漫画「36度」ネタバレ感想!纏わりつくような男と女の大人な短編集!

36度

以前にも「R-中学生」という作品を紹介した、ゴトウユキコの短編集である。

R-中学生(1)

性に目覚める学生を描く!ゴトウユキコの漫画「R-中学生」1巻の内容やネタバレ感想

2017年9月2日

漫画「36度」あらすじ

この短編集は作品間の繋がりはないので、ネタバレに進もう。

漫画「36度」ネタバレ

いおりとちはる

主人公は不倫しているOL。相手は同じ会社の、だいぶ年上の男で、ごく普通に平和な所帯を構えている。娘がいるのだが、OLよりも年上である。

OLの方は「奥さんと別れて私と結婚」とかそういう要求をするアレではなく、爛れた関係を爛れた関係として受け入れ満足しているのだが、ある日異変が起こる。

なんと、不倫相手の男が娘を連れてきて紹介してきたのである。

いったい何を考えてのことなのか、これは流石にまずいんじゃないか、とOLの方が心配している。しかし実のところ、娘さんは相手が父親の愛人であることなど最初から承知の上である。

娘の方が何を考えていたのかはやがて分かる。なんと自分の父親の不倫相手を口説き始めるのである。同性愛者なのだ。OLの方はそんな趣味はないので断るのだが、「クンニだけでいいから……!」と猛追される。

なれた手つきで ちゃんづけで

漫画家が、アシスタントとしてやってきた若い漫画家の女の子と遊びでやってしまう話。実は男の方は既婚者なので、後日それがバレ、アシスタントの女の子は辞めてしまう。で、その後ことの一部始終を記した漫画がその女の子の名義で本に載る。男は、これは復讐だろうかと考える。

すてきな休日

父親が娘を動物園に連れて行く話。突き詰めればそれだけなのだが、なんとなく情念がドロドロした感じになるのはやはりこの作家ならではというところ。

おかしな2人

短い作品。会社の同僚同士で、若い男と女。男には妻がおり、女には婚約者がいる。会社では特に会話などしない。しかし週末になると二人で呑みに行き、そしてホテルにしけこんでセックスをする。ただそれだけの関係。あえて言えばセフレだろうが、それもなんとなく違和感がある。故に「おかしな2人」なのであろう。

犬、走る

犬山という名前なのであだ名が犬。同棲している女がいるが、いろんな意味で破局寸前。会社の同僚といい感じになって、口説くのだが、「恋人と別れる口実を作るために口説くんじゃない」みたいなことを言われて怒られる。その後、同棲相手とはきっぱり手を切ったが、口説いた相手とどうなるのかは不明のまま。ま、多分うまくいくのであろうが。

36度

表題作。主人公は32歳の漫画家。デビューから10年くらいの付き合いだった編集者(女)が異動になり、新しくすごいイケメンの若い編集者が付けられた。ちょろっと参ってしまって結局ベッドインするのだが、恋愛感情を匂わせたら振られた。そして、事態が会社にバレる。だが、男の方は実はとんでもないヤリチンで、女性漫画家ばかり狙って何人も食い物にしてきたゲス野郎であった。というお話。

漫画「36度」感想

36度

例外もあるがだいたいはセックスの話である。そして泥臭く、読み手にまとわりつくように重い。ラブコメではない。ラブロマンスでもないと思う。人間の、醜い情念のようなものを醜いままに描き切っている、そういう巧手だ。

出てくる人間が男も女も含めてだいたいろくでもないのがまたいい。褒めてないように聞こえるかもしれないがこれはこれで褒めているのである。ろくでもない人間をろくでもなく描いて、底の浅い描写に陥らずにいられるのは筆が立つ証なのだから。

収録作の中だと、「なれた手つきで ちゃんづけで」が一押しかな。そんなところである。


36度

36度

原作・著者ゴトウユキコ
価格800円(税別)

体の関係だけ。でも、純愛。……呆れるほどに、痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い恋愛。漫画版『夫のちんぽが入らない』『R-中学生』のゴトウユキコ、待望の初短編集!/32歳、漫画家、彼氏も出会いもなし。ミジメな捨て方をされて以来、恋に臆病になっていたけれど…。表題作『36度』を含む、心震わす短編6本を収録。

今すぐ試し読みする