嫌いな女子とキスをする【あらすじ・ネタバレ】虐げてきた相手に復讐…背徳ダークラブストーリーが開幕!?

嫌いな女子とキスをする

青年漫画「嫌いな女子とキスをする」見所や感想、ざっくりとした内容をご紹介!

期待の新作お色気漫画が登場!
お色気も有りつつ…しっかりとしたストーリーが軸にあるのも魅力の作品!

主人公である日高 空は同級生から虐げられる毎日。
そんな中…唾液を交わした相手を支配下における謎のジュースと巡り合っていきます。

キスで相手を思い通りに出来る魔法のアイテムを得た日高。彼は復讐へ利用するのか…それともハーレム的な日常を過ごす為に利用するのか…。

今までのお色気漫画にはない斬新な設定が読者を魅了して作品に引き込んでくれますよ!

この漫画の試し読み
嫌いな女子とキスをする

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「嫌いな女子とキスをする」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

嫌いな女子とキスをする【登場人物】

嫌いな女子とキスをする
登場人物
  • 日高 空(主人公)
  • 裏辻 幸也(日高をイジメる同級生)
  • 春原 美夜(幸也の彼女)
  • 堂上 真昼(委員長女子・日高の幼馴染)
  • 朝子(眼鏡女子)

嫌いな女子とキスをする【あらすじ】

嫌いな女子とキスをする

キスした異性を自分のものにする―そんな力を手に入れたら、自分をいじめる女子に復讐する? 好きな幼馴染を支配する? それとも…日高空は憂鬱な帰路をたどっていた。クラスの女子・春原美夜に脅され、明日までに1万円差し出すことを強要されていたからだ。そんな折、見覚えのない自販機を目にする。そこで販売されていたのは、飲んだ者に不思議な力を宿す“カミサマのジュース”。キスをした異性を自分の所有物にできるという。

嫌いな女子とキスをする【ネタバレ】

嫌いな女子とキスをする

1巻ネタバレ

冒頭、同級生の幸也から一万円を用意するよう脅される日高。

日高を脅すイジメはエスカレート。幸也の彼女である美夜はピアッサーを手にして有無を言わさず日高の耳へ勝手にピアスを付けようとしていく。

仕方なく彼らの願いを聞き入れる事を承諾して耳に穴が開くことは回避できた日高。

どうやって一万円を工面しようか悩んでいる中…自販機の前で眼鏡の女子高生が自販機を壊そうとする暴挙に出ていた。制止しようとする日高。彼女は日高の事を知っており、自販機の中にある「カミサマジュース」を取る事が目的だと明かす。

日高が止めに入った事で今回は立ち去っていく眼鏡女子。しかし、意味深な言葉ばかりを残していく。

その後、自販機からジュースが出てくる。
眼鏡女子の言う「カミサマジュース」であった。一方、美夜は中学時代の友達から堕ろす費用を貸して欲しいとお願いされていた。既に費用である10万円を工面する算段があった美夜。

その夜…美夜から明日朝一で体育館裏に来るように指示される日高。また仕事に出掛ける母親が勉強に使って欲しいと一万円を机の上に置いていってくれる事へ。母への罪悪感…自分の無力さに泣きながら母が作ってくれた食事を食べる日高。

翌日の朝。
指示通りに体育館裏へ向かうと…突然、美夜からキスされる事へ。

『激写成功!』嫌いな女子とキスをする

美夜の狙いは日高から友人の中絶費用をカンパする事であった。キス写真で弱みを握り、断るなら幸也へ見せると…。彼が怒れば…今回は只では済まないと脅していく美夜。

さすがの日高も度が過ぎる美夜の行動に怒りが芽生えていく。

美夜に反抗して金を返すように指示。その瞬間…美夜の首元に何かの印が浮かび上がっていく。さらに日高にしか見えない「カミサマ」が現れ…唾をつけたモノは呪力によって自分の所有物になる事を告げる。

つまりキス=唾液が交じる事で唾をつけた事になって美夜は自分の所有物へ。日高の指示に嬉しそうに従う美夜であった。

2巻ネタバレ

友人達に制止されて…日高の前から立ち去った美夜。
自分でも何故、日高に惚れっ気が出たのか不明であった。その後、幸也と合流。人気のない教室に移動して身体を絡み合う二人。

幸也に身体を触れられると寒気がしてしまう美夜。さらに脳裏では日高の表情が浮かんで心臓がドキドキ、バクバク状態へ。

『日高以外にさわられたくない…』嫌いな女子とキスをする

不思議と日高を意識してしまう美夜であった。

日高は廊下を歩いていると先生と遭遇。美夜を職員室に連れて来るようにお願いされてしまう。彼女と関わりたくなかったが先生のお願い。すると意識の中で美夜がどこにいるのかわかってしまう日高。

幸也と一緒にいた美夜と遭遇。
用件を伝えると…普段なら悪態をついて言う事など聞かないはずの美夜が…日高の指示を嬉しそうに聞いて職員室へ向かっていく。

放課後の帰り道…。
昨日、自販機があった場所に再び謎の眼鏡女子が立っていた。そして自販機は消えていた。

彼女に自販機から出てきた「ジュース」を見せる日高。
缶の裏にはジュースの効能が記されていた。少し飲んでしまった事を明かすと…眼鏡女子は日高がカミサマの力を得ているのではないかと疑う。

それを試してみようと日高の唇を奪っていく眼鏡女子。キスをした瞬間に身体を異変を抱き…さらに胸元には美夜と同じ印が浮かび上がっていく。

『私に命令して…』嫌いな女子とキスをする

日高の命令を本当に問答無用で聞いてしまうのか…指示を出して欲しいと訴える眼鏡女子であった。

3巻ネタバレ

眼鏡女子こと朝子の指示を拒絶しようとする日高だったが…命令しないと自害すると訴える朝子。

仕方なく日高は朝子の指示通り「口でご奉仕」するように命令。すると朝子は嬉しそうにして日高のアソコをしゃぶってご奉仕。

同時に「カミサマジュース」の力が本物である事が証明される。

自分の過去を明かし…男のアソコなど見たくもない…しゃぶりたくもないはずだった自分が悦んでシた事はジュースの力を裏付けるに値すると狂気的に訴える朝子。

相手の居場所も何となく把握出来る事を告げると朝子は日高と連絡先の交換をする事へ。

その後、自宅近くのコンビニで買い物をして外に出ると美夜と遭遇。

彼女は少し真昼と日高の関係に嫉妬しており…意地悪で真昼を貶めるような雰囲気を匂わしていく。

真昼を守りたい日高。
朝子の言っている事が本当ならジュースの効力は24時間。まだ美夜に効果が聞いているはず。そう思って美夜に命令する日高。

同時に朝子からメッセージ。
自分がどこに居るのか感じて欲しいと告げるメールであった。脳内で直ぐに朝子の居場所が再生される日高。彼女は線路の上を歩いていた。

『あの子…マジか…』嫌いな女子とキスをする

目の前では胸を曝け出すように命令した美夜が指示通りに上半身裸へ。

もっと命令して欲しいと問い詰める美夜。線路の上を不気味に歩く朝子。どちらを優先すれば良いのか葛藤。同時にカミサマジュースの力に恐怖を抱いていく。

4巻ネタバレ

忠実に日高の指示を聞く美夜。
カミサマジュースの力が本物である事に確信を得ていく。同時に線路を歩いている朝子の事が気になってしまう日高。

美夜を置いて彼は朝子の元へ向かう。
電車に轢かれそうだった彼女を助けると…朝子は日高が隠している本心を抉っていく。

君は自分と同じく異性を支配した願望を強く隠し持っていると。しかし、朝子の言葉を否定する日高。それでも朝子は日高に征服欲がある事をお見通し。

最後まで朝子の言葉を否定する日高であったが…自宅に戻って女性を支配している妄想をしながら自慰に耽ってしまう。自分は最低だと思い込んでカミサマの力はもう使わないと決意する日高であった。

翌日…美夜とキスして24時間が経過。
彼女の首元にあった不思議な印は消えており…昨日からの自分はおかしくなっていたと冷静を取り戻していた。

嫌いな女子とキスをする【感想】

嫌いな女子とキスをする

普通に面白い!
主人公である日高が「カミサマジュース」の力を利用して自分を虐げてきた相手に復讐をしていくのか…。お色気面もありながらストーリーも魅力的で引き込まれていく作品です!

あらすじには「ダークラブストーリー」と銘打たれているので日高がジュースの力を利用して女性陣を支配していくのか見所ですね。

また作品は全フルカラーかつ、絵も非常に綺麗なのが特徴!

お色気もありつつ…軸のあるストーリーも楽しみたい人にとって期待の作品になること間違い無しですよ!


嫌いな女子とキスをする

嫌いな女子とキスをする

原作・著者内藤らぶか / 真代屋秀晃
価格198円(税込)

キスした異性を自分のものにする―そんな力を手に入れたら、自分をいじめる女子に復讐する? 好きな幼馴染を支配する? それとも…日高空は憂鬱な帰路をたどっていた。クラスの女子・春原美夜に脅され、明日までに1万円差し出すことを強要されていたからだ。そんな折、見覚えのない自販機を目にする。そこで販売されていたのは、飲んだ者に不思議な力を宿す“カミサマのジュース”。キスをした異性を自分の所有物にできるという。ジュースの力で態度が豹変する・春原美夜。2人の関係を勘違いしてしまう幼馴染・堂上真昼。ジュースの力を知る謎の少女・朝子。支配と従順、背徳と純愛がせめぎあうダークラブ・ストーリー開幕!

今すぐ試し読みする


※コミックシーモアで配信されています。ストア内の検索窓にて「嫌いな女子とキスをする」と入力して検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。