漫画「みにくいあの子は私の鏡」ネタバレ!醜い顔を持ちながら全てを手に入れる女に脅威を感じる!?

みにくいあの子は私の鏡

漫画「みにくいあの子は私の鏡」は『君は綺麗なアヒルの子』を描いたタナカトモ先生の新作漫画。またまた整形を含んだ内容になっていますが、ストーリーはまったく違っており、新たな女同士の戦いを描いていきます。

ヒロインは新美直(にいみ なお)20歳の女性。彼女は過去の自分の顔が嫌いで整形をしますが、過去の自分の顔にそっくりな女性・幸(さち、以下サチ)と運命的に出会うことへ。

過去の自分と同じ顔を持つ女・幸ですが、横柄な態度であり、裏表もある強気な性格。地味ブスなのに強引に全てを奪っていくような女だったのです。整形して美しくなった直…みにくいまま全てを手に入れようとする幸。そんな二人の人間ドラマが繰り広げられていきます。

この漫画の試し読み
みにくいあの子は私の鏡

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」で試し読み可能!

今すぐ試し読みする

漫画「みにくいあの子は私の鏡」ネタバレ

ヒロインである直は田舎に住んでいた学生時代。地味でブスだった事もあり苛めの対象へ。そんな人生をリセットすべく整形をして上京。現在は憧れていた有名アパレルショップ『feuille(フィーユ)』で働くショップ店員。

そんな勤務最中…横柄な態度を取る客が来店。(これがサチ…)

言うだけの事を言ってバッグを購入。最後はわざとらしく直にぶつかって店を去っていきます。対応した店員はサチが去った後に陰口を叩く事へ。ブスだった頃の思考が直に思い巡り、店員の陰口が自分の心にも突き刺さっていく直…。

唯一の楽しみの裏に醜い女…!?

アパレルショップでの仕事も終わり、自宅に帰り鬱屈した気持ちになる直。気持ちを切り替えるべく、上京して一番の楽しみを味わえる場所へと向かっていきます。

そこは最寄りであり、常連となっているコンビニ…(笑)

楽しみである理由はコンビニで働くイケメン店員、真田正(さなだただし)がいるからである。直は真田に想いを寄せていた。この日は丁度よく真田のバイト終わりに遭遇。

仕事を終えた真田に勇気を振り絞り、声をかけようとした瞬間…。

真田を名前を呼びする彼女らしき女性が登場。
直はその女性の顔を見ると驚愕する事態へ。その女の顔は直が捨てた醜い過去の顔にそっくりであったのだ。同時に気づく。昼間、横柄な態度で客として来ていた女・サチだと…。

醜い女に脅威を感じていく…!?

真田とサチの様子を一歩下がってみていた直。
サチは昼間にショップで購入していたバッグを真田にプレゼントと称して渡していた。そして二人は呆然と立ち尽くし自分達を見ている直に気づく。

サチはどうやら直の事を昼間にバックを購入したショップの店員だと気づいた模様。

少し焦りを感じるサチでしたが、直の真田に対するシドロモドロな対応に彼女の気持ちを察知。急に真田の影に隠れて、昼間にバッグを購入した店で直に嫌味を言われた…なんて嘘を真田に告げ口していきます。

否定する直でしたが、真田が信じるのはサチの言い分。真田の直を見る視線は冷たくなり『最低な女だな…』と一言。

想いを寄せていた男性に嘘で嫌われたくない直は追いかけて誤解を解こうとしますが足を挫いて転んでしまう事態へ。その状況を見ていたサチが転んだ直に近づいてきます。

『人の男にちょっかい出そうとしてんじゃねーよ、バカ店員』

介抱しようとするフリをして本性を見せるサチ…。
地味ブスで最も嫌悪している顔なのに自分の好きな人と付き合い、裏で相手を見下してくるサチに脅威を感じていく直…。

ここで1巻は幕引きとなります。

漫画「みにくいあの子は私の鏡」感想

みにくいあの子は私の鏡

ブスだけど横柄で卑しい顔を持ち、全てを手に入れるサチ…。整形して美人になったけどブス思考が邪魔をして自信を持てない直…。相反する二人の人間ドラマが繰り広げられていく漫画。

執筆時点では第5巻まで配信されており、続きが気になる作品なのでこれから配信分全てを読んでいこうと思います。

それにしてもサチの自信はどこから来るんでしょうかね…背景が凄く気になります。そして自身が嫌悪して捨てた醜い顔を持つサチに直は打ち勝つ事ができるのでしょうか。

女の意地とプライドを懸けたバトルが始まる注目の漫画です。気になった人は是非、チェックしてみて下さい☆彡


みにくいあの子は私の鏡

みにくいあの子は私の鏡

原作・著者タナカトモ
価格100円〜150円(税抜)

幼い頃より醜い容姿が原因で、ずっとイジメられ続けていた直(ナオ)。そんな忌まわしい過去をリセットするため、半年前に整形をし、憧れのお洒落なアパレルショップに勤め、新しい人生をスタートさせた。美人になればきっとすべてうまくいく――。ずっとそう思っていたのに、現実は、ブスだった頃の思考が邪魔をし、常に人の顔色をうかがってばかりの、自分に自信の持てない鬱屈した日々を過ごしていた。そんなある日、直の店に横柄な態度を取るデブでブスな客・幸(サチ)が現れる。罵倒される同僚の店員をよそに、できるだけ直は関わらないようにするが、その夜、思わぬ形で再会してしまう。しかも、間近で見るその顔は、直が最も嫌悪していた過去の自分と同じ顔で……!?

今すぐ試し読みする