ガンニバル【6巻ネタバレ】徐々に明らかになっていく後藤家の秘密!

ガンニバル(6巻)

二宮正明先生が描く漫画「ガンニバル」最新刊となる第6巻

今回は子供達の救出に向かった大吾ですが、救出は失敗…さらに逃げる最中…後藤家最強の人物と接敵。悪の元凶に触れた大吾は銃口を向けていきます。

一方、後藤家の時期当主である恵介。そして弟の洋介。彼らの出生の秘密も明かされていく事へ。最初から最後まで緊張感漂う描写で描かれていく注目の内容。

この漫画の試し読み
ガンニバル

この漫画は電子書籍ストア「BookLive」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

BookLiveでの漫画検索方法

※移動先の電子書籍ストアの「検索窓」に「漫画タイトル」を入力する事で作品を素早く絞り込んで表示させる事ができます。

ガンニバル(5巻)

ガンニバル【5巻ネタバレ】人を喰う人間のベールが明かされていく!?

2020年1月29日

ガンニバル【6巻ネタバレ】

ガンニバル(6巻)

48話ネタバレ

大吾は娘・ましろが産まれた時の事を思い返して決心をしていく。子供達を救出して絶対に2人のもとに戻ると…。そして大吾は電動カッターを駆使して地下牢に繋がる扉の鎖を破壊していく。

一方、外で鳴り響く電動カッターの音に勘付いていく後藤家の面々。

鉄扉をこじ開けて地下牢へと突入していく大吾であったがもぬけの殻であった。しかし、つい先程まで何者かがいた跡が見れる地下牢。薬品に混じる獣臭から「あの人」が脳裏に過っていく大吾。

すると背後から恵介が登場。

『なんでおまえがここにおるんじゃ、駐在…勝手に入ってきよって答えてみぃ』

『おまえこそ答えろよ…子供達をどこにやった』

睨み合う2人。
恵介は地下牢の存在を誤魔化していく。そんな恵介に問い詰めていく大吾。『子供はもう処分したのか聞いてんだよ…』人間の処分などどうやってるすんだと返していく恵介。大吾は核心を突く言葉を放っていく。

『おまえらは人を喰ってるんだろ』

49話ネタバレ

『だったら何や言うんじゃ』

人を喰っている事を認めたかのような返答に凍りつく大吾。外では後藤家の面々が押し寄せていた。恵介は大吾に逃げるように伝えていく。逃げるサポートをしてやる。お前まで狩野みたいに殺される必要はないと語る恵介。

後藤家の面々が地下牢へ突入してくる。
しかし、中は恵介のみ。大吾は裏口からなのか…外へ逃げ出していた。命がけで踏み込んだ地下牢にて大吾の収穫は誰の者か不明な髪の毛数本であった。

子供を救えなかった自分自身に腹立たしさを感じていく大吾。

一方、侵入してきたのは駐在(大吾のこと)だと確信を持っている後藤家の面々。真といった男の怒りは頂点。山狩りで駐在を捕らえると意気込んでいく。

血気盛んな真を落ち着かせようとしていく恵介。そんな彼を見て岩男が口を開く。

『本当の所おまえは何を考えとんや?』

岩男は大吾を捕まえて祭りが終わるまで監視下に置いておくのが得策と語る。その後の処理方針は「あの人」に任せれば良いと告げていく岩男。そして大吾を捕らえる為、後藤家の面々が山狩りへ。

子供の救出は失敗に終わり、取り敢えず逃げる事を優先していく大吾。そんな彼の歩く頭上には木に登って待ち伏せしていた「あの人」の姿があった。

一方、地下牢で物思いにふける恵介。『俺は…この家を変えるんや』と呟いていく。

50話ネタバレ

突如、大吾に襲いかかっていく「あの人」大吾も気配に気づいて「あの人」の攻撃を躱していく。相手の手には鍬。大吾は拳銃。彼の額に拳銃を突きつける事に成功する大吾。

『動くな…おまえは何がしてぇんだ…何者なんだよ』

コドモと呟く「あの人」そして大吾の隙をついて攻撃を仕掛けていく。

一方、後藤家の面々は山中で銃声が鳴り響く音を聞いていく。場面は再び大吾へ。あの人に左腕を噛まれていた大吾。頭突きで応戦して口を引き剥がしていく。

そして直感で感じた大吾。

『おまえだな…全部おまえがやったんだな』

大吾は向かってくる「あの人」に銃口を向けて発砲していく。一方、供花村に到着していた署長。彼は5人の部下を引き連れて大吾の救出を目的として供花村へ侵入していく。

51話ネタバレ

署長と金丸の談話が描かれる。
わざと大吾を供花村に向かわせた金丸に不信感を抱く署長。

そして金丸が繋がっている人間が明かされていく。

彼は供花村の村長とパイプを築いていたのだ。村長の目的は後藤家を潰す事。

山中では署長が指揮を取る5人部隊と後藤家の面々が対峙。警察側は大吾を探している事を伝えていく。警察との衝突は避けたい後藤家。岩男の冷静な判断で場を去ろうとしていく。

去り際、後藤家の一人が警察支給のバッグを持っている事に気づく警察側。

場面は変わって金丸。
車両内で村長と談話。彼は狩野が犠牲になる前、最後の電話は自分としていた事を明かしていく。

52話ネタバレ

狩野に子供達の居場所を教えていたのは村長であった。金丸も探っていく。大吾の報告では子供はいなかった…。もう処分したのかと村長に問うていきます。

後藤家との関係を明かしていく村長。
彼は供花村の村長になるべくして育てられた人間。後藤家の深い部分に関してはまったく知る余地がなかったと語ります。まさに蚊帳の外状態であったと。

ただ、全ては後藤銀が仕組んだ事であり、今も後藤家はあのばあさんの手の上で踊らされていると語る村長。

『ただの装置に過ぎなんだ…僕も後藤藍も…本家の血筋を残していく…それだけの為の…』

一方、山中では警察の捜索部隊は後藤家と共に大吾の捜索を行っていた。署長にも後藤家が協力している旨を伝えていく捜索部隊のリーダー。

場面は変わって恵介。
彼は洋介のもとを訪れていた。洋介は後藤家のやり方に不満を感じていた。母親が正しかったと語る洋介。そんな彼に子供はまだ生きている事を伝えていく恵介。

ホッと一安心する洋介であったが兄・恵介に祭りを終わらせて子供を助けようと提案していく。

タイミング良く恵介に連絡。
相手は元駐在・狩野の娘であるすみれ。彼女は恵介に話したい事があると告げていく。

53話ネタバレ

『恵介…子供が出来たの…あなたとの…』

その言葉を聞いて速攻で電話を切って呆然とする恵介。

『俺がそんな資格ある訳ないやろ…』

気持ちの整理がつかない恵介。洋介の話途中で去っていく。彼の中で葛藤が生まれていく。

一方、後藤藍と京介。
京介は藍にもう何も考えず全て忘れて生きていこうと伝えていくが藍は否定。自身の本音を明かしていき、恵介や洋介出生の過去を思い返していく。

恵介達の父親は村長ではなく「あの人」であった事が明かされていく。後藤藍は「あの人」の子供を産む為だけに育てられた人間であった。村長も恵介、洋介が自分の子供ではない事を知っていた。

54話ネタバレ

後藤藍の過去が明かされていく。
洋介も産まれて成長していくと後藤銀は藍を「用済み」と称して処分しようとしていく。銀から呼び出されて子供と今後は関わるなと通達されていく藍。

今後、どうやって生きていけばいいのか銀に問う藍。祭りの日を最後に死ねば良いと伝えられる藍。絶望を感じていく。藍は最後の仕事として祭りに使われる子供の世話係を任命されていく。

そこで出会ったのが京介であった。

55話ネタバレ

過去の祭りの様子が描かれていく。
祭りの捧げ物として京介が出されていく。そして彼は「あの人」に顔の半分を食われていく事へ。

そんな最中、藍が祭りを妨害していく。

「あの人」の頭に火をつけて拘束される京介を助け出していく藍。

『全部あの婆ぁの思い通りにいってたまるかぁ』

銀が後藤家の面々に藍を殺すように命令を出していく。そんな時、藍を助けるのが次期当主であった恵介。そのまま京介を抱っこして笑いながら逃げていく藍。

山中で追い詰められて銀の手によって処理されようとしていく後藤藍。死を予感した間際、彼女の脳裏には恵介と洋介の顔が思い浮かんでいく。同時に銃声。

『待てや、ばあちゃん。母ちゃん殺すゆうんなら俺も死ぬぞ』

56話ネタバレ

恵介は銀に母親・藍を村から逃してやって欲しいと懇願。銀は自身の監視下に置くことで逃げす事を承諾。しかし、村の情報を漏らせば次はないと両者に伝えていく。

村を出たら京介を育ててみろと伝える銀。

その後、祭りも一段落して神社の正宗(宗近の父親)と談話していく銀。恵介に恐怖を感じていた。もしかしたら、いつか自分に牙を剥く存在になるかもしれないと正宗に語っていく…。

一方、母親である藍を生かす事で恵介の足枷になり、後藤家の為に動くだろうと目算していく銀。

最後、宮司である宗近に保護された状態で目が覚める大吾。ここで第6巻は終了。次巻へ続いていく。

ガンニバル【6巻の感想】

ガンニバル(6巻)

6巻の衝撃は恵介や洋介の出生の秘密ではないでしょうか。2人は「あの人」と呼ばれる人物の息子であった事が判明。一体、供花村や後藤家が隠す「あの人」とは何者なのか…。

また初めて恵介が自身の気持ちを吐露する場面も描かれていきます。犠牲なしには終わらないであろう物語。大吾が犠牲になるのか…恵介や洋介が犠牲になるのか…。

まだベールに包まれている部分もあり、見逃せない展開続きである作品。カニバリズム系パニックサスペンス漫画。ドス黒い空気感の漂う作品になっており、好きな人は本当にハマる漫画です。是非、気になった人はチェックしてみてください☆彡


ガンニバル

ガンニバル

原作・著者二宮正明
価格500円〜(税抜)

山間の村「供花村」に赴任してきた駐在・阿川大悟。村の人々は大悟一家を暖かく受け入れるが、一人の老婆が遺体で見つかり、大悟は村の異常性に徐々に気付き、ある疑念に囚われる…。「この村の人間は人を喰ってる」──。次々と起きる事件、村に充満する排除の空気、一息も尽かせぬ緊迫感で放つ、驚愕・戦慄の“村八分”サスペンス堂々開幕!!

今すぐ試し読みする


BookLiveでの漫画検索方法

※移動先の電子書籍ストアの「検索窓」に「漫画タイトル」を入力する事で作品を素早く絞り込んで表示させる事ができます。

ガンニバル ネタバレ関連記事