けだものたちの時間【4話~5話ネタバレ】二人の関係性が大きく変わっていく!?

けだものたちの時間~狂依存症候群~

big brother先生の描く漫画「けだものたちの時間」第4話、5話の内容をご紹介。

今回の見所は愛理と今井の関係性が大きく変わっていく部分。そして愛理と父親の過去が明らかになっていきます。父親に対して復讐を果たす事に成功している愛理…。

しかし、過去に受けた傷は決して癒える事がなく、彼女を苦しめている辛い現状が明かされていきます!

この漫画の試し読み
けだものたちの時間~狂依存症候群~

漫画「けだものたちの時間」は「BookLive」にて配信中!初めて利用する方は50%OFFクーポン進呈中!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストア「BookLive」にて検索窓に「けだものたちの時間」と入力して絞り込み検索をすれば素早く作品を表示してくれます。

けだものたちの時間~狂依存症候群~

けだものたちの時間【3話ネタバレ】今井の悲惨な過去が明らかに…!?

けだものたちの時間【4話】ネタバレ

けだものたちの時間~狂依存症候群~

監禁から3ヶ月半が経過。
二人の関係は大きく変化を見せていた。愛理は普通に今井と共に食卓でご飯を食べていく。ある程度、対等な立場で会話もできる状況になっていた。

親から虐待、性的暴力を受けて同じ傷を持っていた二人。今井もだいぶ落ち着いてきたが夜になると母親にされてきた事を愛理にしてしまう。

悪夢を見ると愛理に暴行してしまいそうになる今井。

しかし、踏みとどまって自分の中にある葛藤を愛理に打ち明けていく。母親に復讐するつもりであった今井。しかし、復讐する前に今井の母親は自ら命を絶っていく。

『親が死んでも復讐はできるよ…あいりの復讐は終わったの』

愛理は父親から受けてきた性的暴力を今井に打ち明けていく。場面は過去の回想へ。中学生になってから勉強を教えるといった名目で愛理に近づいてくる父親。

ある日、母親が友人とランチに行った時、愛理は父親に無理やり犯されていく。母親は知っていて知らないフリをしていた様子が描かれていく。そして愛理の転機になったのが中学3年であった。

親友からメイクやお洒落を教えてもらう事で愛理の女子力は圧倒的に上がっていた。高校生になると成績も良くてモデルもこなすといった学校の誰もが憧れる存在になっていた。

それでも父親は愛理の事をブスと罵って愛理を犯す日々。

高校2年生になると愛理は正式に事務所から高校卒業後に専属モデルのオファーをもらう事へ。卒業と同時に東京に活動の拠点を移すことを伝えていく。

『はっ…ブスのくせに?』

苦笑いする父親。手に入れた「美」で父親から離れる力を勝ち取った愛理。悔しそうにする父親の顔を見ながら父を哀れむ笑顔を浮かべていく。

今井に復讐とは昔のことがどうでもよくなる程、自分の人生を生きる事だと伝えていく愛理。涙を流して聞き入る今井であった。その夜。

過去を忘れたはずの愛理。
しかし、生理になるとどうしてもお腹の痛みと共に父親にされてきた事がフラッシュバックして自分を押し潰そうとするのであった。ここで第4話は終了。

けだものたちの時間【5話】ネタバレ

けだものたちの時間~狂依存症候群~

バイトから帰ってきた今井。
監禁部屋を開ける。愛理が生理だと知ると優しく頭を撫でていく。どこか怯える愛理であった。

『…いやなの?もう触んないよ』

その日から今井が愛理に触れる事はなくなっていく。しかし、とにかく愛理を見てはニヤつく今井。それはそれで気持ち悪くドン引きしていく愛理であった(笑)

『だまされちゃいけない…アイツは誘拐犯でこれは優しさのマッチポンプだから』

生理の痛みを感じると父親との出来事が脳裏を過ぎってしまい精神的に辛くなっていく愛理。悪夢にうなされている今井が帰宅。

彼に父親にされた出来事がフラッシュバックして苦しむ日々がある事をカミングアウトしていく。

『殴られた瞬間だけが痛いわけじゃないでしょ』

同じ傷を持つ者だからこそわかる今井の言葉。愛理は家を出た後も父親との出来事で苦しみ、前に進む事が出来ない過去を語っていく。

男性恐怖症になっていた愛理。
合コンに誘われて参加しても男を見ると全て父親のような男性に見えてしまっていた。

『初めて付き合った人は優しい人だったよ」』

初彼との情事も今井にカミングアウトする愛理。彼女は彼氏を受け入れる事が出来なかった。本番になると好きだった彼氏さえも父親に見えてしまっていたのだ。

『触られることは奪われることで支配されること』

現在に至るまでずっと父親の幻影が付き纏っていた愛理。その話を聞いて今井はもう頑張る必要はないと声をかけていく。今井の言葉に心が癒やされていく愛理。

自然と彼の胸に抱きついてしまう。
今井もそっと愛理を抱きしめていく。愛理はホルモンのせいで身体が弱っているから今井に今はときめいているだけだと言い聞かせていく。それでも彼の優しさの中で包まれることに高揚感を得ていく愛理であった。

けだものたちの時間【4話~5話】感想

けだものたちの時間~狂依存症候群~

同じ境遇で体験を得た二人にしかわからない見えない繋がり。
誘拐犯で性犯罪者でストーカーであるはずの今井に心の癒やされを感じていく愛理。

ここから二人は依存し合う関係になっていくのか。最初と比べて関係性も大きく変わった二人。

同じ傷を持つ者同士の終着点がどうなっていくのか今後も楽しみな漫画です!


けだものたちの時間~狂依存症候群~

けだものたちの時間~狂依存症候群~

原作・著者big brother
価格165円(税込)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!? ※この作品は「comic RiSky(リスキー) Vol.1」に収録されています。重複購入にご注意ください。

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストア「BookLive」にて検索窓に「けだものたちの時間」と入力して絞り込み検索をすれば素早く作品を表示してくれます。