親友は悪女【10巻ネタバレ】墓穴を掘って彼氏の奪い取りが出来なくなる悪女!

親友は悪女

和田依子先生が描く「親友は悪女第10巻
ようやく妃乃が墓穴を掘ってくれます。そして彼女はもう巻き返せない状況へ。

漫画ながら、よくここまで偽りを演じられるなぁ~と関心してしまう悪女こと妃乃さん。それも今回までです(笑)

物語もラストスパートに向けて大きく走り出した印象を受けた第10巻。ではでは見ていきましょう!

この漫画の試し読み
親友は悪女

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

親友は悪女

親友は悪女【9巻ネタバレ】既成事実を作り上げていく悪女が怖すぎる!?

親友は悪女【10巻ネタバレ】

親友は悪女

ホテルから出て行く東雲と妃乃。
彼女は東雲に「昨夜の出来事」は本当に忘れてくださいと念を押して「いい女」を演じていく。

『あやふやにしていいことじゃないだろう』

責任は必ず取るから時間が欲しいと妃乃に伝えていく東雲。

晴れて真奈から東雲を奪い取ったと優越感に浸っていく妃乃。その気分で真奈に仕掛けた盗聴アプリで二人の様子を見聞きしようとしていく。しかし、既に盗聴アプリは削除されているのでエラー。結果は月曜日まで待つ事へ。

一方、喫茶店に東雲から呼び出された真奈。彼から昨夜の出来事について直接、事情を聞く描写が描かれていく。

悪女の悪意が真奈を襲う!?

月曜日、真奈を待ち伏せして様子を見ていた妃乃。彼女の酷いやつれた顔に喜びを感じていく。しかし、彼女の持つ紙袋に違和感。そして真奈は紙袋を東雲のデスクに置いていく。

そして仕事終わり。
帰宅する真奈を待ち伏せしていた妃乃。遂に接触を図っていく。

『真奈に謝らなきゃいけないことがあってぇ…』

『東雲さんのこと?別れてほしいって言われたよ』

しかし、真奈は東雲とまだ別れていない事を妃乃に告げていく。予想外だった真奈の言葉に本性を剥き出しで接していく妃乃。東雲とホテルに行った事を突きつけていく妃乃。

『一回の失敗でダメになるようなそんな軽い気持ちじゃないから!』

真奈の言葉に怒りを見せる妃乃。ロッカーを蹴り飛ばし、捨て台詞を吐いて立ち去っていく。東雲と真奈とのやり取りが描かれていく。妃乃に嵌められた二人。なんともやるせない状況が描かれていく。

『もう手段なんか選んでいられない』

真奈と東雲が別れていない事を知った妃乃。想定外の事態に最後の仕上げを行っていく計画を企んでいく。

滑落していく滑稽な悪女!?

翌朝、東雲が出社するとオフィスは騒然としていた。1階のロビーで大変な事が起こっていると部下に伝えられ、ロビーに足を運ぶ東雲。

ロビーには東雲と妃乃がホテルから出てくる写真が何枚も貼り付けられていたのだ。妃乃に好意を抱く同僚達が東雲に事情を問い詰めていく。

『なによこれ!?』

ココまで来ると読者にとって妃乃の演技は本当に白々しいのだが…(笑)いい女を演じる妃乃がロビーに現れる。そして東雲とホテルに入った背景を皆の前で明かす妃乃。

妃乃に好意を抱く部下達から集中砲火を食らう事になる東雲。しかし、彼は当時の本当の状況を語っていく。東雲は酔っていたので本当に自分がどう行動をしたのか、わからないのだ。

同時に責任を必ず取る事は部下の前でも明確にしていく。その為に今、弁護士と相談している事を明かす東雲。

東雲の想定外の返答に遂にボロが出てしまう妃乃。

『なによそれ…私よりそのブスを選ぶっていうの?』

東雲の無罪が証明されていく!?

まったく思い通りに動かない東雲と真奈。
遂にしびれを切らした妃乃が本音をぶち撒けてしまう。

見たことのない一面にドン引きする男性社員達。ハッとした妃乃。すぐにいつものぶりっ子に戻っていく。そして部下の一人が近づいてきて東雲の私用スマホを貸して欲しいと頼んでいく。

私用スマホを操作すると「飲み会の夜の出来事」が録音されており、スピーカー状態になって流されていく。妃乃の本性が暴かれていく録音内容。

東雲の私用スマホを利用して妃乃の会話を録音していたのは橋井の仕業であった。妃乃と同じく盗聴アプリをわざと東雲の私用スマホに仕込んでおいて、妃乃がやらかす証拠を録音していたのだ。

劣勢に追い込まれていく妃乃。
最後の手段に出て行く。

『真奈と間違えられたままなら体まで許したりしなかった…ホテルでは私だってちゃんと判ってくれてたから!』

『妃乃って呼んで抱いてくれたじゃないですか!』

泣き落としにかかる妃乃。
妃乃の言葉を聞いて見つめ合い、真奈を抱きしめる東雲。

『良かった!俺は君を裏切ってなかった!』

まったく意味のわからない状況に呆然としてしまう妃乃。第10巻はここで終了。

親友は悪女【10巻の感想】

親友は悪女

妃乃が白々し過ぎて笑いを堪えるのが必死であった。読者側からしたら妃乃の画策は全て筒抜けですからね。同時に確か、東雲は妃乃の事を一度も「妃乃」と呼んだ事なかったような記憶があります。いつも高遠さんって呼んでましたからね。

ようやく墓穴を掘って自爆してくれた悪女。

個人的に真奈にはもっと妃乃を痛快&爽快に叩き潰して欲しいですが、どんな結末が待っているのか…。この状況から妃乃が巻き返す事は完全に無くなったと思うので結末に向けたラストスパートが楽しみです!

真奈と東雲も別れずに済んで良かった、良かった☆


親友は悪女

親友は悪女

原作・著者和田衣子
価格200円(税別)

高校時代、真奈にとって唯一の友達だった高遠妃乃。社会人となり再会した妃乃はさらに綺麗になっていた。妃乃に聞かれるまま、想い人の存在を告白する真奈。妃乃が離婚したばかりであることを聞き、彼女を元気づけるため、同僚たちと行くバーベキューに誘うが、そこに現れた妃乃はいつもとは別人のようなファッション、そして言動を繰り返す。徐徐に妃乃の別の顔が見え隠れしていく。

今すぐ試し読みする


親友は悪女【11巻ネタバレ】遂に悪女に天罰が下されていく!?

↓↓以下で親友は悪女のネタバレをまとめています↓↓
>>親友は悪女【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで公開中!