鬼の花嫁【5巻ネタバレ】紅い瞳を持つ最強の鬼のあやかし…花嫁を傷つけた妖狐へ報復!

鬼の花嫁

漫画「鬼の花嫁」第5巻の見所や感想をご紹介!

伯父伯母と養子縁組をする為…実家へ戻る柚子。
そこでは両親からの迫害。両親の気持ちを知って悲しくなる柚子は実家を出ていく決意を完全に固めていきます。

さらに柚子に火傷を負わせた遥太に対して玲夜の静かなる怒りが爆発。

鬼のあやかしの頂点に立つ男の底知れぬ力も披露。鬼の花嫁となった柚子のシンデレラストーリーが本格的に開幕していきます!

この漫画の試し読み
鬼の花嫁

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「鬼の花嫁」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

鬼の花嫁

鬼の花嫁【5巻】ネタバレ

鬼の花嫁

玲夜が柚子の家族の前に姿を現す。
人外の美しさ、気高い覇気によってその場の空気が玲夜へ釘付けになっていく。

自分の花嫁に対して何様のつもりなのか…圧力をかけていく玲夜。彼を知る遥太は唖然とする。

『あなた様がなぜここに?』

部下の高道へ手続きを続けるように促す玲夜。高道は柚子を伯父伯母の養子縁組に必要な書類を出して説明。

既に話を聞いて了承している伯父と伯母。

『そうだ…もうお前達に柚子を任せておくわけにはいかん!』

柚子の両親と伯父伯母の言い合いが始まっていく。
平行線の口喧嘩…両親が柚子に意思を尋ねていく。一考して口を開く柚子。

『私はお祖父ちゃんたちの子になる…ここにいたら私は幸せになれないと思うから』

その言葉を聞いて柚子の父親が激昂。

彼女へ手を振りかざしていく。
父親に叩かれると思った柚子。そこへ玲夜が仲裁へ入る。柚子の父親に睨みを利かせる玲夜。

柚子の両親はまだ玲夜の素性をわかっていない状態。柚子を悪者にしようとしていく両親。

『お父さんもお母さんも自分達が悪いなんて微塵も思っていないんだ』

両親が自分を分かってくれない事へ悲しい気持ちになる柚子。

玲夜が両親を威圧して早く書類にサインをするよう急かしていく。その間に入って口を出していく花梨。

玲夜に対して他人が口を挟むなと敵対する意思を見せる。

『花梨…やめろ…』

彼の素性を唯一知る遥太。
何故、柚子の味方をするのか尋ねる。

『言ったはずだ…花嫁だと』

次の瞬間…玲夜があやかしの能力を見せていく。一瞬で炎に包まれる遥太。

燃える遥太の身体。
悲鳴をあげる花梨。柚子が玲夜の腕を掴んでこれ以上の仕打ちはやめて欲しいと懇願。

『私は大丈夫だから』

柚子に言われて遥太に纏っていた炎を消す玲夜。遥太を黙らせた後…養子縁組の手続きが滞りなく進んでいく。

目の前であやかしの能力を見せられた両親。もう何も言う事もく素直にサインへ応じていく。

無事に書類へのサインが終わって自宅を出る身支度を整える柚子。

伯母と共に荷造りをしている最中…遥太へ見せた冷酷な表情の玲夜へ恐怖が芽生える柚子であった。

『あれが玲夜の本当の姿なのかもしれない』

伯母も玲夜の冷酷な表情は怖かったが…柚子を見る時の目は優しいと背中を押していく。

不安はあったが新しい生活へ一歩を踏み出す決意をする柚子。最後に自分の部屋へ感謝の言葉を述べて実家を出ていく決意へ。

『遥太…ウソでしょ…遥太』

玲夜に燃やされて意識が目覚めない遥太を心配する花梨。ここで第5巻は終了。

鬼の花嫁【5巻】感想

鬼の花嫁

遂に爪弾きにされていた実家を出ていく決意を固めた柚子。両親との縁も切って伯父伯母夫婦の養子へ。

さらに今回は玲夜の能力が発揮。
妖狐のあやかしである遥太を軽々倒してしまう力には脱帽である。まさに最強と言われる鬼のあやかし。

只…プライドの高そうな花梨がこのまま黙ってるとは思えないんですよね。巻末に次巻予告がありましたが…ようやく花梨も玲夜の素性を知る模様。

鬼のあやかしのトップに立つ玲夜の素性を知ってどんな態度を見せていくのか今から楽しみですね!

家族に愛されて来なかった少女・柚子のシンデレラストーリーを描く作品。大人気の少女漫画にもなっています。この漫画を先行配信している「コミックシーモア」では執筆時点で2022年8月11日まで第1巻がまるごと読める無料版を配信中!

気になった人は是非、チェックしてみてくださいね!


鬼の花嫁

鬼の花嫁

原作・著者富樫じゅん / クレハ
価格143円(税込)

あやかしと人間が共生する日本。優れた能力と美しい容貌を持つあやかしたちは、時に人間の女性たちの中から“花嫁”と呼ばれる運命の存在を見出す。そして花嫁は、あやかしに繁栄をもたらす代わりに、あやかしからの絶対の愛を得るという――。妖狐の“花嫁”である妹を持つ柚子は、妹と比べられ、家族から愛されない日々を送っていた。我慢の糸が切れたある日、夜の街をさまよう柚子を、ある男が見出す。見たこともないほど美しいその人は、柚子を「俺の花嫁」と言い…!?

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「鬼の花嫁」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下で「鬼の花嫁」のネタバレをまとめています↓↓
鬼の花嫁【ネタバレまとめ】最新巻から最終回・結末まで公開中!