ペッタん娘じゃダメですか?【2巻ネタバレ】衝動を抑えるのが精一杯…貧乳女子に翻弄されまくる!?

ペッタん娘じゃダメですか?

吉沢雅先生の描く漫画「ペッタん娘じゃダメですか?」第2巻の内容や感想をご紹介。

1巻で登場したスーツを着たサラリーマン風男。今回は彼が深堀りされていきます。ちょい出演のモブキャラではなく常駐するメインキャラの一人でした。

そして彼はココノから「ある協力要請」を受ける事へ。電車内で織りなす二人の禁断の活動が開始。次第に衝動を抑えられなくなっていく桐山。ビクンビクンになるココノ。

目の離せない展開が目白押しですよ!

この漫画の試し読み
ペッタん娘じゃダメですか?

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中!全巻試し読みも可能です!

今すぐ試し読みする

ペッタん娘じゃダメですか?

ペッタん娘じゃダメですか?【1巻ネタバレ】好きな男性を振り向かせる為…貧乳女子のドタバタ恋愛劇!

ペッタん娘じゃダメですか?【2巻】ネタバレ

ペッタん娘じゃダメですか?

電車内でココノの貧乳を弄ぶ男。
彼は1巻で登場したスーツを着たサラリーマン風男である。ちなみに2巻で彼が大学生であった事が判明していく。そして名前は桐山である。

『オレは一体…何をしてんだ!?』

場面転換。昨夜へ。
胸を大きくしないと金髪美女に青葉を取られると感じてしまうココノ。

泣きじゃくる彼女は桐山に協力を願っていく。胸を弄って大きくして欲しいと。

『信じられないアホが今オレの目の前にいる』

ココノの近い将来を案ずる桐山。会ったばかりの自分にとんでもない事を頼んでくる女である。次に誰かの痴漢にあったら流されて最後まで行き着くのではないかと…。

腕を掴んで場所を移動しようとする桐山。彼はホテルへ向かおうとしていた。

『それにホテルだともしかしたら一線を超える可能性あるかもじゃん…』

さすがにホテルまではついていけないと伝えるココノ。逆に今日のように少しだけ貧乳に刺激を与えて欲しいと無茶振りしていく。

その日からである。
帰宅の電車にてココノと同乗して電車の中で乳くり合うのである。自分自身も何故、彼女に付き合っているのか疑問符を浮かばせる桐山。

同時に彼の中で何かが芽生えようとしていた。

『最近…衝動を抑え込むのが困難になりつつある』

桐山も男としての本能が爆発しそうになっていた。特に桐山を苦しめるのがココノの仕草であった。涙目になりながら男がゾクっとする言葉を発していく。

『ダメ…声…でちゃう…』

涙目の上目遣い。
日数を重ねる度、彼女を滅茶苦茶にしたい欲求が高まっていた。必死に声を押し殺して耐えるココノにゾクゾクしてしまう桐山。

彼はココノに口を抑えられていた。

『なにを…しちゃってんのオレ…』

桐山は無意識にココノへキスをしようとしていた。桐山を置いて立ち去るココノ。

場面転換。
大学の授業に出席する桐山。そんな中でも脳裏にココノの姿が思い浮かぶ。すると同級生の女子である宇佐美が声をかけてくる。

『今日どぉ?ひさぶりに私とエッチしない?』

宇佐美は自慢の巨乳を桐山の腕に押し付けていく。鷲掴みにして弄ってトイレへ移動する二人。学内のトイレでセ○クスをしていく。そしてココノの胸揉みは「無」で揉む作業に徹すれば良いと覚悟を決めていく。

しかも本日は宇佐美で一発抜いた後である。性欲処理は万全であった。

しかし、今回の電車にココノが乗ってこない。

桐山に不安が襲ってくる。そしてドアが閉まるアナウンスが流れると自然に身体は電車のホームへ戻っていた。ココノに振り回されている自分に苛立つ桐山。

女子高生が読んでいる漫画を見て気づく。新刊をまだ買っていなかったと…。

『あ…ありがとう…ござ…いま…す』

桐山が立ち寄った書店のレジにはココノの姿。ばったりと遭遇してしまう二人であった。ここで第2巻は終了。

ペッタん娘じゃダメですか?【2巻】感想

ペッタん娘じゃダメですか?

書店員同士のラブコメかと思いきや、桐山の深く物語に絡んでくる模様。巨乳好きでココノが想いを寄せる男である青葉。逆に貧乳もウェルカムである桐山。

ココノはどちらの男性へ将来的になびいていくのか…。
そして時折、描かれる女の顔をするココノに男性読者の心は鷲掴みにされていくのではないでしょうか!?

ココノ、桐山、青葉もかなり良いキャラクターで引き立っていますね。ここからどんな展開へ発展するのか…続きが楽しみですね!


ペッタん娘じゃダメですか?

ペッタん娘じゃダメですか?

原作・著者吉沢雅
価格165円(税込)

【女の子の魅力は… 胸だけじゃない!】私(ここの)は本屋で一緒に働く青葉くんが大好き! けれど、彼は胸の大きな女の人が好きで…しかも無神経に私の胸が小さいことをからかってばかり「彼氏作って揉んでもらえれば、胸なんてすぐ大きくなるよ!」なんて言い出すあたり、私のことなんて、眼中にないって感じ…でも、もし胸が大きくなったら青葉くんは私を見てくれるのかな…?そんなこと考えながら電車に乗って帰宅中に間違って男性に抱き着いちゃった!でも、この男も胸が小さいことをバカにしてくる…だから、どうせ触ったこともないくせにって挑発してやったら。この男本気で胸揉んできて、先っぽまで触りだして…やだ、何この感じ…私、こんなの知らない…これ以上、私のおっぱいいじめないで!!

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「ペッタん娘」と入力して絞り込み検索をすれば素早く作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
ペッタん娘じゃダメですか?【3巻ネタバレ】酒の力で暴走するちっぱい女子とちっぱい好き男子!