往生際の意味を知れ【33話ネタバレ】母親の怒りが増幅する美智おばさんの葬式…

往生際の意味を知れ!

漫画「往生際の意味を知れ」第33話。
今回は美智の葬儀を中心としたエピソード。日和達の母親である日下部由紀の悲劇の友人を演じる名演技が光っていく。

そして美智を失ってしまった日和。
いつになく精神的ダメージを負った状態へ。

しかし、彼女の母親に対する復讐心はさらに燃えていく。底の知れない強敵である母親。日和はそんな彼女に復讐を成功させる事が出来るのか…!?

この漫画の試し読み
往生際の意味を知れ!

この漫画は電子書籍ストア「まんが王国」のみで先行配信! まんが王国内で無料試し読みも可能です。

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「往生際の意味を知れ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

往生際の意味を知れ!

往生際の意味を知れ【33話】ネタバレ

往生際の意味を知れ!

美智おばさんの葬儀が行われていた。彼女の死因は自殺と断定。市松も葬儀に出席。日和の妹である玉緒を呼んで日和の様子を確かめていく。

『2階の控室…ちょっと…状態がヤバくて…』

腑抜けたような脱力状態で控室にて横になっていた日和。警察の連絡が来て、美智おばさんの死を知ってからずっとこの状態だと伝える玉緒。

玉緒が呼ばれたので日和を市松に任せる事へ。

『日和…起きてるか?』

まったく反応しない日和。市松は顔を近づけて匂いを嗅いでいく。ようやく反応する日和であった。美智を追い詰めたのは絶対に母親であると断定していた日和。

場面転換。
葬儀場に辿り着いた日下部由紀。美智の遺影の前まで駆けつけていき崩れるように泣いていく。全て演技である。しかし、彼女の本性を知らない周囲の人間は由紀に同情。

控室では市松がフラフラになっている日和にご飯を食べさせていく。

お粥を与える市松であったが飲み込む事が出来ないほど精神的に病んでいた日和。葬儀も開始されてお経が控室まで聞こえてくる。

日和は着替えるから一緒に行こうと市松へ伝える。

『考えてたの…このままお母さんに復讐…続けていいのかなって…』

母親に復讐をしなければ美智は死ななかったし、市松も大怪我する事はなかったといつになく弱気な発言を口にする日和であった。

そんな言葉を聞いて市松は伝える。
ここでやめたら全て母親の思い通り、望む通りになってしまうと…。それだけは絶対に阻止したい日和。

『いやだ』

黒い服に身を包んで表情も覇気が復活する日和。そして日下部一家が総出でマスコミの前へ。

美智の親友としてインタビューに答えていく由紀。カメラの前で悲劇を気取る由紀。そして発していく。

『今…私と彼女の友情の軌跡を描いています…自殺防止に役立つ…そんな作品にできたらと…』

遺影を持つ日和の手が震えていく。
同時にインタビューで由紀と美智の軌跡を描いた漫画を読みたいかと尋ねられる日和。

日和は乾いた笑顔で答えていく。

読みたいと。どんな風に美智おばさんが描かれるのか楽しみだと伝えて。ここで第33話は終了。

往生際の意味を知れ【33話】感想

往生際の意味を知れ!

日和達の母親であり、ラスボスでもある由紀の演技が凄い…(笑)

自分の望み通りにするなら何でもお構いなしに演技をするし、人だって始末する。美智を失って母親への怒りが増幅していく日和。次なる一手は何を考えているのか…。

今後の展開に注目していきたい!


往生際の意味を知れ!

往生際の意味を知れ!

原作・著者米代恭
価格165円(税込)

主人公・市松海路(いちまつかいろ)の元に、突如、7年前に失踪した元カノジョ・日下部日和(くさかべひより)が現れた。 恋い焦がれ、待ち望みすぎて、元カノ教の敬虔な信徒と化していた市松に、 彼女の無理難題な要求が明かされて… 『あげくの果てのカノン』米代恭が新時代を切り開く、深呼吸必至の元カノ×元カレ=ラブコメ!?

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「往生際の意味を知れ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下で往生際の意味を知れ!のネタバレをまとめています↓↓
往生際の意味を知れ【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで公開中!