ネトスト義母と使えない旦那【SNSに嗤う女たち】ネタバレ!義母の監視&マザコン夫にウンザリ!?

sns-warau-top

漫画「ネトスト義母と使えない旦那」は「SNSに嗤う女たち」に収録されている縛先生が描く短編エピソード。

タイトルの通り、ネットストーカー義母と自分の旦那に愛想を尽かしていく物語が描かれていく。主役はアキ。義母にSNSを見られており情報が筒抜けで迷惑をしていく。

自分の旦那であるユウはマザコン気味で母親に対して強い物言いをまったくしない。次第にフラストレーションが溜まっていくアキ。遂に爆発して義母と旦那にスッキリ爽快な行動を起こしていきますよ!

ちなみに漫画「SNSに嗤う女たち」ではもう1作品を縛先生が担当。「褒めマウント女」も面白いので是非、チェックしてみてくださいね。

この漫画の試し読み
sns-warau-top

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&配信中!大人気炎上系オムニバス!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「SNSに嗤う女たち」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

sns-warau-top

褒めマウント女【SNSに嗤う女たち】ネタバレ!褒めて嫌味を放つテクニシャン女が登場!

ネトスト義母と使えない旦那【SNSに嗤う女たち】ネタバレ

sns-warau-top

夫であるユウの実家にお邪魔して帰宅していくアキ。義母の印象は良い人そうで良かったと安堵する。アキとユウは結婚式を終えて、ユウの実家近くにマンションを借りて新婚生活がスタート。

義母はアキの事を娘のように気に入っていると嬉しい言葉をかけていくユウ。

アキは穏やかで幸せな結婚生活が送れる、訪れると思っていたが…現実は予想とは違う方向へ向かっていく。

『お邪魔しまぁす!ごめんねぇ突然!』

アポ無しで新居に訪れる義母。突然の訪問に困惑するが無下には出来ないので対応するアキ。さらに義母は話した覚えのない出来事を語っていく。

『ゆうくんったら昨夜…口に合わないからって夕飯残したんですって!?』

そんな話は一切、義母にした覚えがなかったアキ。旦那が話したのかと思って帰宅後に尋ねてみる。旦那の返答は彼も話していないであった。

違和感が残るアキ。
同時に義母へアポ無しで訪問してくるのは止めるようにやんわりと伝えておいて欲しいと告げていく。

適当に流す旦那。
苛立つアキは愚痴をSNSへ投稿していく。

その後、再びアポ無しで訪問してくる義母。さりげなくアポ無しは止めて欲しいといった意図を含んで伝えるアキ。

『ゆうくんはいつもおいでって言ってくれたわよ?』

旦那に伝えた事がまったく噛み合っていない事に肩を落とすアキ。さらに真面目な話をしているのにユウがアキの方を見ないで適当に返事している事を知っていた義母。

何故、そんな事まで知っているのか探っていくと義母が明かしてくれる。

『実はあなたのSNS見てるのよ…ゆうくんが教えてくれたの』

驚愕するアキ。
その夜、旦那であるユウを問い詰めていく。なんで勝手に自分のSNSアカウントを義母に教えたのかと…。

楽観的な旦那。
上手く丸め込まれると同時に母親の味方になる旦那に苛立つアキ。

『…んだよ…まるでオレが悪いみたいじゃんか』

その後、アキはSNSの投稿が義母に筒抜け状態なので投稿できない日々が続いていく。そんな中、旦那から土曜日は空けておいて欲しいと通達。アキの誕生日であり、義母も一緒に祝いたいとの事だった。既に返事もしていた旦那。勝手にOKサインを出されて複雑なアキ。

そして土曜当日。
案の定であるが義母からSNS更新が滞っている事を伝えられていく。

アキの表情が変化した事を逃さなかった義父。常識人である義父は自分の妻に正論を伝えていく。

『それはちゃんとアキさんも承知の上で見てるのか?』

アキの気持ちを察してくれる義父。彼は妻からスマートフォンを取り上げていく。しかし、それが気に食わない義母。いきなりヒステリックになって夫と口論。義父は無理やりスマホを没収。事なきを得る。

しかし、食事後…アキは旦那から信じられない言葉を伝えられていく。

『なんで迷惑じゃないってはっきり言ってやらなかったんだ…母さんが可哀想だろ』

とことんズレている旦那に怒りが込み上げるアキ。胸ぐらを掴んで溜まっていた鬱憤を吐き出していく。

3日後。
スマートフォンを取り上げられてアキの様子がわからない義母はイライラしていた。そんな時、アキから固定電話に連絡。アキは義母に合鍵の場所を伝えていく。

合鍵を教えてもらって目が輝く義母。すぐに利用して彼女達の住むマンションへ入っていく。そしてテーブルにある一枚の紙を見て驚愕。

帰宅してきた息子のユウに真意を問いかけていく。

紙を渡されて内容を見るユウ。それは離婚届であった。既にアキの名前とハンコは押されている状態。混乱する二人。携帯に連絡しても出ない。ユウはアキのSNSをチェックする。ここまで見通していたアキ。

『もう戻りません…さよなら』

SNSに投稿されていた内容を見て青ざめるユウであった。晴れやかな表情で気持ちがスッとするアキが最後に描かれて、このエピソードは終了。

ネトスト義母と使えない旦那【SNSに嗤う女たち】感想

sns-warau-top

ネトストして息子の嫁を監視。さらに旦那はマザコン気味。リアルにありそうな設定である。いや、リアルにも絶対にあるし悩まされている人はいそう。この辺りの漫画だけの世界観では終わらないエピソードが秀逸である。

アキにとって歯がゆい状況が続くが最後は義母も旦那も谷底へ落とす離婚を突きつけていく部分は本当に爽快!

このエピソードは「SNSに嗤う女たち」に収録されているので気になった人は是非、チェックしてもらいたい!


sns-warau-top

SNSに嗤う女たち

原作・著者縛 / かみきわか / 西優木
価格440円(税込)

褒めマウントを取らないと気が済まない女。彼氏を横取りしたがる後輩女。連絡先を全削除させる束縛女。息子の嫁のSNSを見張る女。SNSを駆使して自分勝手な振る舞いをする女たち。最後に嗤うのは……?大人気炎上オムニバス第12弾!!(全4話)

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストア「BookLive」にて検索窓に「SNSに嗤う女たち」と入力して絞り込み検索をすれば素早く作品を表示してくれます。