漫画「いじめるヤバイ奴」3巻ネタバレ!激動の修学旅行編…すれ違いまくる思惑!?

いじめるヤバイ奴(3巻)

中村なん先生が描く漫画「いじめるヤバイ奴」最新刊となる第3巻の配信がスタート。今回のメインは修学旅行編。仲島に好意を寄せる女子高生、青山と組んで白咲の苛め強要から脱却しようと目論む算段でしたが…。

それぞれの思惑が交錯し合うカオスな修学旅行へ発展。

さらに修学旅行中に白咲への苛めに対して邪魔が入る問題が発生。偽りのいじめっ子が真のいじめっ子を撲滅しようと探偵ごっこが開始されていきますよ!

この漫画の試し読み
いじめるヤバイ奴

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」で取扱いあり!冒頭ページを無料試し読み可能です。是非!

今すぐ試し読みする

いじめるヤバイ奴(2巻)

漫画「いじめるヤバイ奴」2巻ネタバレ!正気の沙汰じゃない虐めバトルが勃発!?

2019年4月9日

漫画「いじめるヤバイ奴」3巻ネタバレ

青山の人間性を探ろうと尾行していた仲島。ふと目を離した隙に背後に青山が現れて、背中を刺される描写で終わった2巻。結果は青山の冗談でナイフで刺された訳ではなくケチャップをつけられただけだった仲島。

青山も白咲を殺すといった過激な発言を撤回して穏便に社会に裁いてもらう事に賛成をしていきます。その後、青山宅に誘われて今までにない様々な施しを受けていく仲島。落ち着いて家庭的な青山の対応に幸せを感じていきます。

しかし、翌日…。
白咲を苛める為に利用しようとしていた首輪が無くなっている事に気づく仲島。満足のいく苛めができなかった事で放課後、白咲から『おしおき』を受ける事へ。

さて、どこに無くしたのか不明な首輪。実は青山が仲島からくすねており、青山には仲島に伝えていない裏の思惑があったのです。仲島を飼い慣らして思惑通りに動かせる。そして最終目標は当初と変わらず白咲を殺害しようと目論んでいた青山。

青山の裏の顔が垣間見えて、修学旅行が開始されていきます。

思惑が交錯するヤバイ修学旅行がスタート!

修学旅行編でクローズアップされていくのは仲島、青山、加藤、田中。

仲島は今までと変わらず白咲が満足いく苛めを旅行先の京都でも繰り広げていきます。

一方の田中。
以前、仲島の迫真の演技によって仲島の事をガチでヤバイ奴だと認識している田中。自分の正義を崩壊され震え上がるほど内心では仲島に恐怖を感じていました。

しかし新選組ゆかりの地である京都へ来た事で再び彼に正義の信念が宿っていきます。

そして青山。
彼女は復活した田中を邪魔だと認識。仲島へ接触する前に自身で田中を行動不能にしていきます。その後、白咲を煽っていく事へ。まさに覇王色を醸し出す2人。他生徒は2人の威圧感に震えが止まらなくなるほど(笑)

続いては加藤。
彼は田中の事をどこか勘違いしている節があり、手を組もうと打診。内心の思惑は大きく食い違いながらも仲島の件に関して2人は協力関係へなっていきます。

加藤は田中を襲った人物が青山であった事を知ると仲島の背後にいる黒幕は青山だと勘違い。彼女にターゲットを絞り、追い込む覚悟を決めていきます。

崖上の攻防…勝者は!?

夜になると肝試しならぬ「いじめ試し」が仲島主催で開催される事へ。同時にここで白咲からの苛め強要を断る宣言をする算段の仲島。

計画通りに物事を運ぶ仲島。
そんな中、田中が仲島の目の前に登場。計画が狂い出す事へ。

一方の青山は「いじめ試し」で森の中を歩く白咲と対面。同時にそんな青山を尾行していたのか加藤も姿を現す事へ。真のヤバイ奴3人が集合。

青山の煽りにブチ切れた加藤は太い木の枝片手に暴れまわっていきます。必死に逃げ回るフリをして崖の端まで加藤を誘導していた青山。手の付けられない加藤をまずは崖から落とそうとした瞬間…。

加藤、青山共に崖から落ちていく事へ。
2人を蹴落としたのは白咲。無表情で落として仲島の元に姿を現す白咲さん。作戦は破綻。さらにいじめ試しも行われなかった事で白咲のお仕置きを受ける事へ。

修学旅行で新たな問題が浮上…

激動の1日が終わり、翌日…。
担任から旅行において苛めができなくなったと伝えられる事に。どうやら修学旅行中に別生徒がガチの苛めをしており、大きな問題へ発展。教師の見回りが強化される事へ。

白咲を苛めないと自分の命はおろか、作戦も遂行できない仲島。

修学旅行中の問題となっている別生徒の苛めを調査、解決して自分が苛めやすい環境にしようと仲島は『いじめっ子探偵』となり苛め撲滅へ動きだしていきます(笑)

漫画「いじめるヤバイ奴」3巻の感想

いじめるヤバイ奴(3巻)

イジメをネタにしているがこれはギャグ漫画である(笑)
すれ違いまくる各々の思惑。仲島の矛盾しまくりな行動力。もう全てが面白い!シリアスな漫画ではなくギャグ漫画と認知して読むと本当に面白いので興味が出た人は是非、チェックしてみ下さい。

そして次巻では遂に仲島が白咲に決別の言葉を漏らす模様。

白い悪魔(白咲さん)が激怒するようなので、仲島の命運がどうなるのか…今から楽しみです☆彡


いじめるヤバイ奴

いじめるヤバイ奴

原作・著者中村なん
価格420円

ただの「いじめ」ではありません。仲島は、クラスに君臨する「いじめっ子」。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。暴虐の限りを尽くし、彼女は毎日いたぶられた。憑りつかれた様にいじめる仲島は、どこか狂っていた。──そう、狂っていたのだ。この「いじめ」の真相。仲島は、「いじめ」を強要されていた。いじめられっ子の白咲さんによって。加害者になるという未知の恐怖。悲劇とは、彼のことを言うのだろう。

今すぐ試し読みする