漫画「遺書、公開」3巻ネタバレ!遺書を配布した人物が判明していく…!?

遺書、公開(3巻)

序列と言われるクラスメイトの人気ランキング1位の女子生徒が自殺。彼女が残した遺書を巡って自殺の原因、追い込んだ人物を追求していく陽東太郎先生の人気作「遺書、公開。」待望の最新刊となる第3巻の配信がスタート。

3巻では自殺した女子生徒、姫山椿の彼氏であった赤崎の本性が白日の下に晒されていきます。また遺書に対する『疑問』がクラスメイトに出てきたり…。3巻終盤ではまさかの人物が遺書を配っていた…なんて匂わすシーンもあったり…。

遺書はクラスメイトに何を伝えて、何を目的にしているのか…姫山椿の死に関わる謎は深まっていくばかり…ではでは、『遺書、公開』3巻の内容をハイライトしていきます。

この漫画の試し読み
遺書、公開

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」で試し読み可能!学園ミステリーサスペンス好きは必見!

今すぐ試し読みする

遺書、公開(2)

漫画「遺書、公開」2巻ネタバレ!明かされる序列2位の生徒の本性…!?

2018年7月4日

漫画「遺書、公開」3巻ネタバレ

恋人の男は下衆かった…

姫山椿の彼氏で序列2位の男子生徒、赤崎。2巻で嘘をついている事を指摘されて窮地と共に本性を現していく結果に…。3巻ではそんな赤崎の本性をクラスメイト全員が知る事になっていきます。

簡単に言ってしまえばクラスメイト全員を見下していた赤崎。そして序列1位であった姫山椿と交際していた理由もかなり下衆い内容となっていきます。

赤崎が姫山椿と付き合っていた理由…
それは序列1位の女を落とすことができるか…赤崎はゲームに挑戦するかのような感覚だったのです。ちなみに赤崎の交際事情…実は姫山椿は盗み聞きしており、赤崎の本心を知っていました。

赤崎が姫山椿の自殺原因ではないか…そんな空気がクラス中に流れますがオレ様男、赤崎の弁解や遺書の裏の意図を汲み取った生徒の核心を突く発言に静まり返る赤崎とクラスメイトの面々。

赤崎の予想外の本性…交際していた二人の関係が平和でなかった結末はクラスに衝撃を与える結果になっていきます。

遺書に対するそもそもの疑問が浮上…!?

疑心暗鬼の中、遺書公開は続行。七人目の公開者として津島が選ばれる事に。津島の遺書には姫山椿と共通の好きなシンガーソングライターで盛り上がった内容が記載。

ここで椿の友人であった栗原といった女子生徒が遺書の文章にある疑問を覚えて発言していきます。

姫山椿といった女子生徒は直接知らない人物の事は必ず「さん」付けして呼ぶ事を明かしていき、津島が遺書を偽造しているのではないかといった疑問が浮かび上がる事に。

ただ序列21位の南條といった女子生徒の遺書にも知らないはずの作者が呼び捨てで記載されていたのです。この姫山椿の文面の癖から遺書に対して根本的な疑問がクラスメイトに過っていきます。

もしかしたら、遺書は姫山椿が書いたものではないかもしれない…。

では、一体誰が何のために姫山椿の体をして遺書を配ったのか…。クラスは遺書公開派と非公開派が対立していくことに…。

拗れていくクラスメイトの関係性…

なんだかんだ全員の遺書を公開していく事が決定する教室。続いては文堂と相畑といった生徒が遺書公開をしていきます。

相畑の遺書公開ではクラスメイトの関係性が拗れていくような方向へ。
2-Dといったクラスは序列が公開された事で序列で態度を変えた人、気づくことがない人、気づいていて何も言わない人と無意識に変化が起こっていたのです。

クラスでは序列の順位によって友達選びをしているのではないか…なんて議論も挙がっていき友人同士の関係性が壊れていく場面も…。

不登校生徒が見た真実が…!?

その後も遺書公開は続いていき各生徒の闇を垣間見るシーンがあったり…そんな中、廿日市が不登校生徒である絹掛といった女子生徒宛ての遺書があるのか疑問に感じて対面してみることに…。

そんな廿日市に付いていく池永と名取。

絹掛の自宅に着いた一同。
インターホンを鳴らしますが怯えて居留守を使う絹掛といった女子生徒。一度カーテンから覗く絹掛に気づいて笑顔をする池永のシーンなど。

ただ、池永の顔を見た絹掛はさらに怯える様子が描かれていきます。そして絹掛の回想シーンへ。

それは2年D組に遺書が配られた当日のこと。

実は学校へ登校して教室に入ろうとしていた絹掛。教室から出ていく人影を見ながら教室に入ると机には遺書が置かれていたのです。そして絹掛の脳裏に焼き付いている教室から出てきた人影…。

その人物はなんと………池永だったのです。

漫画「遺書、公開」3巻の感想

遺書、公開(3巻)

この漫画で廿日市と池永は一歩引いた目線でクラスメイトを見ている人物。池永に関しては序列22位で平凡過ぎて空気みたいな無害の存在感(笑)

絹掛の回想が正しいのなら遺書を配ったのは池永になりますが、その意図は何なのか…。

正直、今の段階で色々考えても誰が犯人で自殺に追いやった根本的な原因などはまったくわからないので物語が進んで解明されていく事に期待。

遺書公開と共に明かされていく生徒の闇…最大の謎である姫山椿を自殺に追い込んだ理由…。まだまだ謎だらけの漫画なのですが3巻で少しテンポも良くなってきてジワジワと真相に迫っていく感じが堪りません。

この漫画は表に出てこない隠れたメッセージを読み解くのが好きな人にお勧めしたい作品。試し読みも可能なので興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡


遺書、公開

遺書、公開

原作・著者陽東太郎
価格581円(税抜)

灰嶺中学2年D組は新学期に「2-D序列」と題したクラス全員の序列が記してあるメールが届く。しかし、“序列1位”の姫山椿はクラスの不穏な空気を打ち破る。姫山のおかげで普通のクラスになったかと思われた11月──。姫山が校内で自殺してしまう…。葬儀の帰りに教室に戻ったクラスメイト達の机に姫山椿から「遺書」が置かれていた! 死者からの「遺書」を巡り2年D組の闇が暴かれる!?

今すぐ試し読みする