして恋人のような雰囲気を買い物を終えていく二人。買い物のお礼にご飯を奢ると伝える恭平であったが…瑠海は恭平の自宅へ行きたいと懇願。

『こうなった以上…お酒を飲みながら瑠海があの女なのか…確かめてみよう』

お酒が弱かった瑠海。
彼女はフラフラしてソファの上で寝てしまう。無防備な彼女の身体に欲情していく恭平。

しかし、我慢。
布団を持ってこようとすると実は起きていた瑠海がアクションを起こしていく。

『恭平さん…何で私に…手を出さないんですか?』

酔いもあって積極的な瑠海。
キャミソールを脱いで彼を誘惑していく。さらに勢いで恭平に告白していく瑠海。

『実は事情があって今誰かと付き合ったりはできない…お前に魅力がないからじゃなくて…その』

『それって付き合わなければいいって事ですか?』

恭平への想いが溢れていく瑠海。彼女は「初めては」恭平がいいと伝えて身体を触って欲しいとアピールしていく。ここで第6巻は終了。

カラダノキオク【6巻】感想

カラダノキオク

いよいよ瑠海と肌を重ね合わせる直前まで漕ぎ着けた恭平。それにしても主人公はモテモテですね(笑)

そして今回は表紙の女性が瑠海の姉である瑠莉である事が判明。表紙を飾るには何か理由があるはずなので「あの女」は瑠莉なのか…。

五十嵐姉妹はどうやら…どちらも恭平に気がある模様。

恭平が責任を取る約束をしたのは一体誰なのか…。取り敢えず瑠海も瑠莉も両方可愛いので今後の恭平との絡み合いが楽しみですね!


カラダノキオク

カラダノキオク

原作・著者I.O / キュルピ
価格198円(税込)

体力自慢だがちょっぴりおバカな警察官、片岡恭平。昇進試験に連敗する日々へとうとう見切りを付け、地元で就職する事に。久しぶりの地元を堪能していたある日、とある手紙が手元に届く。「責任を取るって約束、忘れてないよね?」思い当たるのは上京する前に一夜を共にしたある女性。しかし、どうしても肝心の相手の顔が思い出せない。残された唯一の手がかりは――カラダの相性!?おぼろげな記憶を頼りに、約束の女性を探すチン道中が始まる。

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「カラダノキオク」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下でカラダノキオクのネタバレをまとめています↓↓
カラダノキオク【ネタバレまとめ】最新巻から結末や最終回まで公開中!