漫画「妻、小学生になる」ネタバレ!最強愛妻家と小学生妻のハチャメチャ人間ドラマ開幕!

妻、小学生になる

漫画「妻、小学生になる」は村田椰融先生の作品。10年前に最愛の妻を亡くした新島圭介。10年の時を経て突如、妻が小学生となり目の前に現れてくるのだ。

タイトルからは想像できない奥深い人間模様が描かれていく漫画。

個人的にはそれぞれに立つ恋愛フラグがどのように形になっていくのか非常に興味を唆られました。これは良作なので気になっていたら読んで見るべし!

この漫画の試し読み
妻、小学生になる

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!以下から無料試し読みが可能。興味があった方は是非、チェックしてみてください☆彡

今すぐ試し読みする

漫画「妻、小学生になる」ネタバレ

下を向きながら歩く陰キャサラリーマン・圭介。仕事を終えて自宅に戻る。娘と一緒にコンビニ弁当を夕食として食べていく。父親と娘の間に会話はない。そんな時、インターホンが鳴り響く。

圭介が玄関を開けると目の前に立っていたのは、ふてぶてしく腕を組んだ小学生の女子だったのだ。

彼女は自分の事を新島貴恵(にいじまたかえ)、あんたの妻であり麻衣の母親だと説明していく。状況が把握できない圭介。取り敢えず部屋に招くと経緯を説明されていく。

目の前にいる小学生の話を聞く事で紛うことなき貴恵である確信を持っていく圭介と娘の麻衣。どうやら貴恵は10年の時を経て別の夫婦の子供として輪廻転生をしてきた模様。

ここから小学生になった妻・貴恵と圭介や麻衣との人間ドラマが繰り広げられていく。ちなみに貴恵が帰った後、圭介と麻衣は顔を合わせながら久しぶりの笑顔を見せていく。

感動の愛情弁当に泣ける!

翌日から早速、圭介に変化が現れていく。無口な陰キャサラリーマンだが部下に自分から声をかけるといった珍しい行動を取っていく。部下もビックリである。そして仕事へ出掛ける前に小学生化した貴恵は圭介の為に弁当を持ってきていた。

昼休み、公園で貴恵の作った弁当を開けて、思い出に浸りながら…そして涙を見せながら弁当にガッツイていく。その感想は『美味すぎる…』である。最序盤の感動シーンで涙腺が緩んでしまった(笑)

その日の夕方。
圭介の帰宅を待ち伏せしていた貴恵。そんな彼女に抱きついて自身の未来予想図を叫んでいく圭介。しかし、そんな圭介に喝を入れていく貴恵。

私がいなくても明るく進んでいける姿勢と未来を見せろと圭介を一喝。

自宅に帰ると麻衣にも変化が訪れていた。在宅ワークをしていたが就活の為にスーツを新調していた。圭介も珍しくコンビニ弁当ではなく麻衣と共に夕飯を共に作っていく。

鈍感主人公…部下の好意にまったく気づかない…!?

小学生になってしまったが転生してきた妻とのやり取りを楽しんでいく圭介。そんな中、別の角度から恋愛フラグが立っていく。圭介と同じ会社で部下である守屋好美といった女性だ。

彼女は元気のない圭介をずっと社内で見ていた。近寄りがたかった存在であった圭介だが貴恵の転生と共に性格も前向きとなり、社内でも元気が見れた事から好美は圭介にアタックを開始していくのだ。

そんな中、好美は圭介の待受に設定されている小学生の子供を見てしまう。最初は娘だと勘違いするが、情報収集している内に待ち受けの少女は娘でない事が判明。さらに圭介と小学生になった貴恵が遭遇している現場に遭遇して二人の関係を解き明かそうとしていく。

この辺りは貴恵が機転を利かせて上手く立ち回るのだが、鈍感な圭介と違って好美の気持ちを察した貴恵は複雑な心境を覚えていく事へ。

ちなみに圭介は貴恵の気持ちにこれっぽちも気づいていないので今後、圭介・貴恵・好美の関係がどう変化をしていくのか大きな見所である。

妻、小学生に告白される…!?

見た目は小学生、中身は大人といった名探偵コナンのような設定の貴恵。当然、普段は小学校に通っている。そこで貴恵に好意を抱く小学生男子が現れる。タケルである。

授業中のふと瞬間に隣の席の貴恵を見て、その横顔に一目惚れをしていくのだ。

その後、タケルは曇りない眼でズンズン貴恵にアプローチをしていき、仕舞いには告白までしてしまう。その後、タケルのサッカーの試合観戦を麻衣と一緒に行く貴恵。タケルの気持ちを知った麻衣は小学生化した母親とタケルの恋を応援するかのような言葉をかけていく。

圭介と好美の恋愛フラグだけでなく、貴恵とタケルといった小学生同士の恋愛フラグもここで立つのだ。

問題は山積み…!?

麻衣とサッカーの試合観戦後、自宅に帰っていく貴恵。中身は貴恵であるが、とある夫婦の子供である。その自宅のリビングは荒れに荒れており、不穏な空気が漂っている。

そして帰ってきた貴恵に背後から母親が接近。

どうも家庭事情ありありな雰囲気を醸し出して1巻は幕引きとなります。

漫画「妻、小学生になる」感想

妻、小学生になる

最強愛妻家と小学生妻の人間ドラマを描いていく作品。読む前はどうなんだろう〜オモロイかなぁ〜なんて思っていたが杞憂だった。蓋を開けてみると非常に面白い。家庭事情が垣間見えたり、それぞれに恋愛フラグが立っていたり…。

様々な問題を解決しながら夫婦の愛情を確かめ合って、最後は両者ともに巣立っていくんだろうなぁ〜と明るい未来予想図が描ける作品。

貴恵が転生した夫婦の母親は毒親といった印象なので、正反対な貴恵が小学生の体でどう切り抜けていくのか非常に次が楽しみ。と言うか執筆時点では既に3巻まで配信中。

問題山積みな状況の中でも暖かい人間模様がグッとくるお勧め漫画。興味が出た人は是非チェックしてみて下さい☆彡


妻、小学生になる

妻、小学生になる

原作・著者村田椰融
価格600円(税別)

10年前、妻を亡くした新島圭介はずっと失意の中にいた。だがある朝、小学生の女の子が、自分は他界した妻だと言ってやってくる。こうして、小学生の姿をした妻との人生が再び動き始めた! 最強の愛妻家と小学生妻(中身はアラフォー)の究極の純愛!! 描き下ろしマンガ「在りし日の貴恵と圭介」を収録!

今すぐ試し読みする