満州アヘンスクワッド【4巻ネタバレ】映画編は終了して舞台は新しい局面へ!?

満州アヘンスクワッド(4)

3巻の紹介の最後のほうに少し間違いがあった。

周が死んでいなかったのは確かなのだが里山に会いに行ったのは彼ではなくそのボス、チンパンの一番えらい人であった。お詫びして訂正する。

満州アヘンスクワッド【4巻】あらすじ

満州アヘンスクワッド(4)

この4巻の途中で映画にまつわる話は終わり、舞台はハルビンへと移る。

満州の中ではあるのだがロシアの影響が色濃く、「東洋のモスクワ」と称されている町である。今度の中心人物は、キリル・メドヴェージェフというロシア人の男。職業は「逃がし屋」。

満州アヘンスクワッド(3)

満州アヘンスクワッド【4巻】ネタバレ

満州アヘンスクワッド(4)

さて冒頭、チンパンのボスと里山が対面している場面からである。里山は、勇らの売りさばいているアヘンをチンパンのボスの杜月笙(とげつしょう)に示し、最近新たに出回り始めたアヘンだ、という。新しい商売敵が現れた、手を組みましょう、というのが里山の持ちかけである。

杜月笙は「新しい商売敵なのはお前ら関東軍も同じだ」みたいなことを言うのだが、「このままでは既存のアヘン売買の秩序が破壊されてしまう」という里山に対して考え込んでいる場面でとりあえずカメラが切り替わる。

勇たちの撮っていた、アヘンのプロパガンダのための映画は完成し、洋子は日本に帰ることになった。なんかもう出てこなさそうな雰囲気である。勇とはいい雰囲気だったが、結局どうにもならなかった模様。いや、勇が日本に帰ることを望まなかったので、洋子のほうが振られた形ではあるんだけど。

ところが帰国の日、洋子を港まで送っていこうとしたら、チンパンの襲撃を受けた。生きていた周である。窮地に陥るのであるが、突然横合いから日本軍がチンパンを攻撃し始める。勇の知己、熊田監督官であった。といっても、助けに現れたわけではない。日方勇は自分の獲物だ、横取りは許さん、という魂胆であるらしい。

その後映画の成功により無事アヘン商売はうまくいき、今度はハルビンに手を広げよう、ということになる。で、みんなでハルビンに行く。立派な街である。バータルは「いいね!ホテル取って豪遊しようぜ!」とか言い出すのだが、みんなは遊びに来たわけではない。

リーファは「ここは表玄関みたいなもので、ここには用はない」と言ってさらにみんなを移動させる。フージャデン。いわゆる「裏のハルビン」だそうである。よくわからないが、銀座から歌舞伎町に移動したようなものであろうか。

このフージャデンは無法者のたまり場だそうで、もちろんアヘン窟もある。チンパンの拠点も「大観園」というフージャデンの最深部に存在する。チンパンと対立するロシアンマフィアの勢力ものしているが、彼らについては詳細な情報はリーファでも持っていない。ただ、チンパンと敵対していることだけは確かである。リーファは、この両者の対立の火を煽って漁夫の利を得よう、みたいなことを言う。

勇は情報収集のため、とりあえず教会に行く。ここは満州だが、ハルビンにはロシア正教の立派な寺院があるのである。ところが、司祭との会話もそこそこ、いきなりテロ事件が起こって司祭が暗殺されてしまった。

犯人と間違われた挙句にリーファと一緒に追い掛け回される羽目になった勇、知らない男に、さらに犯人と間違われて救助される。真犯人と契約していた「逃がし屋」であった。こいつがキリルである。

人違いはいいとして、使えそうな人材なので仲間に引き入れようとするのだが、キリルには断られてしまう。ちなみにこのキリル、盲目の女と二人暮らし。さいしょ見た感じ妹かと思ったのだが、どうも妻ないし恋人であるらしい。

いっぽうバータルとリンは大観園を訪れていた。ここで案内人の少年と出会う。

さらに勇は、今度はロシア系のキャバレーに出かけていき、そこで「ツァーリ(ロシア語で皇帝のこと)」と持ち上げられている富豪と出会う。

最後のシーンでは、キリルの女のナターシャという人が何者かにさらわれたらしい、というのが分かったところで次巻に続く、となる。

満州アヘンスクワッド【4巻】感想

満州アヘンスクワッド(4)

映画の話はおおむね解決していたし、ハルビン編は始まったばっかりなのでこの巻だけだとなんともという感じだが、キリルという青年も仲間になるのかな。なんかそんな雰囲気だ。では、また次巻の紹介で。


満州アヘンスクワッド

満州アヘンスクワッド

原作・著者鹿子 / 門馬司
価格693円(税込)

「満州で一番軽いものは、人の命だ」時は昭和12年。関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇は、戦地で右目の視力を失ってしまう。「使えない兵隊」として軍の食糧を作る農業義勇軍に回され、上官に虐げられる日々を送るも、ある日農場の片隅でアヘンの原料であるケシが栽培されていることに気づく。病気の母を救うためアヘンの密造に手を染める勇だったが、その決断が自身の、そして満州の運命を狂わせていく…。

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「満州アヘンスクワッド」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。