メンヘラ女の復讐劇!長堀かおるの漫画「骨の髄まで私に尽くせ」あらすじ・ネタバレ感想

骨の髄まで私に尽くせ

怖いわ〜。
この漫画はメンヘラ女である仲村さやかといった女性が藤田一樹といった意中の相手にダークでドロドロな大人の恋愛復讐を描いている作品。

何が怖いって優しそうな感じからの〜情緒不安定、狂気じみた変貌ぶりが凄まじい。上手くメンヘラ女の特徴を掴んで描いているなぁ〜と関心。サスペンス系の恋愛漫画が好みな方にはおすすめの漫画!

骨の髄まで私に尽くせ
作品名:骨の髄まで私に尽くせ。
作者・著者:長堀かおる
出版社:COMIC維新
ジャンル:青年マンガ

漫画「骨の髄まで私に尽くせ」あらすじ

藤田一樹は学生時代に初恋相手であった仲村さやかの処女をいじめの延長線で奪ってしまう。そこから二人は離れ離れになり謝罪することもできないでいた。月日は流れ28歳。街中を歩いていると偶然、藤田は仲村さやかを見かける。必死で追いつき、土下座で過去の行為を謝罪。

ここから二人の大人の関係がスタート。

しかし、藤田は妻子がおり、不倫関係といった形に。

仲村さやかの歪んだ愛情が藤田に忍び寄ってくる。といった感じ。電子版では現在4巻まで発売されており、まだ完結はされていない。フルカラーコミックのため1冊のページ数も少なく価格も安め。興味が出た方はぜひ手にとって読んで欲しい。

漫画「骨の髄まで私に尽くせ」ネタバレ

まだ完結していないので結末はどうなるか、わからないが4巻まで読んだネタバレで言えば、二人が出会ったことは偶然でもなんでもなく仲村が用意周到に計画していた。

やはり過去の事件を根に持っているのか、藤田だけ幸せで平凡な生活をしていたのが許せなかった面もあるようだ。

でも、仲村は学生時代から藤田のことが好き。それは28歳になっても変わってはいなかった。ドロドロ系の恋愛ドラマであるどんな手を使ってでも、この男は私の物にしてやる!といった感じで物語が進行していく。

4巻までで、藤田は仲村に不倫関係を終わらして別れを告げる。しかし、藤田の奥さんが友人として紹介して自宅に来ていたのが仲村で驚愕する藤田…といった描写で幕を閉じている。

よりドロドロで救いようのない展開が待っているのはここからだろう。

漫画「骨の髄まで私に尽くせ」感想

ドロドロな恋愛ドラマで観るような展開だが漫画で読むとまた印象が変わってくる。もし藤田が自分だったらと置き換えて読むとゾッとする場面が多数。とにかくメンヘラ女こと仲村さやかが怖いのだ。

藤田も藤田であまりパッとしない男性なのだが誠実な面もあるため意外と憎めない。

藤田が結婚する前に出会っていれば仲村と藤田は結ばれていたのかもしれないが状況は違う。さらに仲村はヒステリックだ。今後、どんな手を使い藤田といった男を自分の物にしようとするのか大きな見所の一つ。フルカラー漫画だし長編にはならないだろうから結末まで見届けたいと思う。

もしかしたら下手なホラー漫画より仲村さやかといった女性の方が怖いかもしれない。

ダークでドロドロな大人の恋愛漫画を読みたい方におすすめの漫画と言える。あとメンヘラ女の生態を知りたい男性も読んでおいて損はないだろう。

骨の髄まで私に尽くせが試し読みできる電子漫画サイト

骨の髄まで私に尽くせ
BookLive!のボタン
Renta!のボタン
ハンディコミックのボタン
コミックシーモアのボタン
コミなびのボタン
まんが王国のボタン
Kindleのボタン