漫画「1年A組のモンスター」3巻ネタバレ!動き出す闇と告白を無下にする童貞教師!?

1年A組のモンスター(3巻)

英貴先生が描く『1年A組のモンスター』最新刊となる第3巻が登場。今回は12話〜15話まで。そして電子限定の特別描き下ろしも収録。

今回は1年A組問題児女子のリーダー格である「つばき」が徐々に暗躍をしだしたり…。メンヘラ女子である万里が窮地&自見太郎の衝撃な言葉が飛び出したり…。やっぱり何を考えているのかわからない自見太郎が不気味…(笑)

陰湿な問題児がひしめく1年A組を自見太郎がどのように改心させていくのか…。今回も注目の内容となっています!

この漫画の試し読み
1年A組のモンスター

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」で試し読み可能!ラブコメ要素も豊富な学園再生ストーリー!

今すぐ試し読みする

1年A組のモンスター(2巻)

漫画「1年A組のモンスター」2巻ネタバレ!二人目の腹黒問題児が地に落ちる…!

2019年1月26日

漫画「1年A組のモンスター」3巻ネタバレ

小田真紀の一件を片付けた自見太郎。大嘘つきだった真紀は自見太郎に玉砕され、もぬけの殻状態…。そして舞台は夏休みへ。季園(すえぞの)学園1年生は2泊3日の夏季合宿が開始。

有給を取っていた自見太郎は遅れて夏合宿に参加。そんな彼の到着を心待ちにしていた生徒が自見太郎に接触を図っていきます。

問題児リーダーの敵対的圧力…!?

『ずいぶんと重役出勤なんですね』

夏季合宿に遅れてやってきた自見太郎を皮肉たっぷりで迎える生徒。問題児リーダー格のつばきであった。自見太郎と2人きりの彼女は本心を現し、目的を告げていく。

彼女は教師に無念さと屈辱を感じて辞めてもらう事が遊びであり、楽しみの一つ。

そんな事を告げられる自見太郎であったが素っ気ない対応で華麗にスルー。そんな対応は百も承知のつばき。ここから自見太郎の過去に踏み込んだ爆弾を投下していくことへ。

『この人殺し』

自見太郎を調査して判明した過去の出来事。つばきはそれを引き合いに出してジリジリと自見太郎へ精神攻撃を仕掛けていきます。自見太郎には担任を受け持ったクラスの生徒が自殺した過去がありました。その出来事を盾に自見太郎を脅していくつばき…。

『今日は珍しくよく喋りますね』

自見太郎、つばきのマウント合戦。どちらも一歩も引かず。弱みを見せることなくマウント合戦は平行線へ。そして去り際、自見太郎が10年前の事件について一言だけ打ち明ける事へ。

『あれは向こうが勝手に死んだんです』

教師を取り合う女子生徒のバトル勃発!?

つばきとの話も終えて、夏合宿へ本格参加する自見太郎。そんな彼を実は待ち望んでいた人物が行動へ出ます。自見太郎に改心させられて、彼へ密かに好意を抱く女子生徒・桃。

彼女は自見太郎へキスを仕掛けていきます。現場には同じく自見太郎へ好意を抱く女子生徒・万里もおり、キスシーンを目撃してしまう事へ。

桃にキスされた自見太郎。
一気に体調を崩したのか…気持ち悪くなったのか…桃の前で嘔吐(笑)キスして嘔吐された事がさすがにショックだった桃。逃げ去って屈辱を感じる場面も…(笑)

桃が部屋に戻るとキス現場を目撃していた万里の怒りが桃へこみ上げていきます。そして2人は廊下へ飛び出してもみ合いの喧嘩。気持ちが加熱している万里は桃へビンタ。白熱した女同士の喧嘩は先生達が仲裁に入り、終わりを見せていきますが、上司から喧嘩の原因を把握して問題解決をしろとお叱りを受ける自見太郎…。

担任教師を辞めさせる為、動き出す問題児…

自見太郎の同僚である栄手先生の裏の顔も垣間見えながら桃と万里の問題解決に勤しむ自見太郎。

そんな中、一人でスマホを操作している万里を発見する1年A組問題児グループ。ここでリーダー格であるつばきが遂に行動を起こしていきます。場所は山間の崖。背中を見せてスマホを操作する万里に近づき、背中を一押し。

当然、崖から転落して意識を失う万里。

つばきとつるむ残り問題児2人もさすがにこの行動には焦りを見せていきます。至って冷静なつばき。隠れてつばき達を見ていた栄手先生が担任を受け持つE組の生徒を発見して罪を擦り付けていく事へ。

『人殺しになるのは貴方』

つばきが万里を突き落とした現場を目撃したE組女子生徒の加瀬。彼女はつばきから犯人へと仕立て上げられる筋書きを説明されていきます。ただ、黙っていれば余計な事は言わない…そう、告げられる事へ。

告白を受けて放つ教師の衝撃的な一言…

一方の教師陣は万里が合宿所へ戻ってきていないので焦りを感じる事へ。また自傷行為をしているのではないかと…。雨が降りしきる中、自見太郎は万里の捜索へ出掛ける事へ。

万里の事が心配な桃は自見太郎へ同行。

捜索していると万里の携帯と共に意識を失い倒れている万里も発見する2人。自見太郎が介抱していると虚ろげに意識を取り戻した万里は突然、自見太郎へ告白。

『私、自見先生の事が好き…』

自見太郎は意識朦朧の万里へ「その言葉を待っていました」と語り、さらに言葉を投げかけていきます。桃すら衝撃を受ける自見太郎の言葉…。

『先生は万里さんのことが嫌いですから』

自見の言葉に唖然とする桃。笑顔で爆弾発言をする自見。ここで3巻は幕引き。

漫画「1年A組のモンスター」3巻の感想

1年A組のモンスター(3巻)

自見太郎と自殺した生徒の関係は未だ明かされませんが、意味深で冷酷な言葉を放った自見。2人の間に何があったのでしょうか。さらに自見を辞めさせる為、本気で動き出したつばき。

彼女は自見に自分と同じ匂いを感じ取っている模様。今後はより残忍な彼女の魔の手が忍び寄ってくるかもしれません。

そして、3巻ラスト…。
真意は不明ですが万里の告白を無下にする自見。主人公でもある自見太郎は本当に何を考えているのか不明で謎多き人物。まだまだ問題が山積みの1年A組。

自見太郎は問題児達を改心させて理想のクラスに導く事ができるのか…。ギャグ有り、シリアス有り、サスペンス有りのお勧め漫画です。興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡


1年A組のモンスター

1年A組のモンスター

原作・著者英貴
価格500円(税抜)

1年A組は「地獄」だと誰かが言った――。担任がすぐ辞める問題児揃いのクラスに赴任してきた教師・自見太郎。地味で存在感はないが、異常なほどの真面目さで女子校生たちを”教育”していく――。pixivで1話が公開されてから1週間で20万PV! 男教師が問題児な女子校生を教育して立場逆転! [男子高校生を養いたいお姉さんの話]の英貴が贈る女子校再生ストーリー。

今すぐ試し読みする