足掻く【3巻~4巻ネタバレ】女子苦学生に訪れる最悪の結末へ…!?

足掻く(3話~4話)

菊池直恵先生が描く最新作「足掻く第3巻~4巻の内容をご紹介。取り敢えず配信されている第4話まで読んで衝撃を受けました…。

あいつも歪みまくっていたのか…なんてショッキングな出来事が訪れていきますよ…。

奨学金で大学に通う女子大生・山中みわの苦悩や葛藤、貧困を描く内容。4巻でミワ編に一つの区切りがついていきます。彼女はウリを辞めて彼氏と幸せな大学生活を送る事ができるのか…注目の内容となっています!

この漫画の試し読み
足掻く

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!菊池直恵先生の衝撃最新作!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「足掻く」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

足掻く

足掻く【漫画ネタバレ】苦学生の闇にメスを入れる菊池直恵先生の最新作!

2020年6月27日

足掻く【3巻~4巻ネタバレ】

3巻ネタバレ

足掻く(3話)

いつもの如く、コンビニバイトに精を出すミワ。するとリョースケがバイト先に訪れてくる。彼いわく『…なんか待ちきれなくて…』と言った理由で自宅ではなく、コンビニまで足を運んでしまったとラブラブっぷりを見せつけていく。

バックヤードへ着替えにいくミワ。
そんな中、ミワの同僚が彼女の事を褒め称えると同時にリョースケが知らなかった事実を伝えてしまう…。

『山中さん、週末たまに4時くらいにあがるから…ちゃんと休みとるようにしたんだね』

リョースケにとっては初耳である。
しかし、深く聞かず店員と話を合わせていく。

その後は普段通りに接してミワの自宅へ。この日はリョースケの誕生日でもあったのでケーキとプレゼントを用意して手厚くもてなしていくミワ。幸せを噛み締めていくリョースケ。

『…なぁ…ミワ…一緒に暮らさない?』

家賃も二人で分ければ安くなるし、何よりミワともっと一緒に居たいと伝えていくリョースケ。ミワは笑顔で前向きに検討しておくと伝える。しかし、一方でリョースケと一緒に住めば中年リーマンとの関係がバレてしまうと不安になっていくミワ。

あの関係を辞めれば生活費が足りなくなる…でもリョースケとも長く一緒に居たい…葛藤を見せていくミワの心。

そして週末。
ミワはバイトを早く切り上げて中年リーマンと会っていく。ホテルに行く前に食事からであるが今の関係を辞めたい事を遠回しに伝えていくミワ。今後の事は有耶無耶にされてホテルへ向かう二人。

『今日でもうやめよう』

ミワの中で決心が固まる…。しかし、背後から『…うそだろ…』といった声が聞こえてきて振り向くと…リョースケが立っていた。そしてホテルに入っていく場面を目撃されてしまうミワ。

中年リーマンとの事後、リョースケに見られた事に絶望を感じていくミワ。彼の笑顔がもう見れなくなる…そう思ったミワの心には『消えてしまいたい』といった気持ちが芽生えていく。

自然と車通りの激しい道路に足を進めていくミワ。

『はい、そこまで』

1話冒頭に出てきた二人組がミワの前に現れて、彼女の自殺を止めていく。ミワを落ち着かせていく二人。そして切り出していく。

『お姉さんが消えてしまいたいと思った原因は金があれば解決する問題?』

訳のわらかない二人に困惑するミワ。しかし、金で済む問題なら解決してあげるよと伝えていく謎の二人組。

4巻ネタバレ

足掻く(4話)

昨夜の事が嘘のように思えてくるミワ。
出来事を振り返っていく。

謎の二人組に自殺を止められてミワは宝くじの抽選券を貰う。謎の二人組は全て当たっている券だから換金して自由に使っていいよと告げて立ち去っていく。

その額はなんと全部で175万8千円であった。

このお金とコンビニバイトだけで卒業までの3年間…大学に通ってやっていける…身体を売る仕事も辞められる事で涙が溢れていくミワ。心残りはリョースケとの関係だけであった。

そしてインターホンが鳴る。
ミワは自宅にリョースケを呼び出していたのだ。尾行していた理由を明かしていくリョースケ。週末ために早くあがる事を聞いて怪しいと思って尾行していた事を告げていく。

いつからウリをやっていたのか聞いていくリョースケ。

ミワはお金の為…生活の為に仕方なくやっていた事を明かしていく。冷たい視線でミワを見下していくリョースケ。関係を修復しようと必死で謝ってリョースケへの愛情を見せていくミワ。

『ミワ…やめなくていいよ…』

意外過ぎる言葉がリョースケの口から飛び出していく。徐々にリョースケの言っている言葉に違和感を感じ始めるミワ。

『その金…俺に貸してくんない?』

豹変して本性を見せていくリョースケ。
実は彼も金に困っており、ヤバい所から金を借りて追い詰められていた。ミワと一緒に暮らすのも彼女の頼って借金を返済しようとしていた事を明かすリョースケ。

好青年の皮を被ったとんでもないクズであった事が判明していく。

宝くじの当選金をリョースケに投げつけていくミワ。

『あげるから二度と私の目の前に現れないで!』

大金に目が眩むリョースケ。彼女に尊敬の眼差しを向けつつ…一言。

『俺も愛してるよ、また来るからね、みわ』

月日は経過。
その後が明かされていく。ミワは大学を辞めていた。大学でミワを知っていると女子達が噂話をしていく。耳を傾けていたのは謎の二人組の片割れ。もう一人の仲間と合流。

ミワの末路を教えていく。

彼らにとって通っている大学は静かで落ち着ける場所。誰かが事件を起こして物騒にして欲しくない場所であった。

『死ぬ気で足掻いてれば、いつかあの人にもいいことがあるよ…きっと』

謎の二人組は立ち上がり、再び宝くじを当てに行く。

足掻く【3巻~4巻の感想】

足掻く(3話~4話)

謎の二人組は未来人なのだろうか…片方の背の低い男性はミニロトの当選番号を知っているのだ。謎の二人組の素性は今後明かされていくのかな…。そして第4巻でミワ編は終了の雰囲気。

5巻も配信予定なのでハイライトされる人物を変えて新たな物語が描かれていくのかな。それともミワが主役で別ストーリーが展開されるのか…ちょっと先はわかりませんが現代社会の闇がえぐり出される内容。

本当に面白い作品であると同時に考えされる場面も多々ある漫画。興味が出た人は是非、チェックして欲しいです☆彡


足掻く

足掻く

原作・著者菊池直恵
価格120円(税別)

見えない貧困。見たくない心の中。前作『堕ちる』でエリート家族の奥深い暗闇に踏みいって大反響を巻き起こした菊地直恵氏の最新衝撃作!今回は、今まさにはびこりつつある見えない隠れ貧困。一見貧困とは思えない外見なのに実情は火の車。そんな若者の奥底でどんなどす黒い心が動いているのか…家計が危機に瀕した家庭からけなげにバイトで学費を捻出して夢を目指す女子学生。その生活はまもなく破綻しようとしていた。目の前に現れた同じ境遇の苦学生と恋仲になるが…その先に待っていたものは?

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「足掻く」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。