漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」4巻ネタバレ!恋人の深過ぎる闇を前に自信喪失…!?

親愛なる僕へ殺意をこめて

漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」待望の第4巻の配信がスタート。女子大生殺害事件の黒幕であった佐井を出し抜き、逮捕させる事に成功した主人公のエイジ。

次なる目的は自分の中にいるもう一人の自分である通称『B一』の謎を追うべく行動に出ていくエイジ。

そんな中、4巻では恋人である京花の隠された過去、秘密が明かされていく事へ。彼女の闇を知る事になるエイジ。彼女を闇から救い出す事ができるのか…。そして京花とB一の関係は解明されていくのか…。女子大生殺害事件を解決しても謎は深まるばかりでさらなる面白味が増してきています!

この漫画の試し読み
親愛なる僕へ殺意をこめて

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」で試し読み可能!もう一人の自分の真実と愛する女性を守る緊迫の物語!

今すぐ試し読みする

親愛なる僕へ殺意をこめて(3巻)

漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」3巻ネタバレ!最凶最悪の敵と遂に決着!

2019年2月6日

漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」4巻ネタバレ

関係を拒絶したはずのB一と京花が一緒にメンタルクリニックに訪れていた疑惑を知るエイジ。そんな二人を知る人物であるカッパ頭の男に真相を追求しようとするも何やら持病の発作が発病して聞き出したかった事は闇の中へ。

そしてエイジは担当医師の診断を受ける事へ。

担当医師との会話で別人格である『B一』が訪れていた事は明白。エイジは医師にB一がクリニックに訪れている目的を探っていこうとしますが何故かはぐらかされてしまう形へ。

心の靄は晴れないままクリニックを後にするエイジ。そして恋人である京花から連絡。母親に紹介したいから来て欲しいといったお願いであった。

偶然にも知ってしまう恋人の秘密…!?

母親を紹介されて談笑。
そんな中、京花の母親と二人きりになる場面へ。京花の事を任されると同時に母親は口が滑って意外な事実をエイジに打ち明けていく事へ。

実は京花…現在の夫婦が京花7歳の時に養子として引き取っていたのです。つまり血の繋がりのない親子であった事が判明。ここから彼女の過去について知っていくエイジ。

京花は養護施設で育てられていました。護施設に預けられる前の状況はまったく語らないので義母も知らず。

そんな京花の境遇を知ってより愛情を深めるエイジでしたが、彼女のスマホにかかってきた番号を見て驚愕…。それはB一も通っているメンタルクリニックからだったのです。

京花に対して疑心暗鬼になっていくエイジ。

彼女はB一と結託して自分に嘘をついているのではないか…。エイジは心の靄を晴らすため、京花を尾行。養護施設に預けられる以前の彼女の過去も探っていく事へ。

想像以上の過去に驚愕!?

京花を尾行、探る事で彼女が育った児童養護施設に辿り着くエイジ。当時の彼女を知る職員と接触して施設にいた時、そして以前の京花について聞いていきます。

しかし、養護施設の職員ですら、施設に来る前の彼女を知らず…。

大きな情報を得られず、エイジは京花が施設に入る前に保護された公園を見て回る事へ。公園のトンネル天井に無数の『たすけて』といった文字を発見するエイジ。

京花の笑顔の裏にある深い闇を知ったエイジは京花と対面。過去を探っていた事を打ち明けて謝罪。同時に全てを教えて欲しい…語って欲しいとお願い。

涙を見せた京花はエイジを自分が育った団地へと連れて行きます。そして施設以前に生まれ育った場所を打ち明けていく事へ。

彼女は母親による虐待を受けており、押入れで生まれ育てられていたのです。当時の過酷な状況が明かされた後、彼女を救った人物の名前が語られていきます。

それはエイジの父親である『LL』だったのです。

闇が深すぎた恋人を救えるのか…!?

LLが何をして京花を救ったのかが明かされていきます。
同時にエイジは気づくことへ。目の前にいる恋人・京花はエイジではなく、殺人鬼LLの影を見て自分に好意を抱いているのではないかと…。

自分が最も憎むべき相手を敬愛していた恋人。残酷な事実に心が折れそうになるエイジでしたが、闇から彼女を救い出そうと決心。

そんな矢先、さらに爆弾を投下してくる京花。

続け様に『お父さん』を紹介すると言って押入れの襖を開けていきます。そこには佐井を出し抜く為に協力した白菱正人の死体があったのです。実は白菱と京花は本当の親子だったのです。

笑顔でとんでもない爆弾を投下し続ける京花。彼女を闇から救う自信を喪失していくエイジ…。ここで4巻は幕引き。

漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」4巻の感想

親愛なる僕へ殺意をこめて

別人格である『B一』の目的や謎を解明しようと行動に出ていたら恋人である京花の壮絶な闇を知ってしまったエイジ。ちなみに京花が生まれ育った団地には真明寺と書かれた表札もありました。これは真明寺麗に繋がる伏線なのかなぁ。

そして実の父親である白菱の死体…。
京花が殺したのか…。

別人格の謎を探るはずが恋人の闇と向き合う展開へ発展していく第4巻。佐井が起こした女子大生殺人事件以上の闇が待っていそう…。バイオレンス×ミステリーサスペンス好きの方は是非、チェックしてみて欲しい漫画です☆彡


親愛なる僕へ殺意をこめて

親愛なる僕へ殺意をこめて

原作・著者井龍一 / 伊藤翔太
価格600円(税別)

「人生は楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・浦島エイジ。だが彼は、人には言えない“過酷な運命”を背負っていた。その現実と向き合った時、彼は惨劇に巻き込まれていく―――。

今すぐ試し読みする