合コン相手は肉食警官🍖ネタバレ【コミックス版】

合コン相手は肉食警官!?(1巻)

TL漫画「🍖合コン相手は肉食警官!?🍖」は原作:踊る毒林檎先生、漫画を佐鳥百先生が担当する作品。📑分冊版と📙コミックス版がある。分冊版は1話ずつを切り取った販売形式。コミックス版は紙漫画で言う所の単行本だと思ってほしい。1冊に複数話を収録しているのがコミックス版だ。

今回はコミックス版に収録されている内容をご紹介。とは言っても分冊版と内容が違う訳でもない。

💴コミックス版のメリットは分冊版よりも安い事である。分冊版は少し割高。同じ話数を読むながらコミックス版の方がコスパがいいのだ。但し、最新話の配信が早いのは分冊版である。

それぞれの好みで購入するようにしよう。続きが誰よりも早く読みたいなら分冊版。コスパよく読みたい人はコミックス版である。

この漫画の試し読み
合コン相手は肉食警官!?(1巻)

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取り扱いあり! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「合コン相手は肉食警官」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

合コン相手は肉食警官【1巻】ネタバレ

合コン相手は肉食警官!?(1巻)

コミックス版である第1巻には第1話~7話が収録。さらにおまけ漫画も収録されているぞ!

1話ネタバレ

冒頭、勇助に愛無されてトロかされている京子。何故、ホテルでこのような状況になっているのか遡っていく。

合コンに出席していた京子。しかし、馴染めない。トイレで気合を入れ直して廊下に出ると小野田勇助と偶然、出くわしていく。彼も合コンに参加している一人であった。

勇助と会話すると不思議と「初めて会った気がしない」と感じる京子。その後、勇助は京子の隣にやってくる。

💬『ま、はみ出し者同士仲良くしよ?ほら乾杯』

二人で飲んでいると周囲の声が聞こえてくる。23歳でもうオバサンといった声が聞こえると気落ちしていく京子。勇助が年齢を尋ねてくる。京子は26歳。勇助は28歳であった。

💬『なんだ全然若いじゃん』

その言葉が嬉しくて手元にあったお酒を一気飲みしてしまう京子。視界がぐるぐるして一気に酔いが回っていく。そんな彼女を介抱してくれるのが勇助であった。

家まで送るつもりであった京子のあまりに気持ち悪そうだったので近くのホテルで休んでいく事へ。だいぶ落ち着きを取り戻す京子。そして彼女の健気な姿を見ると勇助の野獣モードにスイッチが入っていく。

💬『ただの親切なわけないだろう…下心あるに決まってるじゃん』

ここから冒頭の愛無シーンへ繋がっていく。
初対面の人にトロかされていく京子。彼女の恍惚な表情を見て勇助も興奮度マックス❗❗❗

その後、寝てしまう勇助。えっちしたことで勇助の事が気になる京子であったが…。着信音と共に起きる勇助。出勤だったらしく京子を置いてサクサクと帰ってしまう。

💬『連絡先も聞いていない…次は無いってことだよね』

翌日、園長に呼ばれて応接室に訪れると一人の警官の姿。よく見ると勇助であった。

2話ネタバレ

警官と保育士といった立場で再会を果たす二人。改めて自己紹介をする。

勇助が幼稚園を訪れていた理由は最近、不審者の目撃情報があったからである。京子に心当りはないか尋ねていく勇助。また勇助の子供好きな意外な一面を見て驚く京子。

💬『あの子達の笑顔を守るのが俺達の仕事だと思ってる』

そんな言葉を交わす勇助に少しドキッとする京子であった。

夜、居残りをしていて帰りが遅くなる京子。するとマスクにサングラス男に尾行される事態へ。外見は不審者のソレであった。京子の窮地に駆けつけて来たのは勇助。

京子を心配して不審者を取り逃してしまう勇助。取り敢えず自宅まで彼女を送っていく事へ。腰が抜けている京子をおんぶして運ぶ。そして彼女の自宅へ。怪我もしていたので処置までしてくれる勇助であった。

💬『あのさ、昨夜のこと覚えてる?…昨日の続きしていい?』

かなり強引に京子を押し倒して愛無していく勇助であった。いざ本番へ…といった所で無線が入る。緊急の要する案件だったので現場へ向かう事になる勇助。去り際、危なっかしいといった理由で勇助は連絡先を彼女へ渡す事へ。

離れた二人。両者ともに心の鼓動が高鳴っていた。

3話ネタバレ

仕事終わり、同僚の薫から警察官である勇助との関係を迫られる京子。彼女の圧から抜け出して帰路につく中、財布の落とし物を発見する。

最寄りの交番に届ける京子。
すると、その交番は勇助が勤務していた。ここで初めて気付く。彼とどこかで会った気がしていたのは、頻繁に京子が自分の忘れ物を交番に取りに来ていたからである。

💬『今日は珍しく自分が落としたんじゃないんだな』

昔から京子が頻繁に交番へ訪れていた事を覚えていた勇助。

京子は今までのお礼も兼ねて勇助の為にクッキーを焼いてプレゼントする事を考えていく。しかし、警察官は規則でお礼など受け取っていけない事になっている。しかし、彼女の気持ちが嬉しかったので、ご飯を誘っていく勇助であった。

翌日、勇助と待ち合わせ。
そして連れて行かれた御飯屋さんは屋台のラーメン店であった。

最初は戸惑う京子であったがラーメンを口にすると驚くほど美味しかった。同時に店主に彼女と勘違いされる京子。動揺してラーメンを勇助の服にこぼしてしまう。

染み抜きする為に自宅に誘う京子。
勇助も友達、彼女からのプレゼントは規則違反ではないと伝えて手作りクッキーを食べてみる事へ。京子は自分が友達なのか、彼女なのかどっちなのか気になっていく。

クッキーを食べて彼女を笑顔を見るとスイッチが入る勇助。

強引に唇を彼女を押し倒していく。

💬『今日は最後ましたい』

勇助にトロかされていく京子。勇助もゴムを取り出して挿入を試みていく。京子にとってこれが初体験であった。相手が勇助である事に喜びを伝える京子。

『よかった…はじめての人が勇助くんで…』

彼女の恍惚な笑顔を見て野獣と化す勇助。彼のピストンで京子も昇天していく。行為後、抱き合っている時、自然と彼への気持ちが口に出てしまう京子。

💬『好き…』

しかし、勇助は今は誰とも付き合う気がないと京子に伝えていく。

4話ネタバレ

翌朝、京子の自宅に泊まった勇助。
彼にて料理の朝食を振る舞っていく京子。少し彼の背景が明かされていく。勇助はずっと寮生活で他人の作った手料理を食べるのは久しぶりで新鮮であった。さらに京子の料理は美味いと伝えていく。

京子も嬉しかった。同時に彼から意味深な言葉などが告げられていく。あまり聞いてはいけない雰囲気だったので話をかえる京子。彼が良ければいつでも食事を食べに来て欲しいと伝えていく。

彼女の優しさ、笑顔に癒やされてキスを迫っていく。

💬『あ~駄目だこれ…もっとあんたが欲しくなってきた』

京子の出勤時間まで1時間あったので激しい絡みをしていく両者。再び彼にイカされていく。えっちはするけど交際は出来ない複雑な心境の中、京子も出掛けると自分の出したゴミだけが荒らされていた。

元気のない京子から話を聞く薫。
しかし、薫は話を聞くと京子が都合の良い女になっていないか心配になっていく。

一方、交番では上司にウザ絡みされる勇助。
彼の過去が明かされていく。勇助は小学生の頃に両親を亡くしていた。残された勇助と妹はたらい回し状態で親戚内を転々としていた。そんな中、ある事件が起こる。

当時、勇助と妹の梨花がお世話になっていた家で空き巣が入ったのだ。留守番をしていた梨花は空き巣に襲われて深い大きな傷を負っていた。その事で責任を強く感じていた勇助。それが彼の大切なモノはもう作らないに直結していたのだ。

回想から現実へ。
時間は夜。勇助は京子が襲われた時間に近い事を思い出して彼女へ連絡。京子が電話に出ないので心配になっていく。

そして彼女の背後には再び以前の不審者の姿が現れる。

5話ネタバレ

再び不審者に追いかけられる京子。
不審者は京子の名前を知っていた。彼に捕まりそうになると同時に勇助が現れる。

💬『オレの京子に触るな』

不審者を取り押さえると正体が判明する。相手は京子が働く幼稚園の卒園児の父親であった。大変で状況にあった父親。以前、京子の笑顔に癒やされていたので彼女の笑顔を見たくて尾行していたと明かす。

お人好しの京子は卒園児の父親の事を許していく。困った事があれば園に相談に来て欲しいとどこまでもお人好しな京子。不審者の件は一件落着していく。

💬『さっきオレの京子に触るなって言ってくれたの嬉しかったです』

京子は勇助がヒーローであると伝えていく。しかし、妹の事を思い出して…つい過去の事を喋りすぎてしまう勇助。我に返ると京子を突き放して一言伝えて去っていく。

💬『もうこれ以上、オレの心に入ってこないでくれ』

その後、勇助とは1週間連絡が取れない状況。

薫が相談に乗っていく。気分転換にデートしようと伝える薫。ちなみに薫は女性である。薫と買い物する事で少しだけ元気が出てきた京子。

💬『アタシなら絶対にあんたのこと泣かせないのに』

百合フラグを醸し出していく薫。いつもと違う表情を見せる薫に驚きながら、心臓の鼓動が高鳴ってしまう京子。

そんな中、不意に京子の唇を奪っていく薫。

💬『アタシにしときなさいよ』

すると目の前には屋台のラーメン屋。そこから勇助が出てきて気付く。そして薫に一言。

💬『お前誰だ…』

💬『お前こそ誰だよ』

勇助を煽っていく薫。
しかし、まだ踏ん切りがつかない勇助。喉元まで出かかった言葉を飲み込んで場を離れてしまう。それを追いかける京子。

💬『…ほんとバカね』

勇助は薫を男だと思っており、京子の彼氏だと勘違いしていた。誤解をとく京子。勇助は京子を隙だらけだと伝えていく。言い争いする二人。しかし、考えが甘い京子に怒りを見せていく。

強引に唇を奪って身体をまさぐっていく勇助。抵抗してみろと伝えるが京子は自分の気持ちを強く勇助にぶつけていく。

💬『私、もっとあなたのことを知りたいんです!だってあなたのことが好きだから…』

6話ネタバレ

しばらく黙り込んで勇助は自分の生い立ち、妹、事件のことなどを京子に語っていく。交際できない理由も大切なモノを作るのが怖いと明かしていく。

妹について思った事を口に出していく京子。

💬『思い出して辛いのは妹さんじゃなくて勇助くんなんじゃないんですか?』

妹から逃げ腰の勇助に目を逸らさずに向き合うべきだと伝えていく京子であった。京子に背中を押された勇助。妹の梨花と久しぶりに対面する事へ。

💬『オレのこと恨んでないか?』

梨花は兄がいつも気難しそうな顔をしている理由に気づいていく。

💬『私はもう大丈夫だよ』

梨花からの言葉に少し救われる勇助。

一方、幼稚園。
包丁片手に不審者情報の男が入り込んでくる。子供達を守ろうと気持ちを強く持つ京子。

勇助は妹との関係に気が楽になった部分があり、京子に感謝していく。彼女の働く幼稚園に迂回して交番へ帰ろうと順路を取る。

そして幼稚園前を通ると裏門が開いていたので嫌な予感を感じる勇助。包丁男と京子が対峙している現場を目撃。不意打ちを食らって倒れてしまう勇助。すると薙刀術を習っていた京子。モップを活用して不審者を撃退。

この事が話題となって京子は美人すぎる女性教諭としてメディアで取り立たされていく。

そんな中、京子にお礼を述べると同時に今の状況に少し嫉妬していると伝える勇助。彼は京子の唇を奪い、隠していた気持ちを吐露していく。

💬『オレ、あんたのことが好き…なんだ…好きだ…抱いてもいいか?』

京子も頷いていく。

7話ネタバレ

7話の前半は絡みパートである。
妹の件も少し肩の荷が下りた勇助。タガが外れたように京子を求めていく。京子の🤪アヘ顔も思う存分描かれていくので要チェック部分だ!

気持ちも確かめ合う二人。
そして勇助は結婚を前提に交際して欲しいと京子に告げていく。

💬『よろこんで!』

京子も家族に会って欲しいとお願い。今度の休みに京子の実家へ挨拶へ行く事へ。

京子の実家について緊張感が増す勇助。立派な神社であった。そして彼女から祖母が非常に厳しい人だと聞かされていく。

京子の祖母である天羽礼子。
対面すると勇助に睨みを聞かせていく。

💬『結婚したいと言うのはその男なのですか?』

💬『小野田さんは天羽家に相応しい男性なのでしょうね?』

笑顔だがバチバチとした空気が見える勇助であった。

合コン相手は肉食警官【1巻】ネタバレ

合コン相手は肉食警官!?(1巻)

意外と通して見ると警官である勇助がクレイジーである。交際は出来ないと言いつつ、京子の身体だけは一心不乱に求めていく。まぁ、最終的な気持ちはしっかりと京子に向かっていくので良いのだが(笑)

最近のTL漫画のネタとして保育士や警察官はかなりホットな題材である。そして非常に絵が綺麗である!

そして肝心の絡みシーンはノーマルプレイだが激しめである。そして京子のアヘ顔が最高に可愛い。コミックス版の第1巻では不審者編も終わって続いて祖母編といった具合だろうか。ストーリーも面白いのが良きである!

興味が出た人は是非、チェックしてみて欲しいTL漫画です☆彡


合コン相手は肉食警官!?(1巻)

合コン相手は肉食警官!?

原作・著者佐鳥百 / 踊る毒林檎 / ache
価格600円(税別)

26歳の京子はまわりが次々結婚しているのに、恋に臆病で、お付き合いできないことに悩む日々…。後輩に誘われた合コンで自称やる気がない公務員勇助に出会う。酔っ払った京子を介抱してくれて、なんていいひと…って思ってたら、豹変してきて…っ!?豊満な胸を揉みしだき、敏感に尖った乳首とアソコを的確な愛撫で攻め立ててきて喘ぎ声が抑えられない…っ!柔らかく慣らされて、初対面の相手に潤んで開いていくカラダ…このまま、おいしくいただかれちゃうの!?エッチなおまわりさんと結婚したい幼稚園の先生が贈る、怖がり同士の恋愛攻防戦!

今すぐ試し読みする


※BookLiveで取り扱いあり!電子書籍ストア内の検索窓にて「合コン相手は肉食警官」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。