漫画「凪のお暇」3巻のネタバレ!凪がメンヘラ女子に変貌を遂げる…!?

凪のお暇(3)

大人気の女性漫画「凪のお暇」最新刊となる第3巻が電子書籍ストア配信スタート。3巻は153ページの第13話〜18話までが収録。怒涛の新展開を見せていき、内容は物凄いボリューム感を醸し出しています。

3巻は本当に見所がたくさん!
慎二の実家の内情が明かされたり、凪の母親が登場して凪との関係性が明るみに出たり。何と言っても凪とゴンが一線を超えていきます。もう凪がゴンにドハマリ。

関係を持った人間、老若男女問わずに自分の世界に引き込むゴン。そしてゴンの意外な通り名。終盤では凪がまさかのメンヘラ女子になって慎二がショックを受けてしまうんですよね〜☆彡

個人的には1巻〜3巻まで凪のお暇は配信されていますが、今巻が一番面白い内容となっています。

この漫画の試し読み
凪のお暇

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!脱力系節約女子の華麗!?なリセットコメディを是非、堪能してみてください☆彡

今すぐ試し読みする

漫画「凪のお暇(おいとま)」2巻のネタバレ感想!一矢報いる凪の成長に感激!

2017.11.16

漫画「凪のお暇」3巻のネタバレ

3巻は多くの内容が詰まっているのでポイントを切り取ってご紹介していきます。

家族に不満を持つ凪と慎二…

まずは凪のエピソードと共に慎二の実家の内情が明かされていきます。慎二の実家はモデルルームのように綺麗で整った大きな家。豪華な食卓、理想的な両親。凪が最初、慎二の家に招かれた時はそう思っていました。しかし、当の本人の内情は違います。

実は慎二の家族…
母親は整形依存モンスター、父親は外に愛人が4人。兄は実家に嫌気が指したのか実家を離れて連絡なし。実はバラバラの家族でした。ただ、第3者の視線が入る時だけ理想の家族ショーを行うまさに仮面家族だったのです。

慎二の本当の気持ちや凪の慎二に抱いて感情がモノローグで語られていき、続いて凪の母親が登場することになります。

凪の母親は毒親なんでしょうかね。やたらと凪に過干渉。そして自分の望む返答がないと不機嫌になったり、怒ったり。とにかく凪には自分の理想の娘でいて欲しいといった感じがヒシヒシと伝わってきます。

しかし、凪はそんな母が苦手…ある部分では母親の事が嫌いです。

特に凪の母親が利用する常套句(決まり文句)である「お母さんは凪を信じているからね」といった言葉で何でも雑にまとめようとする母親が大嫌いでした。

慎二も凪も外面だけは良い家族に不満を持っているようです。

案の定…凪とゴンが一線を超えていく…

急接近をしだす凪とゴン。
この時、既に凪はゴンの自由奔放さ、必要な時に必要な言葉を投げかけてくれる優しさに惹かれていました。本当にトントン拍子で同じアパートのお隣さん同士から大人な関係へと発展。

ただ、凪には不安要素が…
それは自分たちの関係がはっきりしないまま日常が流れていくこと。簡単に言ってしまえば凪とゴンの関係がセ◯レみたいになっています。

凪がゴンとデートする場面にて意を決した凪はゴンに告白をします。ゴンの返答は凄くあっさり。「自分も凪のこと大好きだよ」とこんな感じ。そしてゴンが部屋の鍵を凪に渡します。凪の気持ちはゴンと恋人同士。

とある日、クラブDJをしているゴンの帰りを部屋で待つ凪。そこへゴンの音楽仲間であるエリィが現れます。そこで驚愕の事実を知ることに…。

メンヘラ製造機…ゴン…

付き合いが長いので凪の知らないゴンを知っているエリィ。凪はエリィを捕まえてゴンの事について根掘り葉掘り聞き出します。

「まじ クソだよ あいつ」

エリィはゴンの事を罵ります。
ただ「クソ」の意味が一般的なイメージとは少し違うのがミソですね。簡単に言ってしまえばゴンは目の前にいる相手なら誰にでも優しく誠実。そして部屋の鍵は誰にでも渡してしまう男。分け隔てない超自由人がゴンです。

そんなゴンにハマってきた男女は数知れず。そこで彼についた通り名が「モーゼの海割り」だと凪に伝えます。また凪に伝えていないですがゴンにはもう一つの通り名があることを後でエリィが思い出します。

それが「メンヘラ製造機」(笑)

ここから凪はゴンにドップリと浸かっていきます。

凪には慎二が必要…!?

終盤に差し掛かると慎二が凪の家を訪れます。居留守を使う凪。そして丁度よく現れるゴン。慎二はゴンの部屋に招かれてゲームをしたりします。空気が読めて人間分析が得意な慎二。

「こんなん隣に住んでたら確実に落ちるだろ これ」

ゴンに対してこんな印象を持つ慎二。

外出時間が来たので慎二に鍵を渡して部屋を出てってしまうゴン。ベットに寝転がると凪の縮れ毛が…。ゴンと凪の関係を察知した慎二。トイレに置き土産をしようと踏ん張っているとゴンの深淵を見てしまい部屋を後にします。

通りすがったコンビニ店内で凪を発見すると慎二。

凪は顔色が悪く、ヤツレており、自堕落な飯チョイス、節約魔の凪がコンビニで散財していることに驚きます。

そして慎二が心から本当にドン引きするようなメンヘラ発言…。

「マジでスベってんなよ…っ」

凪を想うからこそ慎二の本音が吐露されます。やっぱり凪にはゴンより冷静に人間分析ができる慎二が必要ではないか…そう読者に考えさせる描写で3巻は幕を閉じます。

漫画「凪のお暇」3巻の感想

凪のお暇(3)

4巻は大波乱が起きそうな展開。
凪が苦手な母親が上京してきます。それなのにメンヘラ女子に変貌してしまっている凪。波乱は必死でしょう。

そして慎二がゴン宅で見た深淵……一体何を見たのでしょうか。その直後、凪の心配をしていますから相当、ショッキングになる内容のはず。

紙本在庫切れを起こすほどの大人気漫画「凪のお暇」。

電子書籍であれば売り切れ、在庫切れとは無縁です。1巻読んで微妙…と思った方は3巻まで読んでみて下さい。評価がガラッと変わるはずです。共感と応援を誘うヒューマンドラマ漫画。最高です!


凪のお暇

凪のお暇

原作・著者コナリミサト
価格565円

場の空気を読みすぎて、他人にあわせて無理した結果、過呼吸で倒れた大島凪、28歳。仕事もやめて引っ越して、彼氏からも逃げ出したけど…。元手100万、人生リセットコメディ!!

今すぐ試し読みする