育児が辛いママは必見!漫画「育児しんどいマンガ」内容やネタバレ感想

育児しんどいマンガ

爽田するめ先生のコミックエッセイなのかな。漫画「育児しんどいマンガ〜もうママって呼ばないで〜」を読んでみたのでレビュー。これから子供を産むママ、新米ママ、育児真っ只中のママに読んで欲しい心に突き刺さる漫画になっています。

育児の大変さ、あるあるネタなど随所に盛り込まれており、電子マンガらしくスマートフォンからも読みやすい構成になっています。


漫画「育児しんどいマンガ〜もうママって呼ばないで〜」が読めるのは電子書籍のみ。以下から17ページですが無料試し読み可能となっています。育児のリアルが描かれています。


漫画「育児しんどいマンガ〜もうママって呼ばないで〜」ネタバレ

第1話:赤ちゃん

これからママになる女性の心情が上手く描かれているパート。子供と幸せに暮らす夢を見るもいざ産む時になると尋常ではない痛み。でも産まれて子を見ると痛みも忘れてしまう。

ママになった女性はおむつ替え、授乳、沐浴などを得て半年が経過する。

エンドレスに泣き続ける赤ちゃん。寝れない日も続くが初めて直立した時は疲れを忘れて写真、ビデオに収めるなど「あるあるネタ」が豊富で共感が持てる。

1話の後書きではこの漫画を描いた背景が書かれている。

第2話:お出かけ

子供を産んでから初めての母と息子の外出が描かれる。
2人で外を回る大変さってこうだよね。といった感じだ。あと友達と会い「専業主婦なんて勝ち組じゃん」と言われる。まだ育児の大変さをわかっていない友人の言葉に「えっ」なんて感じで反応する部分は育児を味わった方なら必ず共感できる部分だ。

第3話:イヤイヤ期

初めて向かえるイヤイヤ期だ。
何をしても言っても子供は「イヤ、イヤ」と応える(笑)

夫も仕事で疲れてすぐに寝てしまう。徐々に家族のコミュニケーションが軽薄に。

1歳半検診で子供は号泣、拒否、逃亡といった手のかかる行動を(笑)

遂にママの堪忍袋の尾が切れる。いつもは見せない怖い表情。子供の声掛けでハッと我にかえる。そして思う「子供を愛してないかもしれない」。

あとがきでは作者さんのイヤイヤ期の苦悩が。この時期は本当に辛かったらしく今でも1〜2歳のイヤイヤ期最中の子供を見ると「無理」と思ってしまうようです(笑)

第4話:パパ

これはもうあるあるだよねって話しになっている。
旦那は妻の大変さをわかっている。少しでも早く仕事を終えて手伝い。しかし、会社ではプロジェクトを持っており定時に仕事を切り上げることができない。

旦那もつらい。ママもつらい。でも言葉に出して言えない。

そんな2人が衝突。
ママの言い分は自由な身分で気軽に飲みに行けてもいいよね〜。旦那の言い分は仕事も頑張ってるし、その上での付き合いなんだ。2人は家族のために一生懸命頑張っている。しかし、ぶつかってしまう。

ママは子を連れ、しばらく実家に帰ることに。

第5話:帰省

帰省して体を休めるはずがまさかの…

二人目!?といった感じだ。

育児ママのあるあるネタもあり。
最初は子育てなんて簡単だろうと高を括っていたが現実はまったく甘くなかった。愛おしいはずの子供にイライラさせられたり、バクダンに見えたりと…。

でも自分の母と楽しく遊んでいる息子を見るとやっぱり可愛い。

第6話:母と娘

この話はちょっと怖い。
作者の特殊な家庭環境が招いた感情なのかもしれない。この話はかなり賛否両論があるだろう。最後の2ページは衝撃的だった。

でも、あとがきで作者が自分の親から解放された事が書いてあったので安心。最後の考えのまま育児してたらヤバかったよなぁ〜と身震い(笑)

第7話:二人目

旦那とは仲直り。
自宅に帰ることに。そして二人目の妊娠も確定。つわりがあっても息子の面倒を見なければいけない。子供なので大変さがわからない息子。

ついにボーダーラインを超えたと思ってしまうことが。

第8話:デトックス

息子を突き飛ばしてしまったママ。
本気で息子もおいて出ていこうとしたようだ。様子のおかしいメールだったので旦那が急いで帰ってくる。軽蔑覚悟で本心を旦那に打ち明ける。相談の末、病院に通ってみることに。

精神科で子供に対するイライラを先生に打ち明ける。

そして少し心が軽くなったように感じるママ。

第9話:私らしいってなんだろう

病院に行ってからの気持ちの変化、私らしいママといった事を考えるようになる話。

旦那からの一言。
そこから徐々に子供との接し方も変わってきたのかな。作者さんなりの答えが見つかり、幸せそうな感じが微笑ましい話になっている。

この漫画の試し読みは以下から
▼▼▼▼▼


漫画「育児しんどいマンガ〜もうママって呼ばないで〜」が読めるのは電子書籍のみ。以下から17ページですが無料試し読み可能となっています。育児のリアルが描かれています。


漫画「育児しんどいマンガ〜もうママって呼ばないで〜」感想

育児しんどいマンガ

育児が本当に無理…もう疲れて出ていきたい…いい母親って何…なんて人こそ絶対に読んでもらいたい漫画。絶賛育児中のママなど対象になる人は本当に心が軽くなる気持ちになれるはず。

絵はものすごくシンプルだけど内容はリアル。

賛否両論のある内容だろうが必ず共感できる人も大勢いるはず。あとパパになる男性が読んでもいいかも。作者の実体験をもとにした漫画なので育児の大変さがわかるはず。

育児つらい…でも共感してくれる人がいない…なんて時に読んだり、読み返したくなる漫画です☆彡


育児しんどいマンガ

育児しんどいマンガ~もうママって呼ばないで~

原作・著者爽田するめ
価格486円

憧れのママにようやくなれた私。幸せいっぱいのはずなのに育児ってハンパなかった。やがてこの小さな怪物に向けて心の中に黒い影が生まれて…。個人サイトで500万PVを記録した魂の叫びを『みんなのコミック』で再構成・連載した問題作。