漫画「隣の悪女」4巻ネタバレ!悪女に翻弄され物語は死地へ!

隣の悪女(4)

玉木ヴァネッサ千尋先生の漫画「隣の悪女」最新刊となる第4巻の配信がスタート!物語はいよいよ佳境へ。4巻では第26話〜第35話までが収録。今回は遂に『悪女』こと花音が本性を現していく場面も…。

さらにこの漫画のキーポイントである『六本木心中事件』のベールが徐々に明かされる展開へ。

花音が主人公である桐太達の人間関係をズタズタに引き裂いていき、4巻では彼や彼女も花音の毒牙に…。急展開を見せていく物語で4巻のラストでは遂に桐太も窮地を向かえる事に…!?

この漫画の試し読み
隣の悪女

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!隣の悪女がもたらす究極のラブサスペンス開幕!

今すぐ試し読みする

隣の悪女(3巻)

漫画「隣の悪女」3巻ネタバレ!復讐を賭けた男の争奪戦が勃発!?

2018年12月19日

漫画「隣の悪女」4巻ネタバレ

冒頭は花音に翻弄されていく桐太、亜里子の様子が描かれていきます。二人の間を行き来しながら手の平の上で転がしていく花音。

亜里子には愛情を感じさせて、隣の部屋では桐太と同棲。両者の気持ちを巧みに操り、自分なしでは生きていけない…といった具合まで二人の深層心理に入り込んでいく花音。

そんな中、1人の男が単独で行動を起こしていきます。

踏み入れる六本木心中事件の現場…

その人物は桐太の親友でもある島袋。登場当初からどこか謎めいていた彼。何者かに電話で呼び出された島袋。桐太との思い出を振り返ったり、自分の家庭環境などを思い出しながら行き着いた先は六本木心中事件の現場。そして彼は一言…。

『来たよ、花音さん』

一家無理心中の起きた現場であり、現在は廃墟。中へ進んでいくと何者かに注射を刺されて気を失ってしまう島袋。

目が覚めると彼は首をロープで拘束されており、地下室のような場所で幽閉されていました。部屋から脱出の方法を示唆するような置き手紙も発見。

様々なヒントを得て幽閉された部屋から脱出の糸口を掴んでいく島袋。この場面からわかる事は花音は六本木心中事件の被害者…!? さらに島袋は一家心中を誘発させた張本人なのか!?

ようやく部屋から脱出する最後のピースを見つけた島袋でしたが…ピースをはめた瞬間…ロープが引っ張られていき彼は首を吊られる形へ。直接的な描写はありませんが、状況から見てここで島袋はジ・エンド!?

本性に気づくも嵌められる女…

続いては亜里子。
島袋が六本木心中事件の現場へ足を踏み入れる前『花音に気をつけろ』といった連絡をもらいます。

ここから亜里子は花音に対して疑心暗鬼に…。

そんな中、亜里子の部屋に訪れる花音。ここで亜里子は島袋が預かった伝言を直接、花音にぶつけてみる事に。そして亜里子の前で本性を露わにしていく花音。

桐太と隣の部屋で同棲している事…。さらに入籍届を出している事など亜里子の前で明かしていきます。ようやく花音に騙されていた事を知る亜里子。

彼女に詰め寄ろうとした時…。
花音はベランダから亜里子に押されたかのような偽装を図って落ちていきます。ここで久しく顔を合わせる事になる亜里子と桐太。目撃者もいた事から亜里子は花音を突き落とした加害者として警察の聴取を受ける事に…。

自宅待機となった亜里子。
あるニュースを思い出して、花音は親まで標的にする可能性がある事を危険視。自分の親が心配となった亜里子は地元の長崎まで飛んで行くことに。

亜里子の親は問題なかったですが、花音からメッセージに気づく亜里子。今まで葛藤もありましたが完全に花音を悪女と断定していく亜里子。残されたメッセージが証拠になるかも知れない。誤解が解けるかも知れない…そう感じた亜里子はメッセージが保存されているパソコンを警察に提出しようとしますが、突如パソコン内のデータが消失。

無実を証明する手立てが無くなり、自分にも嫌気が差した亜里子は豪雨の中、1人で外出…橋から川に身を投げだしていきます。

復讐の仕上げ…!?悪女の毒牙は遂に主人公へ…

桐太家族の仲睦まじい様子が描かれた後、一家は毒性の強い鈴蘭をにんにくと間違えて食しており、全員が倒れてしまう事態へ。

一方の桐太は怪我をした花音の看病、さらに怪我が治ると旅行へ出掛けていきます。幸せそうな二人。そして旅館で一夜を共にした翌日。

ドライブ中にドリンクを飲むと意識が朦朧として気を失う桐太。

目を覚ますと首にロープを巻かれている桐太。さらに場所は崖の上。隣には花音が…まさに窮地といった場面で4巻は幕引きとなります。

漫画「隣の悪女」4巻の感想

隣の悪女(4)

六本木心中事件の全容が明かされるかと思いましたが、全てはまだ明かされません。そして次巻の第5巻で完結。絶体絶命状態の桐太ですが、どうなるのでしょう…!?

心優しき主人公、桐太が復讐の対象になる意図もわかりませんし、島袋や亜里子も死んだ描写はないので生きている確率も微レ存。

次巻で全ての謎解明と衝撃の結末を迎えるらしいので今から楽しみ☆彡

この漫画は隣にやって来た美女・花音が関わる人間に復讐を仕掛けていく物語。そこには花音の過去が大きく関係している模様。謎めいた復讐物語が好きな人にお勧めしたい漫画。是非☆彡


隣の悪女

隣の悪女

原作・著者玉木ヴァネッサ千尋
価格551円(税別)

「あの子は大輪の薔薇だ その美しさで 人を魅了して誘き寄せ 血まみれにする」 大学生カップルの桐太と亜里子。半同棲する二人の隣に引っ越してきたのは高校時代に桐太が片思いしていた絶世の美女、花音だった。仲睦まじく暮らす二人。しかし、次第にその歯車は…? 「彼氏」「彼女」「悪女」の三つ巴狂騒曲!! 優雅で可憐。魅力的で蠱惑的。この世界は、何時の時代も悪女が回(こわ)す。何気ない平和な日常のすぐ隣に潜む非日常、隣人×サスペンスLOVEストーリー。

今すぐ試し読みする