漫画「僕の名前は少年A」1巻ネタバレ!愛する人の為…罪を被る少年!?

僕の名前は少年A(1)

漫画「僕の名前は少年A」は原作:君塚力先生、作画:日丘円先生のタッグで描かれる作品。主人公は小倉貴志。彼は13歳の時、ある出来事を目撃して担任教師である山下先生を持っていたバットで撲殺。その日から彼はメディアで「少年A」と呼ばれることに。

そして彼と家族、周りの友人も巻き込んで人生は一変。

刑期を終え、嘘で塗り固めた新しい人生をスタートさせますが、罪から逃れる事はできず様々な波乱が待ち受けていきます。学園系サスペンスヒューマンドラマでシリアスな内容。ただ真実が隠されているので、これが公になった時、どう周りの反応が変化するのか…。そして主人公とヒロインの恋物語は成就するのか。

見所満載の漫画となっています。

この漫画の試し読み
僕の名前は少年A(1)

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」で配信中・試し読み可能!

今すぐ試し読みする

漫画「僕の名前は少年」1巻ネタバレ

物語は事件が発生した3年前から。
主人公である小倉貴志は野球部レギュラー決定。さらに恋心を抱いているヒロインの佐々木結衣とデートの約束もして人生絶頂期。

そんな向かう所敵なしといった状態の貴志とは裏腹に学校内ではある事件が発生。

それは貴志や結衣の担任教師である山下が結衣を美術室に連れ込んで弄ぶ行為を…。恐怖で言葉も出せない結衣。山下のされるがままに遊ばれ、終いには裸の写真や動画まで撮影される事に。

そして山下はこの事を公にしたら卑猥な写真や動画をネットに拡散すると結衣を脅していきます。

ヒロインの異変に気づいた主人公…

デートの約束は破棄され、学校も欠席。学校へ来ても時折、虚ろな表情を浮かべるようになる結衣。そんな異変に気づく貴志。そして彼女が顔面蒼白で美術室に入る場面を目撃して後を追っていきます。

美術室を覗いた貴志は衝撃な光景を目に…。

担任である山下が無抵抗の結衣を弄ぶ場面を目撃してしまいます。そして貴志が覗いている事に気づいた結衣は小さい声で「助けて」と一言。結衣にとって不本意な状況だと一瞬で察知した貴志は持っていたバットで山下を殴打。

血だらけとなって教室に戻ってきた貴志は担任の山下を撲殺した事を告白。警察へ連行され、その日から彼はメディアで「少年A」と呼ばれることに。

そして貴志の処分。
彼は少年院ではなく児童自立支援施設への送致となり、施設内の中学を卒業して3年で普通の生活を送れる状態へ。

嘘で固めた素性が明かされてしまう…

施設を出所した貴志は地元である横浜を離れて千葉にある高校へ通うことに。出身地も偽り、母親の旧姓に変更した貴志は小倉から山崎へ。

何もかも嘘で塗り固めて充実した高校生ライフを。それでも過去の事件についてバレないか怯える日々を過ごすことに。

そんな中、突如SNSで「少年Aこと山崎貴志」といった成り済ましアカウントが登場。現住所などが投稿される事態に。成り済ましアカウントは一気にネットで拡散。貴志の通う高校の友人も貴志が「少年A」である事を気づくことに。

本当の素性がバレてから友人達は貴志と距離を置くように…。そして学校内で貴志は煙たがれる存在になっていきます。素性を隠して借りたアパートには誹謗中傷を兼ねた落書きが…。

「普通の生活」から一変、再び貴志は様々な人間を巻き込む疫病神状態へ。

結衣との再会…

学校で煙たがられる存在の貴志。
校門を出ようとすると結衣が貴志の事を待っていました。実に3年ぶりの再会。

結衣は貴志に後ろめたさを感じた状態。貴志も結衣も事件の真相についてまったく真実を誰にも話していなかったのです。貴志は警察や家族に山下を殺した理由は「嫌いだったから」の一点張り。

本当は弄ばれた結衣を守るために山下を撲殺した真実は貴志と結衣しか知らない状況。

そして当時は恐らく両想いであった二人。
しかし、結衣は高校生になり、貴志以外に恋心を抱く相手ができていたのです。

そんな中、貴志の気持ちを汲んで一緒にデートすることに。しかし、その現場を結衣は同じクラスの板倉さんに目撃されており、その日の夜、板倉から連絡を受ける結衣。

「カフェで一緒にいた男の人…あの事件の少年だよね?」

他人に知られたくない事をよもや同じクラスメイトに知られてしまった結衣。焦りを感じる表情で1巻は幕を閉じていきます。

漫画「僕の名前は少年A」1巻の感想

僕の名前は少年A(1)

1巻は事件の背景や今後の展開を示唆するような構成になっており、2巻から事件の真相などが明かされていきます。私は2巻まで読んでいますが、取り敢えず主人公の貴志が凄く可哀想…。

少し2巻のネタバレをしますが、記憶喪失で事件の事を思い出せないからといって、のうのうと生活をしているヒロインに少しイラッとしています(笑)

この漫画は最後の着地点が凄く気になります。
犯した罪は両者とも消せないだろうし、主人公がヒロインに対して良い人過ぎるんですよね。

個人的に真実を公にして少しでも主人公を救って欲しいと思うんですが…どういった展開を見せるのか…!? 読む人を選ぶ漫画であることは事実ですが興味が出た人は試し読みも可能なので是非、チェックしてみてください☆彡


僕の名前は少年A(1)

僕の名前は「少年A」

原作・著者君塚力 / 日丘円
価格571円(税別)

13歳で人を殺したその日、僕の人生は一変した…。全てを偽り、嘘で塗り固めた毎日を送る。これまで存在していた自分という存在は消え、「少年A」という名前だけが一人歩きする。でも僕は必ず君を守り抜くと決めたから―――…。

今すぐ試し読みする