シークレットカノジョ【7巻ネタバレ】後に後悔する程の話を聞き逃してしまう主人公!?

シークレットカノジョ

漫画「シークレットカノジョ」第7巻の見所や感想をお届けしていきます!

7巻では再び薫と折戸が男女の関係へ。
七海を想像しないと興奮できない石橋教授。彼に萎えた折戸は薫を誘惑していく事へ。

一方、勝也の彼女である静香と接点を持っている事を知る薫。新歓での夜の事は内緒にしろと告げられていく。

動き出す人間模様。
さらに七海の過去を知る悪意のありそうな新キャラも登場して盛り上がりを見せていきますよ!

この漫画の試し読み
シークレットカノジョ

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「シークレットカノジョ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

シークレットカノジョ

シークレットカノジョ【7巻】ネタバレ

シークレットカノジョ

強引なナンパ野郎達から七海を守ってそのまま酔いが回って寝てしまった薫。目が覚めるとベッドの上。隣に七海。辺りを見渡してここが七海の部屋だと察していく。

無防備な彼女の姿を見て股間がふっくらしてしまう薫。

ムラムラしてきたので自分を抑える為に抜け出そうかと考えるが…タイミング良く七海も目覚める事へ。

『ん…まだ寝てる?』

寝たフリをしてやり過ごそうとする薫。すると部屋に充満していく良い香り。七海がご飯を作ってくれており、起こしてくる事へ。

膨らんだ股間を見て恥ずかしがる七海。

取り敢えず食卓に座って調理してくれた料理を頂く事へ。そして自ら切り出そうとする七海。

『気になりますよね…あの日の事…実はその…』

言いかけるとタイミング悪い薫は話を遮っておかわりを貰う事へ。彼は彼女が切り出そうとした事を聞いておくべきだったと後悔する事がモノローグで語られていく。

場面は勝也。
大学内で静香に求められて階段の踊り場で射精。その後、キャンパスのベンチに座ってまったりと会話する二人であった。

『勝也くん…私のドコが好きなの』

返答に困る勝也。
そもそも彼女に好きななどと伝えた覚えはなかった。

そんな中…二人の前を通る薫。静香の顔を見て気づく。第1巻で泥酔していた女性である事に。静香もあの時に介抱してくれたのが薫だと気づく。

再開を嬉しみつつ抱きついて耳元で囁く静香。

『先輩…あの日の事は内緒ですよ』

そして二人の前から立ち去っていく静香。薫は勝也と共に食事へ。静香に釘を刺されていたが勝也には新歓の時に泥酔した彼女を介抱した事を告げていく。

場面はラブホにいる折戸と石橋教授。

『あぁ…ななみ…』

折戸を求める石橋であったが彼の口から「ななみ」の事が飛び出していく。気分が悪くなってエッチを中断。萎えた折戸は石橋を残して立ち去っていく事へ。

コンビニへ買い物へ来ていた薫。
泥酔状態の折戸と遭遇。最寄りのホテルまで連れて行って休ませる事へ。

『それじゃ…俺もう帰りますね』

立ち去ろうとすると袖を掴んで慰めて欲しいと薫に訴える折戸。いつもの強気な態度とは違ってしおらしくなっていた彼女が放っておけない薫。

抱いて折戸を慰めようと考える薫はシャワーを浴びることへ。しかし、冷静になるとやはり置いて帰ろうと判断。そんな時…浴室へ折戸が入ってくる。

『私も一緒に浴びるわ』

来るなり、すぐに股間を求めてくる折戸。ベッドへ移動して身体を重ね合わせていく事へ。しおらしい彼女に興奮していく薫。

以前と違って主導権を握って折戸の身体を好き放題に堪能していく。

『ありがとう…四ツ谷くん…これはお礼…』

射精した薫の股間を丁寧にお掃除してくれる折戸。エロ過ぎて再び興奮する薫であった。

場面は別のホテルの一室へ。
ギャルをバック本位でガン突きしまくる勇人(ゆうと)といった男。同級生から連絡が入る。

『見ちゃったんだ俺…ほら高2の時のあいつだよ…西住だよ…ウチの大学にいるんだ』

それを聞いて興味を持っていく勇人。波乱の幕開けを匂わせていく。

シークレットカノジョ【7巻】感想

シークレットカノジョ

西住とは七海の苗字である。
やはり彼女には人知れぬ過去がありそう。一体なにを抱えているのか。モノローグでは薫も後悔する程の何かが示されていく。

勇人といった悪意のありそうな人間も登場して荒れそうな人間模様が示唆されていく第7巻。

彼女の抱える秘密がいよいよ明かされていきそうですね。目が離せません!


シークレットカノジョ

シークレットカノジョ

原作・著者革帯 / kyun ja
価格198円(税込)

休学が明けて大学に復学後、新歓合宿に参加した薫。やがて疲れ果て眠りにつき、目を覚ますと――そこには何故か見知らぬ女の子が!?それ以来、彼女のことがどうも頭から離れない薫。そんなある日、友人と酒盛り中に偶然の再会を果たすが、その背後には怪しい男の影が。すぐさま不審者を撃退する薫に、彼女はお礼を伝えると、そそくさと立ち去ってしまう。「もう止めてよ…」薫は気づかない。彼女の額に浮かんだ一筋の汗と、その隠された過去に――。

今すぐ試し読みする


※コミックシーモアで先行配信されています。ストア内の検索窓にて「シークレットカノジョ」と入力して検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

↓↓以下でシークレットカノジョのネタバレをまとめています↓↓
シークレットカノジョ【ネタバレまとめ】最新巻から最終回・結末まで公開中!