女神スタグラム【6巻ネタバレ】憧れの女性と急接近…膨らむ股間に暴走待った無し!?

女神スタグラム

漫画「女神スタグラム」第6巻の見所や感想をご紹介!

大雨でびしょ濡れになった辰樹と姫宮。服を乾かす為に辰樹の部屋へ移動。今回は辰樹宅にて憧れの女性であった姫宮と急接近していきます。

同じベッドで横になる二人…。
股間を膨らませてしまう辰樹は暴走。遂に姫宮と一線を超えていく!?

この漫画の試し読み
女神スタグラム

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「女神スタグラム」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

女神スタグラム

女神スタグラム【6巻】ネタバレ

女神スタグラム

大雨に降られてびしょ濡れの二人。
辰樹は自宅に姫宮を誘う。彼女も承諾して自宅前に到着。辰樹と那津は同じアパートに住んでいるので辰樹は尋ねる。

『あいつの家に行く…そこのが居心地いいだろ?』

しかし、姫宮は否定。辰樹の家にお邪魔する事を告げる。まさかの展開で嬉しみを湧き上がる辰樹であった。

『このまま帰るにはちょっと…服…乾かしてもいいかな?』

辰樹は着替えを準備。姫宮は辰樹宅のシャワーも借りていく。嘘のような現実に心躍る辰樹。

姫宮がシャワーを終え、次は辰樹がシャワーを浴びていく。浴室には乾かしている姫宮の下着。興奮する辰樹であった。そしてシャワーを終えて部屋に戻るとベッドの上で寝ていた姫宮。

『寝ないの?』

美しい姫宮に見惚れていると声をかけられる。疲れたので少し休ませて欲しいと頼んでくる姫宮。

『ちょっと寒い…』

辰樹のベッドに布団がなかったので少し寒がる姫宮。この言葉を聞いた辰樹は「あっためて」サインだと判断。

少しだけ姫宮に身体を寄せて温めてあげようとする。

甘美な状況に辰樹の股間は大きく膨れ上がってしまっていた。そして…もっと姫宮に身体を近づけていくと股間がお尻に当たってしまう事態。さすがに誤解されると思って離れようとすると…。

『待って…あったかい』

姫宮が嫌がっていないと判断した辰樹。彼女をギュッと抱き締めて股間も力強くお尻に押し当てていく。

『ね…寝よっか…』

姫宮のこの言葉が「エスイーエックス」OKサインだと判断する辰樹。スイッチの入った辰樹は姫宮のお尻、胸を鷲掴み。野獣化していく。

『あっ辰樹くん…私達まだ…』

口では否定するが身体は辰樹を受け入れていく姫宮。彼女もその気だと判断した辰樹はズボンを脱いで股間同士を擦りつけていく。

吐息の漏れてしまう姫宮だが…やっぱりこのままヤッたら後悔する事になると伝えていく。

『あなたの事…もっと知りたいの…その代わり…』

そう伝えると片腕で辰樹の股間をシゴキ始めていく姫宮。今日はこれで我慢して欲しいと…。憧れの女性から股間をシゴカれて最高に興奮する辰樹。そのまま彼女のお尻に発射。

その後、今日の事はお互いに忘れる事で終結。姫宮の服も乾いたので着替えてバスの停留所まで送っていく事へ。暴走してしまった事を後悔する辰樹。

そして自宅の玄関を開けると外では那津がタバコを吸っていた。事情を説明する姫宮。

『二人が仲良くなって嬉しいわ!安心した!』

どことなくぎこちない3人。辰樹はこの状況に居たたまれない気持ちになっていく。

その後、辰樹は姫宮、那津ともに微妙な関係になっていく。那津には避けられ、姫宮もどこか余所余所しい状況へ。大雨の日の出来事を後悔していく辰樹。

そんな時、グループチャットに那津がメッセージを送信。再びランジェリー写真を撮りたいといった趣旨であった。他とは違った写真が撮りたいと伝える那津。そこで辰樹は野外でランジェリー写真はどうかと提案。

これには那津、姫宮も好意的な反応。すぐに段取りをして野外ランジェリー撮影の日程が組まれていく。

辰樹がペーパードライバーであった事もあって運転手に友人である一成を引き連れて4人で移動。大自然の中にある撮影スタジオを借りて下着撮影を開始していく事へ。

まずは姫宮から。
開放的な空間からテンションもあがる姫宮。自分達をアダムとイブに見立てていく。

『アダムとイブは何も着てなかったもんな…』

そう告げると姫宮が辰樹に服を脱いでみないかと提案。彼女の期待に答えて上半身は裸になる辰樹。

『アダムはズボンも脱いでたわ?』

ズボンも脱いで欲しい遠回しの発言。それに応える為…辰樹はズボンも目の前で脱いでいく。ここで第6巻は終了。

女神スタグラム【6巻】感想

女神スタグラム

一気に姫宮との距離が近づいた第6巻。
彼女も辰樹に対して好意を持っている雰囲気を漂わせていきます。姫宮とのベッド上でのシーンは必見。

彼女の綺麗な裸体が露わに描かれていきます!

那津もまた辰樹に行為を持っている印象もあるので辰樹、那津、姫宮の三角関係が今後の大きな見所。どちらも可愛い女性だけに辰樹が羨ましい限りです!


女神スタグラム

女神スタグラム

原作・著者よんがむ / Teamハスキー
価格198円(税込)

元有名セクシーフォトグラファー「マルジャ」である辰樹は、人気SNS「オンスタグラム」で今をときめく有名モデルの姫宮雫に片思い中。同じ大学ながらも声をかけることすら出来ず…画面越しに「いいね!」を送る毎日。ある日、友人の頼みから仕方なく依頼を受けた先に待っていたのは――あの姫宮雫!?「辰樹くんの好きなように…して?」夢にまで見た憧れの女性のあられもない姿を前に、辰樹の思いは止まらず――!?

今すぐ試し読みする


※コミックシーモアで先行配信されています。ストア内の検索窓にて「女神スタグラム」と入力して検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

↓↓以下で女神スタグラムのネタバレをまとめています↓↓
女神スタグラム【ネタバレまとめ】最新巻から結末や最終回まであらすじや見所を公開中!