めぐる未来【8話ネタバレ】犯人からの連絡…動機と思われる理由が判明していく!?

めぐる未来

漫画「めぐる未来」第8話の見所や感想をご紹介!

今回は自分の特殊な病気について一旦、頭の中を整理しようとする未来。

そんな中、母親が未来に助言。
過去を遡っても幸せな未来は待っていない。前を向いて生きるべきだと説得。

病気について未来以上に何かを知り得ている母親。
彼の過去へ戻る行為を必至で止めようとしていきます。そんな時…未来へ非通知着信。

相手は犯人の思われる人物。
彼の口から出た言葉に動揺を隠せない未来。抑えていた感情が爆発すると同時に再び過去へ戻る事へ。

新しい過去でめぐるを救う未来の突破口を突き止める決意をする未来が描かれます!

この漫画の試し読み
めぐる未来

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「めぐる未来」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

めぐる未来

めぐる未来【8話】ネタバレ

めぐる未来

未来はめぐる救う為、まず自分の病気について頭を整理していく。
戻りたい時間に戻る為の条件、身体が止まった原因、過去の発症時との共通点など考えていく。同時に病気の事を知る母親はどこまで父親から聞かされているのか気になっていた。

未来自身も病気の知識は母親から聞いた情報のみ。
自分で上手く扱うには圧倒的に情報が足りなかった。今まで病気の発症を抑える事に専念して病気について知ろうとしなかった事を悔いる未来。

場面は警察へ。
未来は担当で暦正彦へ事件当日の状況を説明していた。

暦から犯人に繋がる手掛かりはほぼ無いに等しい事を伝えられる。一方、未来は会社の中に犯人がいるはずだと伝えたかったが…脈絡が無さすぎると判断。飲み込んでいく。

『襷さんは犯人について何か思い当たる点はありますか…』

犯人についてまったく目星すら付いていなかった未来。

ここでめぐる死ぬ三日前に非通知着信があった事を思い出して暦へ教えていく。非通知でかけてきた人間は犯人に繋がる手掛かりになるはずだと踏んだ未来。

携帯を暦に渡して非通知の着信元を調べてもらう事へ。

『結論から言いますと発信者の身元の特定はできませんでした』

数日が経過して結果がわかる。
犯人に結びつく情報はまったく出てこなかった。非通知による連絡はまず公衆電話からかけれていた。

指紋や周囲の目撃情報も調査したが手掛かりは一切出てこず。ただ、殺害予告の連絡があった事実は通り魔的でないものと判断される可能性が高いと告げる。

ここで思い知る未来。
犯人は自分が思っている想像以上に計画的にめぐるを殺していると。

その後、捜査方針は通り魔事件とは違う方針に切り替わる事を暦から告げられる。

『やっぱり俺の手でめぐるさんを救わなきゃいけない』

事情聴取を終えて自宅に帰宅する未来。
家には母親が待ち構えていた。未来ママは今後は一緒に暮らす事を伝える。

『あなたはこのまま一人にしておけないわ…母親として』

未来が何をしようとしているか…そして今しているのか既に察していた母親。過去に戻る病気の本当の怖さを未来に告げていく。

この病気の特徴は依存性が非常に高いんだと。何度もめぐるを助けようと時間を繰り返して抜け出せずにいるのではないかと察していた母。

『過去を巡った先に幸せな未来なんてない』

父親から受けた言葉をそっくり未来に伝える母。現実を受け入れて前を見て生きるべきだと諭していく。

そのタイミングで未来の携帯に連絡が入る。非通知着信であった。

恐る恐る電話に出る。

『ころしたよ…でもそうぎのひはざんねんでした』

感情が揺れ動く未来。同時に犯人へ目的を尋ねる。電話の相手は答える。そういった自覚のない部分が一番の罪になっていると。

感情が一気に振れてしまう未来。
母親へこの身体で産んでくれた事を感謝して未来は再び過去へ戻っていく。

意識が戻ると駅ホームに立っていた未来。目の前には四季村。

『お前さっきからずっとめぐるさんのことを見てただろ?』

自分が会社に行く初日へ遡ってきた事を察する。そしてまだ生きて元気な姿のめぐるを見て抱きしめていく未来。

犯人を必ず引きずり出す覚悟を決めて新たな過去を始めようとする未来。

『四季村さん…この人は私の夫です』

ここで第8話は終了。

めぐる未来【8話】感想

めぐる未来

めぐるを殺害する為、用意周到であった犯人。さらに非通知電話の犯人と思われる人物からの連絡によってめぐるが殺された理由の一端が覗かれていく。

「自覚がない事が罪」だと訴える電話の人物。
めぐるの場合、人が良すぎて自覚なく人に世話を焼いたり、手を貸したりする傾向があったかも知れない。それを恨んでの犯行なのか…。

もしくは未来に向けた言葉で犯人の本当の狙いは未来を苦しませる事にあるのかも知れない。今回ではまだ犯人は分からずじまいだが…自覚の無さが引き金で事件を生んでいる可能性が示唆。

犯人は嫉妬深いのか…プライドが高いのか…そして時間軸をかなり伸ばして過去に戻る事ができた未来。今度は犯人を捉える事が出来るか…次巻からの展開に大きな期待が寄せられていきます!


めぐる未来

めぐる未来

原作・著者辻やもり
価格単話版:99円(税込)合冊版:660円(税込)

感情を表に出さない夫・未来は、明るく無邪気な妻・めぐると幸せに暮らしていた。だが、未来は妻にも秘密にしている、感情の起伏によって【過去に戻ってしまう病】を抱えていた。そんなある日、未来のもとに不審な電話が…。そして3日後、妻が死亡したことを知らされる。感情が爆発して過去に戻った未来は、妻を救うために行動するが…。夫婦の未来をめぐるタイムリープサスペンス開幕!!

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「めぐる未来」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下で「めぐる未来」のネタバレをまとめています↓↓
めぐる未来【ネタバレまとめ】最新話から最終回・結末で公開中!