最強スライム爆誕!?漫画「転生したらスライムだった件」1巻のあらすじ・ネタバレ感想

転生したらスライムだった件(1)

原作小説を元にコミカライズされた漫画「転生したらスライムだった件」。ゲーム業界では最弱のイメージがあるスライムだがこの漫画では最強。

最強系スライムを主人公にRPGゲームのような世界観で物語が進んでいく漫画になっている。

かなり評判の良い漫画。で、実際に面白い。ファンタジー系でおすすめ漫画を探しているならぜひ、推奨したい漫画である。

転生したらスライムだった件(1)
作品名:転生したらスライムだった件(1)
作者・著者:伏瀬 / 川上泰樹 / みっつばー
出版社:講談社
ジャンル:少年マンガ

漫画「転生したらスライムだった件」1巻のあらすじ

三上悟といった37歳、ゼネコン勤務の童貞男が強盗に背中を刺されて倒れる。気がつくとそこはファンタジー世界。まさにドラ◯エのような世界で目を覚ます。同時に体に違和感が。ぷるぷると丸いスライムになっていたのだ。

スライムとなって転生した三上悟はスキル捕食者を活用してファンタジー世界の魔物を倒し吸収して強くなっていく。

洞窟から外に出るとゴブリン集団に助けを求められ、三上悟…いやスライム…いやリムル・テンペストの冒険が始まっていく。

漫画「転生したらスライムだった件」1巻のネタバレ

一緒に飯を食う予定だった後輩を庇い強盗に刺される物語の主人公:三上悟。彼は意識を取り戻すと体に違和感を覚える。流線的なボディーにぷよぷよした感覚。そう、スライムに転生したのだ。

転生して舞い降りた薄暗い洞窟には暴風竜ヴェルドラがいた。どうやら勇者に封印されているよう。そしてスライムはヴェルドラと短時間で仲良くなり、勇者の封印を解く約束をする。ただ時間がかかるため封印が解けるまでスキル捕食者を使ってスライムの体内に吸収される。その際にヴェルドラは三上悟ことスライムに名前を授ける。それが「リムル=テンペスト」だ。

リムルは外へ出ようと外界へ繋がる門の前で破壊方法を考えていた。その時、冒険者がちょうどよく現れて扉の門を開ける。便乗して扉を抜けることに成功。

地上に出たリムルの前に現れたのはゴブリンだった。

ゴブリン達はただならぬ魔力を放っているリムルに助けを乞う。内容はヴェルドラが消えたことでモンスター界のバランスが崩壊。牙狼族(がろうぞく)がゴブリンの縄張りを奪い取ろうとしているので助けて欲しいというものだった。

忠誠を誓うことを条件にリムルは牙狼族から縄張りを守る約束をする。攻めてきた餓狼族をいともたやすく撃破するリムル。同時にその実力に惚れた牙狼族もまた、リムルに忠誠を誓い部下となる。

ゴブリンの村で生活することになるリムル。覚えやすいようにゴブリンや牙狼族の魔物に名を与える。するとあら不思議、名前を与えられた魔物が進化をするのだ。以前より逞しく人間らしくなった魔物は自分たちの縄張りを発展させていく。

続いて建物を建設する技量がないゴブリンたちを見兼ねて腕の立つ職人、ドワーフを仲間に入れようとドワーフ王国へ向かうリムル。

一悶着ありながらもドワーフ王国へ入国できたリムル達。腕利きの鍛冶職人カイジンの悩みを解決する。だがここでも一悶着あってドワーフ王国こと武装国家ドワルゴンの裁判にかけられることになるリムル。

裁判の日、目の前に鎮座する現王ガゼル・ドワルゴに脅威を感じるリムル。ここで1巻は終了。

漫画「転生したらスライムだった件」1巻の感想レビュー

このドラ◯エのような世界観はかなり好みだった。何よりスライム好きなので、そのスライムが最強に強いというのがたまらない。本来スライムといえばRPGゲームでは序盤に出てくる最弱なMOBキャラ。

しかし、この漫画では三上悟ことスライム:リムル=テンペストは転生時に様々なスキルを習得しており異常に強い。

さらに相手を吸収することで相手の能力を解析、習得できる「捕食者」といったスキルを持ち合わせているため、今後の冒険で強力な魔物のスキルを学び、自分の力にしていくことで凄まじいレベルアップをしていく。

ドラ◯エで言えば敵だが憎めない愛されキャラのスライム。もっと大活躍できる華やかな舞台を与えてやって欲しいと願っていた筆者にとってはこの上ない至高の漫画に仕上がっている。

ファンタジー漫画としてストーリーもしっかりとしており、各登場キャラの設定もバッチリ。評判通りのポテンシャルの高い漫画に仕上がってる。気になっている方は絶対に面白いと言い切れるので試し読みからでも読んでみて欲しい。ハマるぞ。これ。

転生したらスライムだった件が試し読みできる電子漫画サイト

転生したらスライムだった件(1)
BookLive!のボタン
Renta!のボタン
ハンディコミックのボタン
コミックシーモアのボタン
コミなびのボタン
まんが王国のボタン
Kindleのボタン