鬼ゴロシ【14話ネタバレ】強力な助っ人登場で反撃開始!?

鬼ゴロシ

鬼ゴロシ・第14話。
今回の見所は滝川と坂田の過去。そして手を組んで反撃開始を示唆していく物語ではないだろうか。

警察内部にいた良心。
ボロボロなおっさんコンビが手を取って反撃開始の狼煙を上げていきます!

鬼ゴロシ

鬼ゴロシ【13話ネタバレ】各々の思惑が交錯していく!

鬼ゴロシ【14話】ネタバレ

鬼ゴロシ

場面は1991年11月4日。
坂田が妻子を殺害して自殺を図ったとされる前日である。

若かりし滝川は坂田を追い詰めていく。
まさかり片手に向かってくる河野組の組員を仕留めていた坂田。滝川は現行犯として坂田を捕まえると息巻いていく。

彼に自分を追うのは止めておけと忠告する坂田。振り向いて手に持っていたまさかりを投げていく。

場面転換。現実へ。
路上で嘔吐する滝川。うがいをするのも酒である。彼には幻覚が見えていた。

そして体調も優れてくると彼は坂田の秘密基地へ潜入。

坂田と対峙していく。
どちらも相手を殺す気はない。久しぶりの再会。しかし、両者ともフラフラの状態。その場に座り込んで再び過去の回想へ。

坂田がまさかりを投げた相手は滝川ではなかった。

背後から迫っていた河野組の組員。危うく殉職する所であった滝川。坂田は彼の窮地を救ったのだ。

『ちょっと俺の話を聞いて今日は見逃してくれ』

坂田は事情を明かしていく。
当時、新条では多くの死体が出ていた。その犯人は坂田だとされていた。しかし、殺した事になっている多くの死体は坂田と無関係であった。

『俺達の揉め事を隠れみのに邪魔者を始末している連中がいる』

既に坂田の奥さんであるアオイが情報を集めており、コンテナに隠してある事を坂田は滝川に告げていく。それを見てもらえば自分が無実なのはわかるはずであると。

『何故、俺に話す?』

坂田は滝川が正当に捜査をする人間である事をわかっていた。彼を信用していたからこそ、自分に巻き起こっている事情を伝えていく。その直後に坂田の妻子殺害事件。そして自殺事件が出回っていく。

滝川はすぐにでっちあげだと判断。
坂田の言われた通り、コンテナの情報を回収して個人的に捜査を進めていた。

しかし、捜査を始めると滝川は人が消え始めていく事に気づいていく。そして現状に至るまでの経緯を明かす滝川。彼は覚醒剤ルートを潰すために潜入捜査をさせられていく。

アル中とヤク中になり、妻子も愛想を尽かして逃げて、今に至ると語る滝川。

本当の役立たずになったと自分を語る滝川。そんな人間に用はないと突き放す坂田であったが…。クリーニング店の爆破で頭がクリアになったと語る滝川。

『あの男なら俺が追っていた人物像に合致する』

滝川は大事に保管していた車両を坂田に見せていく。そして竹本誉のガラをかっさらぞと伝えることへ。

『まず、酔いをさませ』

滝川を川に蹴り落とす坂田。反撃開始の狼煙が上がる。

鬼ゴロシ【14話】感想

鬼ゴロシ

警察内部に信用できる人間が一人。
坂田、滝川のボロボロおっさんコンビで春原グループ、そして第三の謎の勢力に立ち向かう事が出来るのか。

この二人には新条の街を無茶苦茶にかき乱して欲しいですね!

まずはクリーニング店、店長であり一角お面の竹本誉をターゲットに定める坂田達。反撃開始ですね!


鬼ゴロシ

鬼ゴロシ

原作・著者河部真道
価格1冊80円(税別)
eBookJapanで第1話無料

15年前の一家殺人事件──。妻子を殺し自殺を図った犯人の坂田周平は15年ぶりに出所した。だがそれは“鬼”達による罠だった…! 坂田は植物状態から奇跡的に覚醒し、鬼憑伝説の残る因業の町でただ一人のリベンジを誓う!! 鬼才・河部真道が全開で挑む壮絶鬼憑復讐劇、ここに開幕!!

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストア内の検索窓に「鬼ゴロシ」と検索すれば素早く作品を絞り込んでくれます。

\\ NEXT //
鬼ゴロシ【15話ネタバレ】動き出す坂田と鬼の奇面組!

↓↓以下で鬼ゴロシのネタバレをまとめています↓↓
鬼ゴロシ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!