漫画「ストロボライト」ネタバレ!読み込むほど味わいが出てくるスルメ漫画!

ストロボライト

読み終わった後で作者が亡くなっている事を知って驚いた。自殺であったらしい。

漫画「ストロボライト」あらすじ

ものすごくシンプルにあらすじというか概要を書くと、男が女と出会って付き合って別れる話である。コミックス一巻完結。もう少し肉付けをして説明をすると、駄目な若造が駄目な恋愛をする話である。

一番最後は、別れて数年後くらいに一回だけ女に会いに行って、きっぱり過去と未練に清算をして、おわり、という話であるのだが……

それ以外の部分の構成がとてもややこしいことになっている。

漫画「ストロボライト」ネタバレ&感想

ストロボライト

まずこの作品、時系列が時系列通りに進まない。複雑に入り組んでいる。それくらいのことならそんな作品はさほど珍しくもないが、叙述さえも漫画ではよくある通常の俯瞰形式を取らない。

「主人公が、別れた女と会いに行く夜行列車の中で書いている小説の筋書きである」という体裁になっているのである。

なので、この物語は虚実が分からない。最後に女と会うシーンすなわち最終話は神視点で描かれているらしいのだが、それ以外の全ての回想は男が綴っている回想録のような小説のような代物であるので、どの人物が実在人物なのか、どの事件が実際にあった事件なのか、そのへんのことが(作者によって意図的に)複雑怪奇な構造にさせられているのである。

まあ、とにかくだ。疑い始めると何も語れなくなってしまうので、作中で語られている事を語ろう。

主人公の名前は浜崎正。のちの小説家で、「この頃」は小説家志望のさえない大学生。
ヒロインは町田ミカ。かつて「桐島すみれ」という女優をやっていて、「Q9」という作品が代表作。ちなみにQ9作中での役名は「加藤ユキ」である。

正はQ9という(商業的にはあんまり成功していない)作品の大ファンであり、大学でミカと偶然に知り合ってその正体に気付いたとき、その作品に対する愛を熱心に語る。ミカ自身は、女優だった過去についてはあまり考えたくないような様子である。

二人の関係は進展し、まあメールアドレスを聞いたりだとか、告白したりだとか、初めて部屋に行ったりだとか、そのままベッドインしたりだとか、割と急ピッチで話は進んでいく。

さて、重要な登場人物がもう一人いる。実和子。正の住むアパートの大家の娘であり、正に懸想している高校生の小娘。最終話の時点では正の婚約者。

この物語の「語り手」役を務めているのは、実和子である。時々物語に挿入される「夜汽車」のシーンで正と対峙し、どうも正の書いている小説の語り手の立場にいるらしい。

他に重要なキャラクターとしては、松永信二。Q9で「蟹男」という連続殺人犯を演じた人物で、それを最後に芸能界を引退していて……それで実際にその後どうしているのかはよくわからない。虚実の中に紛れ込むように存在していて、実在するのかどうかすらあやふやなのだ。

ともかく。正とミカの関係はだんだんきな臭くなってくる。ミカが芸能界に復帰したがってるんじゃないかと正が疑ったり、それに松永が絡んでるんじゃないかと嫉妬めいた妄想めいた考えを抱いたり、正が本当に愛したのはミカではなく桐島すみれという存在だったのではないかなどという疑念を突き付けられたり。

で、最終的に、ビンタ一発もらって「それっきりミカとは会わなかった」でいったん二人の関係にはオチがつく。

それから正は小さな雑誌で仕事をするようになり、なんだかんだで文筆業として名をなした。実和子とはある時期から付き合い始めた。ということらしい。彼女の存在すら虚構なのではないかと疑うこともできるのだが。

正が小説家として有名になったので、ミカから一通の手紙が来た。それで、夜行に乗って会いに行く。それでこの物語は終わりである。

単巻完結だが、読み方によってどうとでも手ごたえの変わってくる作品であると思う。浅く読めば若造の恋愛話だし、これはSFなのだと熱弁をふるう読者もあるようだ。10回くらい読んでみたらまったく違う感想も出てくるかもしれない。まあとにかく、一巻分の値段であることを考えればお買い得な一冊だと思う。


ストロボライト

ストロボライト

原作・著者青山景
価格500円(税別)

君が好きになったのは、――本当に<私>?だから書かなくてはならない。知るために。夜行列車で‘過去’を書き続ける小説家・浜崎正。大学時代に出会った<町田ミカ>は、映画のヒロイン・桐島すみれにそっくりで……。現実なのか、夢なのか。交錯する過去と現在・夜行列車が向かうのは、どんな未来か。

今すぐ試し読みする