かつて女の子だった人たちへ(ネタバレ)あらすじ・最終回の結末・最新話のまとめ

かつて女の子だった人たちへ

コミックシーモアで先行配信されている女性漫画『かつて女の子だった人たちへ』配信されている各巻の内容、ストーリーをざっくりとしたご紹介。

メインキャラは表紙の二人である令美
読むとわかりますが、令美は性格最悪。幼馴染の弓を見下し、彼女の好きになった男性は根こそぎ奪う性悪女です。

ストーリー序盤も令美は弓が気になっている男性・松田を唆し、距離を近づけて自分のモノにしてしまう所業。弓はこのままでいいのか…彼女の華麗なる復讐と言うか大逆転劇が見たい!

コミックシーモアで先行配信中!

かつて女の子だった人たちへ
  • 会員登録で70%OFFクーポン貰える!
  • 最新話がいち早くコミックシーモアで読める
全巻無料立ち読み可能

『かつて女の子だった人たちへ』の登場人物

  • 久原令美(くはら れみ)
  • 仁藤弓(にとう ゆみ)
  • 松田敬士(まつだ たかし)

『メリーさんの推し』の登場人物

  • 浅見 芽里(メリーさん)
  • レイキ(芽里の推しメン)
  • (芽里の友人)
  • トモカ(ライブで出会った女性)

『かつて女の子だった人たちへ』のネタバレ

かつて女の子だった人たちへ

1巻ネタバレ

自分磨きに余念のない令美。会社でも上司のお気に入り女子として地位を確立しています。ただし、会社では女性社員から目の敵にされています。ブスを見下し、綱渡りが上手な女性といった印象。

一方、もう一人のメインキャラクターである弓。同僚の松田に今夜の件について都合がつくか尋ねます。笑顔でOKサインを出す好青年な松田。

令美と弓は幼馴染。その夜、弓は令美を食事に誘って松田を紹介。弓の思惑は令美に松田を良い男かをチェックして欲しい事であった。弓が気になっている男性である松田。人当たりは良し。

同時に令美も松田へ興味を持ってしまう。最終的には「この男、欲しい」といった感情が芽生え、弓から松田を奪う決意。お喋りする中でも弓が自分を持ち上げてくれるので好感度ばかりあがって気分も良くなる令美。

そして弓がお手洗いに立った時、令美は松田と連絡先の交換。後日、弓の件で相談があると二人きりで会う約束をします。その当日…弓の好きな人は自分がもらうと意気込んで松田とデートを開始。

アロエ

令美を見て和田依子先生が描く「親友は悪女」の悪女である妃乃が真っ先に思い浮かびました。令美と妃乃は本当にそっくり!

ストーリーも少し似てて親友は悪女も面白いので、この作品が好きな人なら絶対に楽しめるはず!

2巻ネタバレ

冒頭は令美の家族背景。幼少期の思い出。そして彼女の中に秘める弓への感情が明かされていきます。昔から弓は自分より下であるべきだと考えていた令美。学生時代は弓の好きな人を片っ端から奪うといったクソ嫌な女です(笑)

そして松田とのデート。
サクッと一夜を共にして二人は男女関係へ発展。同棲を仄めかすと松田はあっさりと承諾。二十代の内にいい男を捕まえる事が出来たと有頂天へ。

会社でも相変わらず同僚女性に嫌われ、男性社員からは心配される立ち位置の令美。その後、弓と合流。来週、松田と二人きりで買い出し係になったとはしゃぐ弓。

その様子を見ながら内心では弓を見下し…買い出しの当日へ。令美はこの日に弓へ現実を思い知らせてやろうと考えていました。

松田が弓との食事中。彼をレストランの外に呼び出し、弓の見える場所で松田とイチャイチャ。弓から松田を奪った優越感に浸る令美。

アロエ

令美の性格悪すぎ(笑)
学生時代と同じく、結局は好きな人を弓は令美に奪われてしまうのか…松田もチョロい…。

3巻ネタバレ

令美は弓にわからせる為、彼女へメッセージを送ります。松田から告白されて付き合う事になった旨を弓へ通達。さらに松田とイチャラブする中で結婚前提で交際して欲しい事を伝えておきます。

同棲の約束も取り付け…いざ松田との同棲生活が開始。華やかな生活を夢見ていましたが同棲生活が極一般的。さらに松田と生活する中で彼に対して少し心配になる部分も出てきます。

先輩頼りでFXに手を出そうとしていた松田。さらに彼の物言いが父親そっくりで嫌悪感を抱く場面も…。

しかし、松田のスペックは上玉。彼を逃したくない令美は松田の携帯にGPSアプリを仕込んで常に監視。そんな中でオフィスでも家でもない位置にいた松田。電話も出ない。連絡が来たと思えば会社だと嘘。

松田が自分に嘘をついて女の所へ行くと確信を持つ令美。

アロエ

令美も松田もどっちもどっちといった感じ(笑)
女癖の悪い松田。性格最悪の令美。絶対この二人が結婚しても上手くいく訳ないと思わせてれくます。

4巻ネタバレ

目まぐるしい展開が訪れる4巻。松田への疑念が生まれる令美。途中、弓から連絡が入って彼女は令美と松田の二人を応援すると伝えていきます。令美は彼女が諦めて傷ついた様子を察して内心で優越感。

だからと言って松田への怒りが収まるはずもなく…苛立ちが募り、つい本性を仕事場の男性社員に見せてしまいます。この日を境にして女性社員、男性社員からも少し距離を明けられる令美。

ただ、令美は松田といった上玉の男がいるので将来は安泰と安心しきっています。それでも松田の怪しい行動の真相を探る為、スマホを覗き見。彼が浮気している事実を突き止めます。

松田を尾行して浮気相手を見て驚愕する令美。令美からすると相手はぽっちゃりブスでした。松田の前に出ていって口論。ここで松田は弓の話題を出します。

何故、弓が出てくるのか…さらに松田から弓に関する衝撃の事実を聞かされる事になる令美。理解が追いつかずに混乱状態へ!?

アロエ

遂にキタ!ここから過去、ずっと令美に虐げられてきた弓の逆襲が始まるのか。実は水面下で弓が動いていた事が明白になった今回。

性悪女の令美がどこまで堕ちるのか…これから超見ものですね!

5巻ネタバレ

前半は弓の令美に対する感情が明かされます。弓にとって令美は誇りを持てる幼馴染。同時に彼女にねじ伏せられ、好きな男性を取られてきた恨みを抱えていました。

そして弓が令美に松田を紹介した経緯も描かれ、令美から連絡の入った弓は彼女と対面を果たす事へ。

裏で弓が糸を引いていたと解釈していた令美。弓と対面して開口一番で彼女へ不満をぶつけていきます。しかし、弓は冷静に淡々と説明。令美は勘違いをしている。私は松田を紹介しただけだと。

自分を見つめ直す良い機会になっただろうと彼女へ伝える弓。最後は今までずっと令美が見下していた事を知っていたと伝えます。それでも令美が好きだった事を伝え、最後は彼女と縁を切る言葉を伝えて立ち去る弓。

松田も逃げてしまって負債だけが残ってしまった形になる令美。とにかく逃げた松田を捕まえて話をしようと彼の勤める会社へ足を運ぶ事へ。ちなみに松田は出社しておらず、社員から沢山のお金を集金していました。

結局、松田の足取りは掴めず…腫れ上がった目は眼帯で隠して出社する令美。しかし、今まで同僚達を見下してきた令美に天罰が下っていきます。

誰も彼女を心配する者はおらず…プライドが傷つくような噂まで社内にはたっていました。

アロエ

弓の逆襲成功!凄く冷静に自分の感情を伝える弓が逆にちょっと怖かった。彼女と縁を切ってしまった弓はもう登場しないのかな…。

逆にカーストトップだと思っていた令美はどん底へ堕ちる事へ。彼女の人間性に変化は現れるのか…次巻はどうやら令美が母親に助けを求める模様!?

6巻ネタバレ

6巻で令美を主役としたエピソードは終了を迎えていきます。冒頭、過去の令美の家庭環境が描かれていきます。

母を罵る父親。夫のモラハラで心が歪んだ母親。そして母は令美へ「可愛い」を追求させる事を強いていきます。

松田の足取りも掴めず金銭面で苦しかった令美。久しく母親へ連絡。いきなり母に借金の相談はできないので近況報告と一時的に荷物を預かって欲しい事だけを伝えていきます。

この母との会話で一つだけ共通認識があり、はじめて母と言葉が通じ合った気がする令美。

引っ越して新たな生活が始まると同時に異動を命じられる事になる令美。新たな部署は退職を待つ古株が集まる部署。

既に会社に味方が誰一人いない令美。周りは彼女の異動をあざ笑い、孤立。それでも借金がある為、転職は出来zず、雑務部署でつまらない日常を過ごす令美。

その後、松田が詐欺の容疑で逮捕された連絡を受けます。こうして全てを失った令美。ある日の昼休憩中、人気のない場所で昼食を食べようとすると雰囲気が弓のような同僚を発見。

彼女との会話によって自分の価値観が両親に歪められていた事を初めて知る事になる令美。これによって人間性を変えるキッカケを掴み、令美編は幕を閉じていきます。

アロエ

悪女的な令美が一度全てを失って、大切なモノに気付かされるストーリーが展開された令美編。今回で一旦の区切りを迎えていく形になりました。

また彼女をメインとしたエピソードが今後展開されるのか不明ですが、次巻からは新章がスタートする事が巻末に告知されていました。

女性読者の共感や感情を揺さぶる今作は人気も評価も高いので気になっていた人は是非、チェックしてみて下さいね!

7巻ネタバレ

7巻からは「メリーさんの推し」といった新エピソードが展開されます。通称メリーこと芽里はコンカフェで推しメンであったレイキがアイドルデビューする事を知らされて歓喜。

芽里はレイキを応援して1年が経過。
1年間、応援し続けた推しメンが念願のアイドルデビューをする事になって、早速イベントへ足を運ぼうと考える。

芽里は友人である唯を頼って一緒にライブへ行って欲しいと懇願。そしてレイキが所属するグループである「ミルキー」がステージへ登壇。

最前列で必死にレイキを応援する芽里。ライブ後の撮影会では何度もチケットを購入して撮影に臨む芽里であった。

レイキから頼りにされているような言葉を投げかけられた感動する芽里。その瞬間が最高であった芽里。しかし、ある雑談掲示板では芽里が叩かれる状況になっていた。

アロエ

新章がスタート!
推し活に精を出す芽里。推しメンであるレイキとの関係は順調のようですが…レイキが所属するグループのファンからは煙たい目で見られていた芽里。

最後に芽里がSNSで叩かれている様子が描かれていましたが…これからどんなストーリーが展開されるのか!?

レイキは芽里を大切に思っていそうですが、完全なるリップサービスなのか…。今後の展開に期待が高まりますね!

8巻ネタバレ

「メリーさんの推し」第2話となる第8巻。
友人である唯からネット掲示板で自分達が晒されている報告を受ける芽里。ネットで自分が叩かれている事を知って驚愕。

唯にも迷惑メッセージなど送信されており…唯を巻き込んでしまった事を深く反省。炎上を境にして芽里はライブに行く事も一旦休憩。

そんな中、推しメンであるレイキからメッセージ。
最近はライブに来てくれない彼女を心配してのメッセージであった。その言葉を受けて再びレイキを応援する為、ライブ会場へ足を運ぶ決意をする芽里。

少しイメチェンをして会場に足を運ぶ芽里でしたが…ネット叩きが脳裏を過ぎって億劫な気持ちへ。

そんな時、トモカといった女性を声をかけてくる。騒動を知っていたトモカ。只、彼女は芽里の味方である事を主張。

仕切っている古参ファンを知っているから誤解を解けば場所に馴染めるはずだと芽里へ伝えていきます。

アロエ

最後に登場したトモカといった女性。何か臭うんですよね。本当に味方なのか…それとも炎上の黒幕は彼女なのか…。

とりあえず推し活はお金もかかって、ルールを破ると叩かれるといった恐怖が今巻では凄くわかる内容に仕上がっています。

ただレイキを応援したいだけの芽里。今までのように楽しめる推し活に戻れるのか!?

9巻ネタバレ

芽里はトモカに古参ファンである「ミヤナ」といった女性を紹介してもらいます。ミヤナに気に入られようと以前の件を謝罪。納得してもらえて無事に仲間入りを果たします。

トモカに救われる形になった芽里。
さらにトモカからレイキ以外に最推しがいると告げられます。誰かは聞き返しませんが…とにかくトモカのおかげで再び推し活に精を出せるようになった芽里。

仕切り古参であるミヤナの裏話をトモカから聞いて…思う部分はあっても当面はミヤナに従う事を決意。またトモカから最推しメンバーを聞き出す事にも成功します。

推し活をするにも色々とルールがある事を知っていく芽里。

一方、少しずつレイキの事を推しメンバーから「男」として見るようになってしまう芽里。欲まみれの恋愛感情は持つべきではないと頑張って自制。

芽里の推し活は順調でしたが…一つだけ悩みが出てきます。それは「お金」です。推し活によって貯めていた貯金も底をつき…推し活費用の捻出に課題となります。

アロエ

何だかまだまだトラブルも起こりそうな予感。そして芽里は遂に推し活費用の問題へ直面していきます。

次巻予告では推し活費用を稼ぐ為…自分の身体を売る行為に走っていく芽里が描かれていました。

推し活の為に悪い方向へ進んでいきそうな芽里。彼女にどんな結末が待っているのか今から楽しみ♪

10巻ネタバレ

メリーさんの推し編としては第4話となる第10巻。
芽里はさらなる推し活代が欲しくて、トモカへ相談。お金の工面に悩んでいた芽里に対してトモカは現場へ行くのを減らしてみてはどうかと提案。

しかし、レイキが他の女子を優先する事を恐れた芽里は、どう推し活代を捻出するか葛藤。

そんな時、レイキから直接メッセージが届きます。彼の用件は相談したい事があるので会って欲しいといったもの。

その夜、お忍びでレイキと対面した芽里。彼の相談は自分に自信が持てなく…今のグループを脱退しようかと言う重たい話でした。

彼が自分にだけ弱音を見せてくれた事で特別感を抱いた芽里。もっとレイキを支えなければいけない使命感が芽生えていきます。

レイキの相談後、副業を探していると「ウリの子」と間違えられて声をかけられる芽里。彼女はお金欲しさに…!?

アロエ

推し活代欲しさで身体を売ってしまう芽里。その後、怖い人達が芽里に接触してきて彼女は人生でもっとも怖い体験をしていきます。

これに凝りてウリは止めるのか…しかし、レイキを支える為にお金だけは欲しい芽里。なんだか悪い方向に彼女が進んでいるようにしか見えませんね。

巻末に次巻予告があるのですが、芽里にとってかなりの転機が訪れそうな予感!

11巻ネタバレ

メリーさんの推し編として第5話となる11巻。今回、芽里とレイキの関係に大きな進展が訪れていきます。

芽里は推し活代を稼ぐ為、風俗嬢になっていきます。

稼いだお金でレイキを支える芽里。同時にレイキに対する気持ちに葛藤が生まれていきます。そんな中でレイキから週末に会いたいと言うメッセージが…。

要望通り、週末にレイキと二人きりで対面。
彼の悩みを聞くとミルキーにはノルマがある事が判明。芽里はノルマに足りない分は自分が支払うとお金をレイキに渡そうとしていきます。

そんな芽里に対して涙を流して感謝すると共にレイキは自分の気持ちを吐露します。芽里の事がずっと好きだった事を伝えるレイキ。

芽里の中でもレイキに対するくすぶっていた気持ちが明確となり…。

アロエ

遂に芽里とレイキはファンとアイドルの関係から恋人に発展するのか…。

ただ関係がバレてしまうと厄介な事になっていきそうですね。そしてレイキは優男的な雰囲気ですが…芽里を金づるだと思っていたら…どうなるのか!?

レイキは純粋そうに見えますが…まだまだ真意はわかりませんね!

12巻ネタバレ

レイキと交際がスタートして半同棲もする芽里。風俗バイトはレイキにバレないように続け、推し活も恋愛も順調でした。

しかし、ある日、ミヤナに呼び出された芽里。
レイキと繋がっているのではないかと疑いをかけられていきます。嘘をついて誤魔化す芽里。噂の発端がSNSだった事を知ります。

そんな中、友人の唯からメッセージが入ります。
ネット上で芽里の事が晒されている事を報告されます。そこにはレイキとの繋がり、風俗バイトの事まで書き込みされており、噂は会社にまで届いていました。

ネットに晒された事でレイキに当分はライブへ行けないと伝えると…レイキは逆ギレ。さらにトモカから驚きのメッセージが入ってきます…。

アロエ

レイキが実はクズ男だった事が徐々に判明してきます。

さらに秘密にしていたレイキとの繋がりを何故かトモカが知っている状況。精神的にも追い込まれていく芽里。

次巻の予告でレイキのクズっぷりが爆発しそうな雰囲気になっていました(笑)

コミックシーモアで先行配信中!

かつて女の子だった人たちへ
  • 会員登録で70%OFFクーポン貰える!
  • 最新話がいち早くコミックシーモアで読める
全巻無料立ち読み可能

『かつて女の子だった人たちへ』は最終回の結末に向けてどんな展開を見せる?

令美は破滅に向かって、弓が良い男性を見つけて幸せ方向へ向かうのではないかと推測しました。このままじゃ弓が不憫過ぎます!

松田はFXを始めて資産溶かして無一文コースが頭を過りましたね(笑)

個人的な現時点の結末は令美がバドエン。弓がハピエンといった形でしょうか。これが逆だった私は怒ります(笑)

松田も令美も正直、クズなので弓だけ幸せになってくれれば結果OKです!

コミックシーモアなら『かつて女の子だった人たちへ』がお得に読める!

独占タイトル、先行配信作品が豊富!安全性も完璧の漫画サイト!

おすすめポイント
  • 『かつて女の子だった人たちへ』を先行配信中!
  • 『かつて女の子だった人たちへ』の第1巻が無料で読める!
  • 豊富な漫画のラインナップ!
  • 運営元が大手で安心できる!
  • 買い切り以外にも読み放題やレンタルもできる!

※コミックシーモアで「かつて女の子だった人たちへ」が先行配信中!初回会員登録で割引クーポンが貰えてお遠くに読む事ができます!

コミックシーモアって、マンガ好きにとってはまさに宝箱みたいな電子書籍サービスなんです。安全面に関して言えば、個人情報の扱いとか、支払いシステムがしっかりしていて、安心して使えるのがいいポイント。マンガやライトノベル、雑誌といった色々なジャンルがあるから、読みたいものがきっと見つかるはず。新しい作品から懐かしの名作まで、選ぶ楽しさがいっぱい!

作品数の多さもすごくて、有名な作者から新星まで幅広くカバーしているから、何度も新しい発見があります。恋愛からファンタジー、サスペンスまでジャンルも様々で飽きさせません。さらに、コミックシーモアだけの独占タイトルや先行配信っていうのが、マンガ好きにはたまらない特典!他では読めない作品をいち早くチェックできるのは、かなり嬉しいですよね。

つまり、コミックシーモアは安全で、コンテンツが豊富、作品もバラエティに富んでいて、先行配信で新しい話題作に出会える…そんな感じで、マンガ読むなら一度はチェックしてみる価値大のサービスなんです。

コミックシーモアで先行配信中!

かつて女の子だった人たちへ
  • 会員登録で70%OFFクーポン貰える!
  • 最新話がいち早くコミックシーモアで読める
全巻無料立ち読み可能
かつて女の子だった人たちへ

こちらもオススメ

変態双子に溺愛されまして〜恥ずかしいって気持ちいい…〜