ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【6話ネタバレ】制服×試着室で濃厚な絡み合いが開始!?

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

漫画「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」単話版の第6話に見所や感想をお届け!

今回は見所が沢山!
まず武村と深月の身体の絡み合い。しっかりと開発されてきている深月。今までにない恍惚な表情を見せて武村とのセ○クスを楽しんでいきます!

もう一つは武村達が現在、本拠地にしているデパート周辺で大規模な停電が発生。

屋上から原因を探ると付近で大きな火事が発生していた。ゾンビの仕業なのか…生き残った人間の暴動なのか…。予期せぬアクシデントで終盤は緊張感の漂う展開へ!?

この漫画の試し読み
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「ゾンビのあふれた世界」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【6話】ネタバレ

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

3日で戻ると言い残して武村は外の世界へ。
彼の帰りを待つ深月や弟達。3人は武村が戻るまで指示された事を淡々とこなしていく。

一つは燻製であった。
このゾンビ蔓延る世界で貯蔵に適した調理方法であった為、武村は燻製した食材を作らせていく。

もう一つは水耕栽培であった。
こちらは山に移動する前の練習も兼ねて収穫の早い葉物で試していく。

毎日の成長記録を取るのは深月の弟である優と隆司の仕事になっていた。

『二人とも嬉しそう…あんな笑顔いつぶりだろう…』

弟達に活力が戻ってきており、嬉しくなっていく深月。

その後、深月はデパートのファッション売り場へ。そこで彼女は制服ファッションに着替えて気分転換。そんな時に武村が帰ってくる。

『外のゾンビが少なくなっている』

外の世界を徘徊してきて勘付いた事を深月にも説明。どうやらゾンビが屋内や地下に潜っている可能性がある事を告げていく。

同時に深月は山での自給自足生活をノートにまとめており、武村に見せていく。

『お前さ…もしかしてすげー頭いい?』

的確にまとめられていた自給自足生活。彼女の描いた段取り通りにすれば生活が出来ると感じていく武村。

『わかりやすいし…頭使う仕事はお前にやらせた方が良さそうだな』

武村に褒められてニヤけてしまう深月。同時に格好の事について指摘。深月の制服ファッションを欲情していく武村は試着室で深月を弄ぶ事へ。

鏡の前に手をつかされて背後から激しくガン突きされていく深月。

『これ私…やらしい…よ私いやらしい…』

だいぶ武村に開発されたのか…。
ウブだった深月は女の顔をするようになってセ○クスもしっかりと感じる身体になっていた。

武村に抱かれて満足な表情をしていく深月。

その後、ある部屋から物音。
武村が調査すると中からゾンビが現れる。しかし、ゾンビとは違う別の匂いを感じ取る武村。そこへ無線で深月から連絡が入る。

『女の人が無線で助けを求めていて…』

最終判断は武村に任せる為、彼を呼び寄せていく。

無線からは女の声でSOSが発信されていた。同じ女性である深月に応答するように指示。会話がするが武村は違和感を感じていく。

『後ろで他のやつの足音が聞こえた…声の切れ方もおかしい…』

武村は女は囮である判断。
助けるメリットはないとして切り替えていく。

その夜…。
暖房が止まった事に違和感を覚える武村。深月も起きていたので一緒に様子を見に行く事へ。

すると辺り一帯は停電。
屋上から見ると遠方で大きな火事が起きていた。嫌な予感を感じる武村。深月達にはすぐにデパートを出発できる準備だけはさせていく。

そして彼は一人で付近まで様子を見ると…。

『ヤバそうならすぐ出発する…ガキども起こしとけよ』

ここで第6話は終了。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【6話】感想

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

男性読者として最も注目したい部分は深月と武村の絡み合い。今回は成長した深月のやらしい姿がバッチリと描かれています!

武村もトロ顔を見せる彼女の表情に高揚。
激しくガン突きするシーンへ必見ですよ。また深月も武村に対して好意を抱くようになってきているのか…変わりつつある関係性も面白い部分。

そして終盤では思わぬアクシデントが発生。
山への移動を余儀なくされるのか…そして消えたゾンビの行方も謎。彼らのサバイバル生活はどう変化していくのか…ストーリー展開も楽しみで仕方ありません!

終末世界×サバイバル×エロスといった盛りだくさんの内容でおすすめの作品。是非、チェックしてみてくださいね!


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

原作・著者増田ちひろ / 裏地ろくろ
価格110円(税込)

人嫌いなサラリーマン”武村“の日常は一瞬で変わった。気がつくとそこは、ゾンビがあふれた世界になっていた。しかも、自分だけはなぜかゾンビに襲われない。「人助け? なんだそれ。俺は好きなようにこの世界を生きてやる」。文明が崩壊しかけた終末世界で、はからずも大きな力を持ってしまった武村。唯一襲われないことを隠して生きる彼は、英雄なのか、それとも……。ネット発の新感覚ゾンビパニックストーリー。

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「ゾンビのあふれた世界」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下でゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないのネタバレをまとめています↓↓
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで公開中!