アオの死、僕の後悔【ネタバレ】元彼女の死の真相に迫るヒューマンドラマ漫画!

アオの死、僕の後悔

漫画「アオの死、僕の後悔」は葛城かなで先生が描く作品。

主人公は北島といった男子高校生。ある日、彼は衝撃を受ける。それは先週まで付き合っていた女子高生・玉城碧が亡くなったという情報を告げられたからである。

北島は自分が碧に別れを告げたからでは…と死の原因に責任を感じていく。そんな中で出会う大木瑠衣といった女子高生。彼女に触れた事で北島は碧の過去を覗いていく。

知らなかった一面が見えていく元彼女の死の原因を突き止める物語が開始されていきます。

この漫画の試し読み
アオの死、僕の後悔

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「アオの死、僕の後悔」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

アオの死、僕の後悔【ネタバレ】

1話ネタバレ

突然、学校の集会に呼び出されていく面々。内容は2年B組の女子生徒・玉城碧(たまきあおい)が亡くなった事を生徒達は告げられていく。

この出来事に耳を疑ったのが主人公である北島。
彼は先週まで玉城碧と交際をしていた。恋人だったのだ。

場面は北島の回想。
碧と知り合った当時の出来事が思い返されていく。新入生代表の挨拶をした碧に一目惚れしていく北島。しかし、碧は学校でも一目置かれる存在の美人。

そんな彼女と隣同士の席になり、親交を深めていった北島。思い出を振り返りつつ、廊下を歩いていると女子の噂話を耳にしていく。

『噂だとさぁ…自殺らしいよ』

そんな情報を耳にした北島。しかし、性格も明るくてスクールカースト上位に来るような彼女が自殺などするはずないと考えていく。

北島は再び碧との思い出を振り返る。
交際へ繋がるキッカケ。そして握った手を離さなければ碧は自殺しなかったのかも…。悩みながら北島は碧の葬儀へ顔を出していく。

学校にて碧の描いた絵画を見ていると背後から耳を疑う言葉が飛んでくる。

『バカな子…本当に愚かだわ』

2話ネタバレ

北島の背後にいた女子生徒は1年で同じクラスであった大木瑠衣であった。彼女は碧とクラスも部活も一緒。何故、碧の事を悪く言うのか驚愕する北島。

そして彼女が手に持っていたお守りを見て、何故持っているのか咄嗟に北島は瑠衣に詰め寄っていく。そして彼女に触れた瞬間…。

碧らしき人物の過去が意識の中に入ってくる北島。

『やめて!』

瑠衣の声で我に返る。
周りも何事かと騒然。場所を変えて瑠衣にさっきの事象を問いただしていくが誤魔化されていく。そして北島は瑠衣に碧の死の真相について尋ねていくが…。

『私、あの子とそんなに仲良かったように見える?』

碧の事をやけに気にする北島に嫌味を放っていく瑠衣。北島の事を葬儀の時に首吊りの痕がないか確かめる奴と同等に見ていく瑠衣。

『俺はそんなんじゃない!何も知らないくせに!』

その後、瑠衣は北島が玉城碧の事を「碧」と呼び捨てしている事から2人が恋人関係であった事を察していく。そして口を開く北島。

『…俺から言ったんだ、別れようって…』

『だから俺のせいなんだ…碧が死んだのは俺のせいなんだ!』

3話ネタバレ

北島が碧に別れを切り出した当時の回想が描かれていく。碧の事は好きだったが受験の為に彼女と別れる決意をした北島。当時は碧も納得して笑顔で別れを受け入れてくれていた。

しかし、北島は自分が別れを告げた事が原因で碧は自殺したのでは…そう悩んでいた。

瑠衣はそんな彼に碧から貰った物はないかと尋ねていく。何も残っていなかった北島。しょうがなく瑠衣は碧が難関校に受ける生徒へ配っていたお守りを媒体にして北島へ過去を覗かせていく。

瑠衣の目の色が変わり、手に触れると意識の中に飛び込んでくる碧の過去。

北島は知る。
碧は自分が別れを告げる以前から死ぬ事を決めていた事を…。さらに彼女もクリスマスに別れを告げようとしていたのだ。碧の死の真相が余計に気になっていく北島。

『大木さん(瑠衣のこと}今の力って過去を見れるんだろ…もっと教えてくれよ』

『嫌よ…これ以上は見ないわ…私があの子を嫌いだから』

さらに瑠衣は北島が思っている程、碧はいい子ではないと忠告していく。

4話ネタバレ

これ以上の過去を見るのは嫌と言う瑠衣を引き止めて、しつこく碧のことを探ろうとしていく北島。あまりのしつこさと北島の言い過ぎた言葉によって瑠衣は北島にビンタ…。

『あなたと一緒にしないで』

盛大に瑠衣の怒りを買ってしまう北島。
その後、北島は碧と接点のあった男子生徒・上野のそれとなく探りを入れていく。しかし、上野は噂話は噂で留めておいて詮索しない方が良いと北島に語っていく。

結局、収穫はなし。
放課後、受験勉強の為に予備校?図書館?へ立ち寄ると瑠衣と遭遇。

5話ネタバレ

気まずい空気の中、瑠衣が持っていた赤本が必要だった北島。取り敢えず貸してもらって先日、殴った事は謝る瑠衣。

『でも、あなたのことを許したりはしないわ』

北島に言われた言葉をまだ根に持っていた瑠衣。そっけない態度で去っていく。そんな彼女を追いかけていく北島。外へ出ると酔っぱらいサラリーマンに絡まれていた瑠衣。

瑠衣に冷たい対応をされた北島は見てみぬフリをしようとするが、碧の言葉が脳裏を過って瑠衣を助けに行く事へ。一方の瑠衣も幼稚園時代だろうか…。碧に言われた言葉が脳裏に蘇っていく。

そして北島は瑠衣の手を引っ張って酔っぱらいから瑠衣を引き離す事へ。

6話ネタバレ

瑠衣を助けて素直な自身の気持ちを吐露していく北島。彼は碧の死の真相に迫って『何ができたのか…何ができなかったのか』それらを知りたいと瑠衣に告げていく。

ちょと格好つけた後、盛大にくしゃみする北島。

そんな彼を見て大笑いする瑠衣。場の空気が和んで所で瑠衣をようやく酔っ払いから助けてもらったお礼を述べていく。

そして「貸しを返すだけ」といった名目で北島に協力する事を伝えていく瑠衣。

『(死の真相を知って)その後悔をずっと抱いていくことになるのよ…それでもいい?』

力強く『ああ』と返事をしていく北島。

7話ネタバレ

碧の友達に接触して想いのこもった遺品を集めようとしていく北島。そこで彼は思いもよらない碧の顔を知る事になる。

碧が仲の良かった女子グループ。
どうやら死ぬ間際は彼女をシカトしていたと語る。理由はミカといった女子生徒の彼氏に手を出していたから。さらに碧は男たらしで何人も彼氏がいた事を聞かされていく北島。

別の男性とキスしている証拠写真も見せられていく北島。

その後、瑠衣と対面。
知り得た情報を伝えていく。北島は碧はそんな軽い子ではないと否定するが…。

『いつまで死んだ彼女に夢見てんのよ…いい加減、現実見たら?』

辛辣な言葉を投げかけられる。
そして碧の友達から聞いたタケシといった浮気相手を目撃していく北島。

タケシと北島を比較しつつ、思った事を口に出していく瑠衣。付き合っていたのに碧の事を知らなすぎ…。

『付き合ってるって思ってたのは案外、北島くんだけだったのかもね〜』

意外と重く受け止めて足を止めてしまう北島。ここで第1巻は終了。次巻へ続く。

アオの死、僕の後悔【感想】

アオの死、僕の後悔

主人公が過去を見れる少女と協力。元彼女の死の真相に迫っていく物語。碧の可愛い部分しか知らなかった北島。元彼女の事を聞いて回ると意外な事実がドンドンと明かされていきます。

碧の死には秘密が隠されているのか…。
実は他殺で一気にサスペンス色が強くなっていくのか…。まだまだ序盤で今後どう展開されていくのか不明ですが、期待できる作品が登場。

興味が出た人は是非、チェックしてみてください。ちなみに電子書籍ストア「BookLive」のみで先行配信されています。


アオの死、僕の後悔

アオの死、僕の後悔

原作・著者葛城かなで
価格600円(税別)

ある日、学校で急遽集会が開かれた。そこで告げられたのは2年B組の玉城碧が亡くなったという知らせだった。先週まで碧と付き合っていた北島はその知らせに耳を疑った。美人で明るかった碧は学校では一目置かれる存在だったのに、そんな彼女がなぜ急にー。先週、別れを告げた自分のせいなのか、と悩みながらも、なかなか碧が亡くなった事実を信じられないでいた北島。そんな北島の前に、碧とクラスも部活も同じだった瑠衣が現れる。

今すぐ試し読みする


※この漫画は電子書籍ストア『BookLive!』で配信中。ストア内の検索窓に『アオの死、僕の後悔』と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

アオの死、僕の後悔(2巻)

アオの死、僕の後悔【2巻ネタバレ】 彼女の悪い噂の全貌が明らかになっていく!?