漫画「生者の行進」ネタバレ!幼馴染を悪霊から助けられるのか…!?本格ホラー漫画登場!

生者の行進(1巻)

漫画「生者の行進」はみつちよ丸先生の作品。全3巻で完結する王道であり、本格派のホラーサスペンス漫画に仕上がっています。

これ、ホラー漫画やサスペンス漫画好きには是非、読んでもらいたい非常にお勧めできる作品。上手にホラー、ミステリー、サスペンス要素が絡み合っており、1巻からグイグイと作中に読者を引き込んでくれます。

主人公は交通事故で弟、トモキを亡くしてから幽霊が見えるようになった高校1年生の吉川泪(よしかわるい)15歳。彼はある日、バイト中に唇の悪霊に取り憑かれている女子高生を見てしまいます。翌日にその女子高生は死亡。

さらに唇の悪霊は泪の幼馴染である高岡まどかに取り憑く状況へ。泪は幼馴染を守る為、悪しき生き霊を生み出した犯人探しへと奔走していきます。

この漫画の試し読み
生者の行進(1巻)

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」で試し読み可能!

今すぐ試し読みする

漫画「生者の行進」ネタバレ

悪霊に取り憑かれた女子高生が翌日に…

弟を亡くしてから幽霊が視えるようになった吉川泪。ただ視える幽霊に害はなく平穏な日常生活を送れていました。しかし、そんなある日、泪のバイト中に小栗美弥といった女子高生を接客。

彼女の背後には唇の形をした悪霊が取り憑いていたのです。

今まで多くの幽霊を視てきた泪ですが美弥の背後にいる唇の幽霊には今までにない恐怖を感じる事に…。そして翌日、幼馴染である高岡まどかから女子高生メッタ刺し事件のニュースを聞かされる事に。

被害者の女性を見て泪は驚愕。
それはバイト中に接客した小栗美弥だったのです。さらにその日、下校時。唇の悪霊はなんと幼馴染であるまどかに取り憑く状況へ…。

まどかに悪霊が憑いている事を視てしまった泪はまどかを守る為、奔走していく事に。途中、まどかにも悪霊が憑いている事を打ち明けたり、悪霊がまどかに手を出すまでの猶予は残り6日間である事などを伝えていきます。

信用できる刑事と悪霊の根源探しへ

小栗美弥殺害事件を担当する女性刑事、東雲(しののめ)。彼女は何かを知っていそうな泪を尾行。殺害現場で涙を流す泪を見て、彼が視えているモノに興味を示していきます。

そして二人は接触。
泪はまどかを守る為、東雲は凶悪殺人犯を捕まえる為に結託。泪は東雲に幽霊が視える事。また殺害された小栗美弥に唇の悪霊が取り憑いており、現在は幼馴染であるまどかに憑いていることを打ち明けていきます。

信用できる協力者を得た泪でしたが、唇の悪霊は日を追う毎にまどかの精神を蝕んでいきます。

苦しそうにしているまどかを見兼ねた泪は一時的にでも良いので悪霊を除霊してもらおうと寺へ向かうことに。

悪霊の除霊…そして衝撃が…!?

泪とまどかが訪れた寺は泪の弟のお墓があるお寺。しかし、住職を見た泪は住職がインチキ霊媒師である事を察知します。肩をがっくりと落としますが若い助手が本物の霊媒師である事を確認。

接触を試みようとすると若い助手の方から泪達に接触を図ってきます。

霊媒師の名前は省吾。
泪達と同じく高校1年生でした。彼にもまどかの背後についた悪霊が視えており、除霊には手付金、成功報酬と合わせて10万円を要求してくる事に…。

その時は一旦引き下がりますが、悪霊に蝕まれていくまどかを見た泪はポケットマネーから20万円を用意。省吾に除霊を頼む事に。

快く引き受ける省吾でしたが、泪達に警告をします。唇の悪霊は「生き霊」であり生きた人間の強い思念や執着心から生まれた怪物である事。そして生き霊を生み出した本体が生きていれば再び戻ってきて、取り憑く可能性がある事も伝えていきます。

唇の悪霊が生き霊である事を予想していた泪。それでもまどかを一時的に解放させる為、除霊をお願いする事に。省吾の力で見事に除霊は成功へ。

そして1巻のラストで省吾が泪に対して衝撃の発言をしていく事に。

泪の側にいつもいる弟、トモキの霊…。
省吾にも視えていました。そんなトモキの霊を視た省吾は泪に対して…。

「それも生き霊やで…お前自身のな」

弟だと思っていた霊がまさかの自分の生き霊…衝撃の言葉を受ける泪が描写されて1巻は幕を閉じていきます。

漫画「生者の行進」感想

生者の行進(1巻)

全3巻を読んだ身として大きな展開が生まれるのは2巻、3巻なのですが、1巻で惹きつけられて全3巻を購入しようと思ったので1巻も非常にインパクトのある仕上がりとなっています。

唇の悪霊を生み出した本体は一体誰なのか…トモキの霊が泪自身の生き霊とはどういった意味なのか…読者を引き込むタイミングや引きが秀逸。続きも読みたいと思わせてくれる内容となっています。

女子高生殺害事件を始まりとしてサスペンスとホラーが上手に融合された作品。ゾッとするようなホラー的恐怖は少ないかもしれませんが、ストーリーや人間ドラマも大きな魅力の一部となっており、お勧めの作品。

是非、ホラーサスペンス好きの人はチェックしてみて欲しい漫画です☆彡


生者の行進(1巻)

生者の行進

原作・著者みつちよ丸
価格488円〜(税別)

絶対に『それ』と関わってはいけない。死を乗り越える――。それは生者にのみ許される試練。少年は死へ導く恐ろしい霊に憑かれた幼馴染の女の子を救いたいと願うが!? 生死をかけた究極のホラーサスペンス!!

今すぐ試し読みする