夢で見たあの子のために【8巻ネタバレ】ラストに重要人物登場…スリリングで手に汗握る攻防!?

夢で見たあの子のために(8)

漫画「夢で見たあの子のために」第8巻である。
特筆するようなことではないのだがあえて書くと、ピスタチオヤクザの出番は無し。

夢で見たあの子のために【8巻】あらすじ

夢で見たあの子のために(8)

ストーリー的にはかなりややこしいことになっているのだが、すごくざっくり書くと、若い刑事「若園」が中心となっていろいろ情報が錯綜したり出来事が起こったりする巻である。

前巻で突然出てきた、彼の身体に「火」の形の傷があるという伏線についてもちゃんと解説されている。

夢で見たあの子のために(7)

夢で見たあの子のために【8巻】ネタバレ

夢で見たあの子のために(8)

まずは一登に子供がいたのが分かった、という場面の続きから。千里は感動のあまり涙を流すほどその事実を喜んでいる。

自分に甥がいたのがうれしいという話ではなく、一登が人間らしい感情を持っていたり人間らしい人生を送っていたりすることがうれしい、ということらしい。

その後、「マスクマン」(5巻紹介参照)の仲間と接触をはかり、いろいろと情報交換をはかることになる。かいつまむにはややこしいので話は飛ばすが、次のシーン、火の男が出てきて、そこに若園が姿を現す。

悪党と刑事なわけだが、なんと二人はグルであり、火の男は若園を「相棒」と呼ぶ。千里を手下にすることには失敗したので、若園をその代わりにした、という話の流れであるらしい。火の男には何か目的があるらしいのだが、それはよく分からない。

さて、ここで若園の長い回想がさしはさまれる。

そもそも、若園の父親も刑事だったのだが、火の男によって殺害されている。その父親というのはただの並大抵の警官ではなく、武術の達人だったのだがそれでも殺されてしまったのだという。たぶん一対一の状況で。火の男はやたらめったらに強いのである。

それから若園は孤児院(千里がいたあの孤児院)に入り、武術を独学で修めた。その後成長を遂げ、たまたま街で遭遇した火の男のアジトを突き止め、父親の遺品である日本刀をひっつかんでかたき討ちに出かけた。で、見事に返り討ちにされ、肩に「火」という傷を刻まれた。それでも殺されなかったのは、若園自身が命乞いをしたからである。

この命乞いの内容がなかなか傑作で、自分はお前にかたき討ちをする権利があるのだから俺が強くなってかたき討ちを果たすまで待っていろ、とかなんとかいう内容だった。そんなだから逆に火の男に気に入られたらしく、若園はその場は見逃され、その後刑事になったというわけである。

さて、次は百宮金融の金海という男が殺された件についてである。

「模倣犯」の犯行であるとされているのだが、犯行の状況をいろいろ分析した結果として、「模倣犯の正体は若園である」という事実がほぼ突き止められた。警官だから、相手を油断させて殺すこともできたというわけだ。とんでもない話ではあるが。

さて、この情報が手に入ったところで、若園の刑事としての相棒である女刑事の多治見が千里に接触してくる。また事件があったとかで、特別にその現場を見せてもらうことになる。若園と火の男のしわざであるらしい。

次に、一登のアジトだった場所のひとつを、千里の仲間の三バカが発見する。いろんな情報と、バイクが一台手に入った。

そして今巻のラストシーン。満を持してというか、一登が再登場する。で、若園がそれに対し、「一緒に火の男を殺そう」とか言い出す。8巻はそこまでである。

夢で見たあの子のために【8巻】感想

夢で見たあの子のために(8)

正直言って長く続きすぎてダレてるみたいな感じがしないでもなかったのだが、この8巻は急になんていうかスリリングな展開が続いてとても面白かった。

物語はやっぱりおそらく佳境に入っているのだろうとは思うが、ここまで来たからにはぜひ無事完走を遂げてほしいものである。

最後までこの物語に付き合っていきたい。


夢で見たあの子のために

夢で見たあの子のために

原作・著者三部けい
価格638円(税込)

幼少期に家族を惨殺された中條千里は、ただ復讐を果たすためだけに生きている。生活の全て、学校の全て、復讐という目的を果たすのに必要な力とお金を得るため、自分が汚れるのも厭わない…。心配する幼馴染み、残された肉親の思いも振り切って果たそうとする、人生の全てを懸けた復讐劇の先にあるものは、果たして千里に何をもたらすのだろうか?メディアミックスで話題になった「僕だけがいない街」の著者が新たに紡ぎ出すヒューマン・サスペンスがここに開幕する!!

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストア「BookLive」にて検索窓に「夢で見たあの子のために」と入力して絞り込み検索をすれば素早く作品を表示してくれます。