新婚のいろはさん【4巻ネタバレ感想】ラブイチャ&シュールギャグの夫婦物語4コマ!

新婚のいろはさん(4巻)

というわけで『新婚のいろはさん4巻は冬がテーマである。二人もかれこれ結婚から一年近くになる。

新婚のいろはさん【4巻あらすじ】

さて、二人は相変わらずラブラブでイチャイチャでほんのりシュールギャグ味のある夫婦生活を営んでいる。もともとストーリーなどほとんどなく、今巻も動きらしい動きは温泉旅行に行く話くらいで各話完結で四コマ掲載であるので、今巻は各話紹介の形を取らせていただく。

新婚のいろはさん(3巻)

新婚のいろはさん【3巻ネタバレ感想】安定して面白い!イチ推しの4コマ漫画!

新婚のいろはさん【4巻ネタバレ&感想】

新婚のいろはさん(4巻)

いろはの恩返し

冒頭、首から下が見えない格好で二人が一緒に寝ているのでよもやと思ったが、二人ともパジャマは着ていた。ちっ(って何が)。話自体は、男一人のハジメのところにやってきたいろはさんはまるで鶴の恩返しのようだ、という会話をするはなし。

サムソンとデリラ

ハジメは男にしては若干髪が長いのだが、なぜそうしているかというと、実は旧約聖書の英雄「サムソン」にあこがれてのことらしい。サムソンとデリラと言えば旧約聖書の中ではかなり有名な部類の話であるのだが、脱線になるので割愛する。知りたい方は各自でお調べくださいどうぞ。

ふたりの小さな国

ハジメは家事はほとんどまともにこなせないが、自覚はあるので洗い物だけはやっている。なんとなく流れで今までそうしていたのだが、そうしたこまごまとしたことを二人でちゃんと一緒に決めていこう、と言って皿買いに行ったりする話。

鍋のイデア

ハジメが「ふつーの鍋が食べたい」とか言い出す。すき焼きでもしゃぶしゃぶでもなく、普通の鍋である。二人は九州出身なのでまあ水炊きになるわけであるが。かわいいクマさんの柄の土鍋を買い込んでいろはさんはご満悦。

ニンジン効果

ハジメがしばらく働きづめである。なので、息抜きに「ひと段落したときの御褒美を設定しよう」とかいう話になる。いわゆる「目の前にニンジンをぶら下げる」というやつだ。というわけで、なぜかいろはさんは本物のニンジン(物理的に本物)をハジメの仕事机にぶら下げ、これを自分だと思って頑張って、とか言い出す。

温泉と時間旅行

冬で山で温泉で新婚。なんかもうこれ以上説明いらない感じだけど、いろはさんの浴衣姿がかわいい。ハジメなどは見ただけでのぼせている。ちなみに夜はというと……ジャージ姿で「修学旅行ごっこ」である。女子が男子部屋に遊びに来たという設定。「ハジメ君って好きなコとかいる?」とか言い出すいろはさんなのであった。この話が今巻では一番好きかな、やっぱり。

早倉さんには難しい

早倉哲子が水泳部の友人と一緒にアイススケートに来ている。ちなみに下手であるが、運動神経はいいのですぐ上達する。そんなことはどうでもいいが、新島夫妻も偶然同じタイミングでスケート場に来ていて、あいさつなどされる。哲子は「オジャマしちゃ悪い」とか思っているのだが。

待ち人は来ませり

クリスマスである。ハジメが、漫画家仲間(みんな男。フウトもいる)とともに宴会をやっている。妻の写真など見せて十分に皆に見せつけたのち、ハジメは早抜けしていろはさんとデートなのであった。うらやま。

新妻家のお正月

お約束、12月はクリスマスときたら1月は正月ネタなのである。まあ、二人でおせち食べて酒飲んでのんびりしているだけだが。

ゆきのはな

豪雪である。豪雪の中、二人で近所の公園に出かけていく。雪が深いので、一瞬はぐれる。ちょっと怖かったので泣いてしまういろはさんだが、ハジメ君はすぐ見つけてくれるのであった。けっ。

役立たずの壁

マンションの壁に釘を打ちたいのでコンコン叩いて柱の位置を確かめたりする話。突き詰めればそれだけ。


新婚のいろはさん

新婚のいろはさん

原作・著者OYSTER
価格600円(税別)

なんでもない毎日が、とても幸せ…。鬼才が送る、新婚夫婦の日常4コマ。
新居に引っ越してきた、いろはさんとハジメくん夫婦。ゼロから、少しずつ自分たちの生活を作っていきます。家電を買いに出かけたり、深夜にコンビニへ行ったり、そんななんでもない日常が、二人にはかけがえのない幸福なのです。読むものをたまらなくあたたかい気持ちにさせる(ギャグの冴えもそのままの)一冊です。

今すぐ試し読みする