嘘つきガールフレンド【5巻ネタバレ】嫌なのに反応する身体…快楽に抗えず…下僕にイカされる!?

嘘つきガールフレンド

漫画「嘘つきガールフレンド」第5巻の見所や感想をご紹介!

前回、酔った勢いで503号室を訪ねていく仁平。
彼の中で503号室=千晴の部屋だと勘違いしたまま。勢いで襲ってしまう女性は千晴ではなく学生時代の同級生でもある莉奈。

今回は突然彼に求められて次第に蕩けてしまう莉奈が描かれていきます。

拒絶するも快楽に抗えず…見下していた仁平でヨガりまくってしまう莉奈。この件がきっかけとなって二人の関係は大きく変わっていくのか!?

この漫画の試し読み
嘘つきガールフレンド

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「嘘つきガールフレンド」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

嘘つきガールフレンド

嘘つきガールフレンド【5巻】ネタバレ

嘘つきガールフレンド

莉奈のことを千晴と勘違いして身体を求めていく仁平。彼から突然キスされて焦る莉奈。

『千晴さん…俺は本気です』

首筋から攻めて胸に手が伸びていく。

胸の敏感な部分を刺激されて快感が身体に押し寄せてしまう莉奈。必至で声を抑えていく。これ以上は不味いと仁平の手を振り払う。

『本当に酷い人ですね』

拒絶された仁平だったが彼の暴走は止まらない。無視するなら勝手に身体を堪能すると告げてパンツを脱がしていく。

場面は莉奈の回想へ。
学生時代に意地悪をして仁平のパンツを皆の前で脱がしていた莉奈。

そんな事を思い出していると仁平が下半身の敏感な部分を舐めてきていた。

『ちょっと…』

抵抗しようとするが快感が先に走ってきて身体がヨガってしまう莉奈。

嫌なのに身体が気持ち良くて抵抗が出来ない。溢れてしまう愛液。それを察した仁平。次のフェーズへ移行していく。

『昨日喜んでた親指でしましょうか…いきますね』

仁平の言う親指とはアソコの事である。
背後からねじ込んでいく仁平。あまりの大きさに痛みを覚える莉奈。しかし、それが次第に快感へ変わってきてしまう。

これ以上は駄目だと察した莉奈。
遂に声を出して仁平へ女を勘違いしていると告げる。

しかし、酔っ払って正常な判断が出来ない仁平。突き放す為の嘘だと思ってさらに激しく腰を振っていく。

『何これ…ちょっと前までは痛かったのに…』

仁平のアソコの大きさに慣れて痛みが快楽に変わってしまった莉奈。抵抗が出来ず…そのまま身を任せて仁平のフィニッシュを受け入れてしまう。

終わった後に泣き出す莉奈。
泣いている彼女を慰めようとする仁平だったが…部屋から出ていくように忠告。

『ごめんなさい千晴さん…酔ってて正気じゃなかったようです』

莉奈が泣いている理由は見下していた仁平とのセ○クスが気持ち良くて悔しいからであった。

503号室を出て自分の部屋に戻る仁平。
そのタイミングで501号室に住んでいる千晴が廊下へ出てくる。仁平の人影を見て彼を見つめる千晴。ここで第5巻は終了。

嘘つきガールフレンド【5巻】感想

嘘つきガールフレンド

勘違いから莉奈を抱いてしまった仁平。
今後、二人の関係はどう変化をしていくのか…そして千晴も少しずつ仁平へ興味が持ち出していそうな雰囲気。

未だに503号室の住人は千晴だと勘違いしている仁平。
オーナーなのだから契約書を見れば一目瞭然だと思うのだが(笑)

現段階では莉奈が仁平へ恋愛感情を強く抱いているような場面はないので…これから関係も大きく変わっていくものと思います。

マンション三部屋のオーナーになって人生が大きく変わっていく仁平。甘く刺激的な彼の日常とエロスが贅沢に描かれる作品。興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね!

電子書籍ストア「コミックシーモア」にて先行配信されています!


嘘つきガールフレンド

嘘つきガールフレンド

原作・著者overlab
価格198円(税込)

彼女たちの嘘が…とんでもない事に発展――!?三ヶ崎 仁平はただの冴えない学生…だったはずなのに、たまたま始めた株が大当たり。若くしてマンション3部屋を所有する大家となった。そして入居当日、幸か不幸か学生時代に仁平を下僕扱いしていた莉奈と再会!最悪な日々が始まるかと思った矢先、今度は503号室を貸し出している住人から家賃延納の連絡。当然断ろうとするも、その住人がスタイル抜群の美女だと判明!大家という立場を利用して近づこうとするが…その美女の正体は…!?

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「嘘つきガールフレンド」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
嘘つきガールフレンド【6巻ネタバレ】指当てゲームを誘う隣人…事態は想定外の方向へ向っていく!