鬼ゴロシ【3話ネタバレ】鬼の奇面組…リーダー格の男が登場!?

鬼ゴロシ

河部真道先生の新作漫画「鬼ゴロシ」第3話。

15年前の一家殺人、犯人の一人である篠塚と取調室にてドンパチが開始される。老いても尚、鋭い牙を持ち合わせている坂田。彼の狂気が篠塚に迫っていく。

そして3話ラスト…。
篠塚が震え上がる鬼の奇面組、リーダー格となるような男の背中が描かれていく。

鬼ゴロシ

鬼ゴロシ【2話ネタバレ】復讐の狼煙が上がる!?

鬼ゴロシ【3話】ネタバレ

鬼ゴロシ

新条の警察署前には報道も集まっていた。そんな中、響くパン、パン、パンといった乾いた音。レポートである黒石あかりは銃声の音に反応していく。

一方、署内でも一家殺人と坂田の身体に刺さっていた包丁が同じであると情報を流した伊藤。彼も銃声の音に気がついていく。

場面は変わって取調室。
篠塚は銃口を坂田に向けようとしていく。その時、彼は包丁の刺さっていた傷口から欠けた包丁の切っ先を取り出す。それを武器にして篠塚より早いスピードで彼の腕を切りつけていく。

引き金が引けない状態になった篠塚の右腕。
すかさず、坂田は篠塚に接近。そのまま彼の腹に包丁の切っ先を突き刺していく。

『言え!残りの4人はどこにいる…必ず全員に報いを受けさせてやる』

坂田を脅威に感じる篠塚。
咄嗟に巴投げで坂田を取調室の外へ放り出していく。そしてタイミング良く伊藤が部屋に入ろうとしており、坂田は衝突。

取調室の惨劇を見て驚愕する伊藤であった。

立ち上がって立ち去ろうとする坂田。そんな彼に忠告する篠塚。

『坂田周平…やめておけ…後悔するぞ…』

篠塚はこの件に深く関わると新条の待ち全てが敵に変わると伝えていく。

『じゃあ、皆殺しだ』

そう言い残して警察署を立ち去っていく坂田。

一方、警察署内は騒然とした状況。その様子は外からも確認が出来た。レポーターである黒石。早速、署内の騒然とした状況をカメラに向かって伝えていく。

そんな中、署内から怪我をした男性が一人現れる。すぐに食いついてインタビューをしていく黒石。坂田であった。しかし、彼は伊藤から盗んだ警察手帳を片手に道を開けさせて署を後にしていく。

カメラに向かって一言だけ述べる坂田。犯した罪は償うべきだと前置きした後…。

『何が起こったかと聞いたな…これから起きるんだ』

伊藤の警察手帳を投げ捨てて立ち去っていく坂田。

一方、篠塚。
取調室に伊藤が入ってくる。中の様子を見て篠塚の仕業であるとすぐに判断する伊藤。彼は篠塚へ指示をする。

誰が見ても坂田の凶行だと思えるように仕立てて下さいと…。

下っ端に命令されて苛立つ篠塚…すると携帯電話がなる…相手は御前様であった。全身の毛穴から汗が吹き出して電話に出る篠塚。

『TV見た、お前やらかしたな』

ラスボス感を漂わす裸の男。元気そうな坂田の姿を見て喜んでいた。そして再び狩りをしようと篠塚に伝えていく。テーブルには般若の面があった。

ここで第3話は終了。

鬼ゴロシ【3話】感想

鬼ゴロシ

坂田の敵は腐りきった警察の人間なのだろうか。
伊藤も篠塚の事情を知っているような立ち回りを見せていく。彼も15年前の事件に絡んでいるのか…。そして再び起こった一家殺人事件。この事件と15年前の事件との関連はあるのか…。

謎もありつつ、ハラハラドキドキのクライムサスペンスが繰り広げられる漫画。

濃厚で重厚なストーリー。
深みと味、そして躍動感のある描写が魅力の作品です。是非、チェックしてみてください!


鬼ゴロシ

鬼ゴロシ

原作・著者河部真道
価格1冊88円(税込)
eBookJapanで第1話無料

15年前の一家殺人事件──。妻子を殺し自殺を図った犯人の坂田周平は15年ぶりに出所した。だがそれは“鬼”達による罠だった…! 坂田は植物状態から奇跡的に覚醒し、鬼憑伝説の残る因業の町でただ一人のリベンジを誓う!! 鬼才・河部真道が全開で挑む壮絶鬼憑復讐劇、ここに開幕!!

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストア内の検索窓に「鬼ゴロシ」と検索すれば素早く作品を絞り込んでくれます。

鬼ゴロシ【4話ネタバレ】過去の抗争相手に過激な挨拶!

↓↓以下で鬼ゴロシのネタバレをまとめています↓↓
鬼ゴロシ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!