イチゴ哀歌【あらすじ・ネタバレ】最初は超険悪な二人…義兄妹のお色気満載ラブストーリー!

イチゴ哀歌~雑で生イキな妹と割り切れない兄~

青年漫画「イチゴ哀歌~雑で生イキな妹と割り切れない兄~」見所や感想、ざっくりとした内容をご紹介!

この作品は原作:ひらふみ先生、作画:神馬耶樹先生のコンビで描かれる作品。

主人公である光太は親の再婚でビッチギャルである藍花が妹になっていく。最初は険悪な関係の二人であるが…次第に距離が近づいていき…お互いに惹かれ合っていく物語!

お色気描写も満載かつ…二人の掛け合いなど人間ドラマ的な部分も非常に面白い作品。二人が結ばれるのか…それとも別の道筋になっていくのか…今までにない斬新な設定やエロスが興奮と笑いを届けてくれる作品です!

コミックシーモアで先行配信中!

※この作品は「コミックシーモア」にて先行配信されています。ストアの検索窓に「イチゴ哀歌」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品ページへ辿り着くことができます。

イチゴ哀歌【登場人物】

イチゴ哀歌~雑で生イキな妹と割り切れない兄~
登場人物
  • 高村光太(主人公)
  • 高村藍花(ヒロイン)
  • 高橋(藍花のセフレ)
  • 義行(光太パパ)

イチゴ哀歌【あらすじ】

イチゴ哀歌~雑で生イキな妹と割り切れない兄~

「よろしくおなしゃーす―♪」…頭悪そう! 綺麗な子だなという第一印象は一瞬で崩れた。父の再婚で義妹になったのは、いかにもイマドキな貞操観念ゆるゆるのビッチギャル!? いろんな男をとっかえひっかえ家に連れ込んでは、妹のエッチな声が筒抜けで聞こえてくる地獄の新生活がスタートした…。親には「よい子」、私生活は「ダメな子」のメンドクセー思春期妹のアイカ。そんな妹を持ってしまった屁理屈男のコータ。ここに顔を合わせれば罵詈雑言がとまらない関係最悪なクソッタレ兄妹が爆誕した――! しかし、兄の性分なのか、なんだかんだ面倒見のいいコータを、アイカは徐々に気になりはじめ…!?

イチゴ哀歌【ネタバレ】

イチゴ哀歌~雑で生イキな妹と割り切れない兄~

1巻ネタバレ

父親が再婚する事になって両家族で初の顔合わせ。
新しい母親が一緒に引き連れてきたのは娘の藍花。イマドキの女子高生で頭悪そうな感じが漂っていた。逆に光太は優等生の堅物タイプの男子高校生。

最初からお互いに印象最悪の状態で同居がスタート。

新しい生活が開始されて光太は悩んでいた。藍花は隣の部屋だが…壁が薄いので彼女のヤッている声が丸聞こえ。親の留守中に頻繁に男を連れ込んでいた藍花。

セフレである高橋にゴム無し挿入されそうになって嫌がる藍花。それを聞きつけた光太は居ても立ってもいられず藍花の部屋を訪ねる。

『おい…そこのお前…何かあったときお前は責任取れんのか?』イチゴ哀歌(1巻)

堅物過ぎる光太。
ゴムがないなら買ってきてやると自らコンビニへ向かってコンドームを調達。

帰宅すると既に高橋は帰っており…自衛用にゴムを藍花に渡し…もっと自分を大切にした方が良いと忠告する光太であった。兄貴らしい事をする光太だが…それでも二人の仲は未だ険悪。

さらに一緒に生活してわかった事があった光太。
親のいない間はダメ子な藍花であるが…親の前では良い子ちゃんを演じていた。幸せそうな両親を見て藍花の素行を親に気付かれてはいけないと感じる光太であった。

夏休みに入って…買い物から汗だくで帰宅する光太。
シャワーを浴びようと浴室へ向かうと入れ違いで藍花と遭遇。彼女はシャワーを浴びていた。二人きりの機会だったので親の前でネコを被る理由を尋ねる。敵意むき出しで光太に突っかかる藍花。

真面目な話題になってもやっぱり険悪な二人。藍花は裸で光太の前に出てきて口先だけでイキるな。距離を詰めて来いと煽っていく。

2巻ネタバレ

裸で光太の前に出てきて煽る藍花。
そんな彼女に怒りがこみ上げて忠告する光太。いずれ痛い目を見る事になるぞと。そんな時…藍花ママが帰宅。

この状況を見られてはいけないと光太を浴室に連れ込む藍花。目の前の視界に入ってくる藍花の胸が脳内にこびり付いてしまう光太。

それから脳内で藍花の身体が出てきて密かに興奮。自慰に耽りそうになる光太であったが理性を保って興奮を抑える事へ。一方、藍花も光太が今までの男達とは違うと少しずつ興味を持ち始めていく。

深夜…小腹が空いたのでカップラーメンを作る光太。そこへ同じく腹を空かした藍花が登場。彼女にカップラーメンを奪われると共に…彼女を見ると風呂場で見た生々しい裸体を妄想してしまう光太。

別のある日…藍花はセフレの高橋を家に連れ込んでいた。
しかし、誘ったは良いが気分が乗らない藍花。無理やり藍花の身体を弄ぼうとする高橋だったが…。

『私のことをエロい目で見ない男だって世の中にはいるんだよっ!』イチゴ哀歌(2巻)

光太が頭を過って高橋を拒絶する藍花。
しかし、自分から誘っておいてヤラせてくれない藍花に怒りが込み上げる高橋。力づくで彼女を弄ぼうといきり立っていく。

3巻ネタバレ

隣がうるさかったので家を出て勉強しようと思っていた光太。しかし、藍花の部屋が急に静かになったので違和感を抱く。

高橋に抑え込まれて無理やりヤラれそうになる藍花。
異変を察した光太は部屋の扉がぶち壊して藍花を助けていく。

高橋を追い返して藍花を心配する光太。
同時に壊してしまった扉をどう親に説明するか悩む。真実を話せば藍花の素行がバレてしまう…。そんな気を利かせてくれる光太に少しずつ別の感情が湧き上がっていく藍花。

『ねぇコータ…私のことぎゅっとしてよ』イチゴ哀歌(3巻)

冗談だと思っていた光太だが藍花は本気。
流れのまま光太は彼女を抱きしめる事へ。同時に自分の直感を信じる光太。藍花が求めているものは…。

そう考えた時…導き出したのはキスであった。
藍花も光太のキスを受け入れ…興奮する光太はそのまま藍花の胸を揉みしだいてしまう。初めて触れる女性の身体。理性が抑えられず興奮が止まらない。

そのまま彼女を押し倒して二人は良い雰囲気に。
最後までする勢いだったが…壊れた扉が気になってしまう光太。まだ親は帰って来ないからこのままで良いと告げて続きをシようとおねだりする藍花。

慣れない光太を優しくリードする藍花。
挿入直前になると…静かに母親が帰宅しており…二階へ昇って来ていた。

『どういうことよ…これはっ?』イチゴ哀歌(3巻)

藍花の部屋の前で壊れている扉を見て怒る母親。二人の関係はバレてしまうのか…ここで第3巻は終了。

4巻ネタバレ

藍花ママが突然の帰宅。
扉が破壊されている事に怒りを覚えて藍花に訳を尋ねようとするが…部屋に光太の姿があったので気を遣ってしまう。

取り敢えず父親が帰宅してから話を聞く事へ。
藍花ママに余計な気を使わせてしまったと罪悪感を抱く光太。

一方の藍花は今日はもうお預けで改めてまたシようと匂わせる事へ。彼女の素直な性格が逆に羨ましく思える光太。

そして父親が帰宅。
問い詰められる二人。言い訳を考えていなかった二人だが…藍花が苦し紛れの言い訳を話していく。

その訳が馬鹿馬鹿しくなって笑ってしまう光太。父親は二人が声を出して大笑いしている事に不安が払拭。今回の件は理由も尋ねず不問にする事へ。

そして翌日へ。
両親は仲良く二人でお食事へ出掛けていく。二人きりになった光太と藍花。早速、昨日の続きをしようと藍花が光太を誘惑。

大胆に身体を押し付けて誘惑。光太も我慢出来ず身体を貪っていくが…いざ挿入時になると気が引けてしまう。

本心を語る光太。
ちゃんと最後までスるのは藍花の中身をもっと知って好きになってからシたいと伝えていく。さらに光太は今の想っている気持ちを口に出す。

自分は恐らく藍花の事が好きになっていると。それを聞いて嬉しさを隠しつつ納得する藍花。

『覚悟しといてよ』イチゴ藍花(5巻)

光太の気持ちを聞いて口角を上げながら意味深な言葉を伝える藍花であった。ここで第5巻は終了。

5巻ネタバレ

藍花の身体の感触が忘れられない光太。
脳内で彼女の妄想が繰り広げられていく。そんな時…部屋をノックしてくる藍花。

面を貸して欲しいと訴えて…二人はラーメン屋へ向かう事へ。藍花がラーメン無料券を持っていたのだ。

そしてラーメンを食べたは良いが物足りさなを抱く藍花。
口直しに光太が作る料理を食べたいと訴える藍花。二人は自宅へ戻って光太が手料理をする事へ。

そんな中で「オフクロの味」憧れを抱いていた光太。語っていると藍花ママが帰宅してきて光太の話を聞いて感動。

その後。部屋に戻ると…藍花は彼の部屋で漫画を読む事へ。気に入ったのでリビングで読んでくると全巻借りて下に降りる藍花。その後…暗い表情になって直ぐに戻ってくる状況へ。

光太に抱きしめて欲しいと訴える藍花。
そんな中で藍花の抱える闇が垣間見えていく。彼女は一人でいる事に妙な恐怖を持っていた。

『つきましてはコータ…いま私シたい気分なの』イチゴ哀歌(5巻)

暗い表情から一転…光太を誘惑して下着姿になっていく藍花。
しかし、彼女を雑に扱いたくない光太…ある提案をして挿入無しの前戯だけを藍花へ施す事へ。

藍花の後ろに回って胸と下半身を指で弄くる光太であったが…本能的に最後までシたくなってしまう状況へ。挿入はしないと決意していた光太であったが…生殺し状態。

それに気付いて彼のアソコを弄る藍花。
そのタイミングで父親が帰宅。中断しようとすると…藍花は光太へキス。それを受け入れてお互いに抱きしめ合ってキスを交わしていく。光太の愛撫によって悶えていく藍花が興奮を唆る場面は必見ですよ!

イチゴ哀歌【感想】

イチゴ哀歌~雑で生イキな妹と割り切れない兄~

優等生タイプの主人公である光太と貞操観念ゆるゆるのビッチギャルである藍花のお色気満載ラブストーリー!

二人の温度差やギャップが面白いと共に次第に光太へ気を許していく藍花がだんだん可愛くなっていきます。

絵も綺麗で全フルカラーなので非常に読みやすく…今後の二人の関係がどう変化していくの続きが気になる作品。初々しさもあって読んでいてドキドキ、ハラハラの展開も堪りません!

義兄妹モノでお色気満載の作品を探していた人にハマること間違い無しの作品。ヒロインである藍花の少し小悪魔チックな部分の魅力も最高ですよ!

コミックシーモアで先行配信中!

※この作品は「コミックシーモア」にて先行配信されています。ストアの検索窓に「イチゴ哀歌」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品ページへ辿り着くことができます。