漫画「わたし、映えてる?〜SNSの痛い女」3巻ネタバレ!悪事全バレで制裁を受けるコピー女…!?

わたし、映えてる?~SNSの痛い女

浅野まいこ先生が描く『わたし、映えてる?〜SNSの痛い女』3巻でようやく里桜と真琴の行方に終止符が打たれる形となります。憧れの人物である里桜のコピー人間と化した真琴。

ファッション、髪型、店、部屋のインテリア…全て里桜の真似をした真琴が次に狙ったのは里桜の彼氏である遼平…そして仕事です。

しかし、いくら外見を真似しても人格や人間力まで真似する事は出来ず、真似女に制裁が加えられる事へ!

この漫画の試し読み
わたし、映えてる?~SNSの痛い女

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「わたし、映えてる」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

わたし、映えてる?~SNSの痛い女

漫画「わたし、映えてる?〜SNSの痛い女」2巻ネタバレ!SNSを炎上させ、彼氏まで奪おうとする真似女!

2019年6月30日

漫画「わたし、映えてる?〜SNSの痛い女」3巻ネタバレ

仮病を使って里桜の彼氏である遼平を自宅に招き入れる事に成功した真琴。突然、彼女は遼平に抱きつきますが、突き放されてしまう事へ。それでも満足そうな彼女の表情(笑)

『私、里桜さんになれたでしょ?』

常軌を逸した彼女の言葉と目に恐怖を感じた遼平は急いで真琴の自宅から逃げる事へ。

真似女…追い詰められていく…

一方の里桜は遼平からプレゼントしてもらった香水を販売するお店へ。同じ香水を買いに来た者がいなかったか調査をしていました。すると遼平からプレゼントをしてもらった後、真琴が同じ香水を買って行った証言を得る事に成功する里桜。

嫌悪感と共に恐怖を覚えていきます。
そして真琴の家から逃げ出してきた遼平から連絡。

真琴の行動について2人で相談していると…里桜のスマホに真琴からメールが…。そこには遼平と真琴が抱きついている写真。弁明する遼平。もちろん納得する里桜。

そして写真が撮られた角度に疑問を持つ2人。もしかして隠しカメラを設置をして撮ったのではないか…。

行き過ぎた彼女の行動に恐怖を覚える2人でしたが、SNS炎上の件も真琴が仕掛けた可能性が高いと踏んだ2人。悪質なリプの送り主を見つけ出す事へ。

悪事と本性ば暴かれていく真似女…

一方の真琴。
仕事では里桜の代わりにバスツアーの企画進行をしていましたが、まったく準備ができていない状態。見兼ねた里桜は仕方なく真琴のフォローをする事へ。

真琴が抱えたバスツアーは結局、里桜の力によって成功。

少しは落ち着きを取り戻した里桜。そこへ同僚が真琴の裏アカウントを発見。里桜に報告する事へ。裏アカは里桜のチェック目的で使っていたようで正にストーカー行為そのもの。さらに里桜に対する悪口も裏アカで呟いていたのです。

驚愕と呆れが入り混じった里桜は真琴に裏アカの事で問い詰めていきます。いくら問い詰めてもしらを切り続ける真琴。ちょっとした騒ぎになっていると編集長が登場。真琴を呼び出していきます。

実は編集長も独自で真琴を調べており、里桜に嫌がらせしていた事を突き止めていました。仕事を教えてもらった先輩。さらに仲間を陥れるような人間は自分の部署には要らないとキッパリ。

真琴に異動を通達する事へ。
反省する様子もなく部署を異動していく真琴。その過程で彼女の背景が明かされていく事へ。

里桜への成りすましが失敗に終わった真琴。新たなターゲットをSNSで探していきます。次に選んだ相手はリアドール風のコスプレをした女性。新たに配属された在庫管理部の部署にリアドールのコスプレをして出社していく真琴…。

3巻はこれにて幕引き。

漫画「わたし、映えてる?〜SNSの痛い女」3巻の感想

わたし、映えてる?~SNSの痛い女

最終的に反省、人間性の改善もされる事なく再び真琴は同じ道へ。幸せな人間の真似をすれば幸せになるといった思考なので手がつけられない始末…(笑)

一応、里桜と真琴編はこれにて終了の雰囲気。
次回はヒロインが変わるのか…それとも真琴のままで在庫管理部での出来事が描かれていくのか…。今後の展開は不明ですが3巻で一区切りといった形で楽しませてもらえました!

何度も言っていますが良い塩梅で真琴が気色悪い(笑)続巻があるなら是非とも再び真琴主役で展開して欲しい作品。気になった人は試し読みも可能なのでチェックしてみて下さい☆彡


わたし、映えてる?~SNSの痛い女

わたし、映えてる?〜SNSの痛い女

原作・著者浅野まいこ
価格200円(税別)

「だって…“いいね”が欲しいから!」異常な承認欲求は人を狂わせる――!?清水里桜は旅雑誌の副編集長で、SNSでもフォロワーが多い有名人。里桜のファンを自称する小林真琴が転職してきたことにより、里桜の日常が壊れていく。――お気に入りの店、服装、髪型、そして自宅の内装…真琴のSNSにアップされる画像は里桜と同じもので…。ニタニタと笑いながら里桜を追い詰めていく真琴。「すべて里桜さんと同じです…私は里桜さんなんです。」貴女の隣にいるかもしれない、SNSにハマった痛い女たちの暴走の理由とは――!?ネット上のトラブルに巻き込み、巻き込まれた人々の物語…!!

今すぐ試し読みする


※この漫画は電子書籍ストア『BookLive!』で配信中。ストア内の検索窓に『わたし、映えてる』と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。