島さん【6話~7話ネタバレ】競合店にカチコミ&闇落ちする夜勤仲間!?

川野ようぶんどう先生が描く人情ヒューマンドラマ「島さん」第6話、7話の内容をざっくりとご紹介。

6話では競合店と恋模様のお話。7話では闇落ちした子関の心と新聞配達員の感動が詰まったエピソードになっている。どちらもハートフルで心が温まるぞ!

この漫画の試し読み
島さん

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「島さん」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

島さん【4話~5話ネタバレ】コンビニ強盗&どら息子を改心させる人情親父!

島さん【6話】ネタバレ

半年ぶりに訪れたヘルプで入るお店。その真向かいには競合のコンビニができていた。

偵察も兼ねて真向かいに出来たコンビニ「ジェロニモ」へ入ってコーヒーを頼む島さん。いつもの癖で客が入ってくると挨拶をしてしまう。

ヘルプ店にて先程の出来事をオーナーである派場に語る島さん。すると派場の目つきが変わって島さんの購入したコーヒーを引っ叩いていく。

『島さん…ウチぁ今、あそことドンパチの真っ最中なんだよ』

実は真向かいにコンビニが出来て売上が激減していた。競合店に敵意剥き出しの派場。今夜は大黒といったアルバイトと一緒だと伝えられていく。

大黒は青森出身で言葉のイントネーションが抜けきれておらず客からクレームが続いていく。そんな中、大黒から真向かいの店のコーヒー無料券を貰う島さん。

実は夜勤明けに派場から競合店へスパイに行かされている事を明かしていく。同時に競合店の黒い髪の店員の話をすると、やたら食いつく大黒。

『好きなの?』

大黒はひとめぼれしている事を明かす。しかし、派場には絶対に黙っていて欲しいと告げる。スパイ以外で競合店に行くのは禁止されていた。

夜勤明け。大黒がいない事に気付く島さん。派場の指示で競合店へクレームを言ってこいと命を受けていた。どうやらプリンを食べるのにスプーンがついてこなかった模様。

レジにて大黒が意を決する中、島さんが訪れてスプーンを頂戴と女性店員に告げていく。

『ベターデイズの店員さんだったんですね』

制服を着たまま競合店に来てしまっていた島さん。硬直してすぐに帰ると伝えていく島さん。女性店員は大黒を見遣っていく。

『よくこの時間に来てくれますよね』

女性店員は大黒の対応に感謝を示していく。そしてポケットからコーヒー無料券を出して大黒に手渡していく。

『あ…あ…ありがとうございます』

褒められて赤面する大黒であった。ここで第6話は終了。

島さん【7話】ネタバレ

島さん、子関に声をかえると普段と違う様子で闇落ちしたような表情になっていた子関。彼はマナーの悪い客に心底苛立ちを覚えていた。

さらに愚痴る子関。
現在、おでんフェア真っ最中だが仕事が忙しくなるだけで大嫌いだと伝えていく。

そして再びマナーの悪い客。

『コンビニ夜勤なんて今日限りっス』

遂にしびれを切らした子関。辞める覚悟を持っていく。そんな中、新聞配達のおじさんであるミチさんが訪れる。外は雨。ミチさんはカッパを着ていた。

子関が拭いたばかりの所が水浸しにされていく。苛立ち、ミチさんに対して心の中で邪心が生まれる子関。

『子関くん、今日終わってから時間ある?ご飯食べ行こ』

夜勤終わりは朝6時。
朝5時から営業している「ちやま」なる食堂に子関を連れて行く。そこには新聞配達員のミチさんがいた。この日はミチさんの送別会だった。

『さっきの配達が最後の仕事だったんだ』

新聞配達の辛く良き思い出を語っていくミチさん。素っ気ない態度で聞く子関。まったくミチさんの話に興味を持たない。

そんな中、店主にいつものを出して欲しいと頼む島さん。

出てきたメニューは普通の肉じゃがであった。しかし、滅茶苦茶美味しそうに食べる島さん。子関も食べてみる…滅茶苦茶に美味かった。そして隠し味はベターデイズのおでん出汁である事を知る。

『夜勤いろいろ大変だろうけどいいもんが売れた時の喜びもあるからやっていけるんだろうねぇ』

コンビニ夜勤への理解を示すミチさん。最後にお酒を注ぐ島さん。寂しさを滲ませて涙を浮かべるミチさんであった。

翌日、新しい配達員がベターデイズにやってくる。まだ若い配達員であった。彼におでんをやたらと勧めていく子関。彼を穏やかな表情で見つめる島さんであった。

ここで第7話は終了。

島さん【6話~7話】感想

6話に関して大黒と競合店の女性店員はお似合いのようにも見える。このまま二人の恋模様の進展などもたまにエピソードとして入れてくれると嬉しいな!あとコンビニで無料券とか貰うとやたら嬉しいのは何でだろう…わかる人いる?

7話はミチさんが良い人過ぎてもらい涙をしそうになるエピソード。子関もミチさんに最終的には感化されたようで良かった。あと読み終わるとコンビニのおでんが食べたくなるエピソードだ。

今回も島さん、その周辺にいる人にヒューマンドラマが心にグッとなる作品。この漫画は面白さよりも感動味の強い作品。どこかに置いてきた人情を取り戻してくれる漫画である!

是非、興味が出た人はチェックを☆彡


島さん

島さん

原作・著者川野ようぶんどう
価格132円(税込)

とある深夜のコンビニに、ちょっと頼りないけど、ちょっと頼りになる、ちょっとわけありのおじいさんがアルバイトしていました。Twitterで話題の第14回カミカゼ賞佳作受賞作が待望の連載化!

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「島さん」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
島さん【8話~9話ネタバレ】逃げ癖男を改心&カラーボールと就活女子!