コドモのクニより【ネタバレ】大人が化け物へ…残酷な世界でのパニックサバイバル開幕!

コドモのクニより

漫画「コドモのクニより」は秋山直人先生が描く作品。パニックサバイバルを題材にした漫画である。主人公は中学生の荒川はじめ。ヒロインは幼馴染の伊沢サエコ。

突如、巨大地震と共に空に「0」「1」の数字が浮かび上がっていく。その後、突然、大人が化け物化。子供達を襲っていく事へ。

はじめ、サエコは逃げ延びる中で大人に対抗する集団と遭遇。様々な人間ドラマや迫力のバトルがありながらオトナとコドモを巡る決死のサバイバルが開幕されていきます!

1巻では第1話~3話までが収録。
各話に区切って内容をご紹介していきます!

この漫画の試し読み
コドモのクニより

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「コドモのクニより」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

コドモのクニより【1巻ネタバレ】

コドモのクニより

1話ネタバレ

舞台設定は20xx年。
中学生3年生のはじめは進路希望の時期に差し掛かっていた。放課後、担任教師に呼ばれるはじめ。彼は進学ではなく「就職」を考えていたのだ。

成績は優秀なので良い高校にも行けるはじめ。
しかし、彼は母子家庭であり、母を楽にしてあげたいといった思いからはじめは就職を考えていた。しかし、担任教師はあくびをしながらはじめの進路を考えていく。

『先生は…ふわぁ…お前の味方だからな』

わかったような口、ナメた態度…教師に何の期待もしないはじめ。自宅に帰ると担任から家に連絡がかかってきていた。母親が対応。初めて母ははじめが就職希望している事を知る。先生に謝っている母の姿を見て失望していくはじめ。

『いいよな母さんは…そうやって都合の良いときだけ母親面できてさ…』

母親と喧嘩して家を飛び出してくはじめ。
最寄りの公園前を通ると一人でブランコに乗るサエコを発見。将来について語り合う二人。また昔話もしていく。そしてはじめがサエコに気持ちを伝えようとした時…。

『伊沢…僕は…僕は…伊沢を…』

ここで巨大地震が起こる。
サエコを体を張って守るはじめ。地震も落ち着き、空を見上げると「0」「1」の数字が空を覆い尽くしてた。そして近くで子を助けたい母親の声。子供が電柱の下敷きになっていた。

はじめ、サエコで救助。同時に自分の母親が心配になるはじめ。急いで自宅に戻っていく。彼を追いかけていくサエコ。一方、助けてもらった子供は自分の母親の異変に驚いていく。

自宅に辿り着くと母親が無事であった事に安堵するはじめ。しかし、同じ言葉を連呼して何やら様子がおかしい母親。身を乗り出して来ると母親の体が化け物のような姿形になっていた。

躊躇いなくはじめ、サエコを攻撃してくる母親。
反撃もして逃げ延びていく二人。取り敢えず近くの学校に避難する為に向かって行くことへ。

自宅から少し離れると先程助けた少女の姿。

『オトナが…オトナが…みんな…』

突然、背後から化け物に首元を握りつぶされる少女。

『何だよ…コレ…』

はじめ達の前に化け物の姿をしたオトナが立ちふさがっていく。

2話ネタバレ

外は化け物化したオトナが跋扈する世界だった。必死で逃げて安全な場所を探す二人。逃げている最中、クラスメイトの山形を発見するはじめ。

彼は看板の下敷きになっていた。
助けようとすると背後から、化け物化したはじめ母が登場。

万策のないはじめ。必死に母親に叫んでいく。『母さんお願いだ!山形を助けて!』と訴えるはじめ。呼応するかのようにはじめ母は山形を下敷きにしている看板をどけようとしていく。

しかし、次の瞬間…。
看板を持ち上げて上から看板を叩き潰す母親。山形は無残にも看板に潰されて跡形もない状態になっていく。

母が山形を殺した…呆然として固まるはじめ。

彼の手を引っ張り、その場から逃げ出していくサエコ。辿り着いた先は学校。しかし、学校の校内に入ろうとする化け物達が多くいた。そんな中、非常口を開けてはじめ達を中に誘い入れてくれる人物が一人。

彼は早乙女ミツルといった名門中学の男子生徒であった。

自己紹介を行うサエコ。はじめを紹介すると突然、彼は山形の事を思い出して嘔吐していく。早乙女に腑抜けだと思われていくはじめ。

取り敢えず学校の中に入れてもらい、案内してもらうと多くの学生や子供達がいた。そして学校の中にいくつもバリケードを展開。

サエコは早乙女に救助はいつ来るのか問いかけていく。

『おそらく救助は来ない…何も気付かないのか…ここに辿り着くまでにコドモの化け物に一度でも会ったか?』

早乙女はオトナが化け物化しており、生き残っているのはコドモ達だけだとサエコに伝えていく。

そんな中、2階の校舎までよじ登ってきたはじめ母がガラスを割って校内へ侵入。多くの生徒が犠牲になっていく。サエコもその一人で動けないサエコを捉えていくはじめ母。

『ねぇ、あなた…はじめ…どこ』

彼女を見捨てられないはじめ。しかし、彼を制止させて逃げる事を優先しようと伝える早乙女。サエコを助けようとするはじめに現実を突きつけていく早乙女。

『選択肢は2つだけだ…一緒に死ぬか…見捨てるか…それしかないんだよ!』

逃げずにサエコを助ける決意をするはじめ。飛びかかるもすぐに捕獲されて捕食されそうになっていく。死を覚悟するはじめであったが泣き顔のサエコを見て気持ちを昂ぶらせるはじめ。

蛍光灯で母を攻撃。

『約束したんだ…僕が…僕がサエコを守る番だって…』

はじめを攻撃してくる母親。
しかし、ぶつかる瞬間に一瞬だけ動きが止まる事に気づくはじめ。まだ母の記憶があるのかもしれない…そう感じたはじめはある計画を思いつく。

早乙女にサエコを連れて奥へ誘導するように指示を出すはじめ。彼の指示の意図をすぐに掴む早乙女。はじめが囮になってバリケードで化け物を封じ込める作戦を決行していく。

一瞬だけ止まる母の攻撃を上手く避けてバリケードへ移動するはじめ。早乙女に手を引っ張られてバリケードの外へ。同時にバリケードを移動させて母親を閉じ込めていく事に成功。

多くの犠牲を出しながらも自身の母を閉じ込める事に成功したはじめ。サエコは彼に抱きついていく。一方、サエコは必ず化け物化したオトナを元に戻す方法があると考えて、はじめに一緒に探そうと決意を新たなに伝える。

一方、二人の考えが甘いことを指摘する早乙女。

『ここは奴らに対抗する手段を考えるには絶好の場所だ』

早乙女が自身の計画を明かしていく。
彼は今の学校を拠点にコドモの武装化を始め、オトナ達を殲滅すると語っていく。

3話ネタバレ

巨大地震から5日が経過。

『オトナどもに反撃の狼煙を上げるぞ!』

学校には化け物オトナ達が襲来。学校は避難アナウンスが流れていく。その中ではじめを探すサエコ。彼は母が閉じ込められているバリケードの前でずっと呆然状態だったのだ。

そんな中、バリケードを無視して床から突き出してくる化け物。成す術がない状態の時…化け物へグレネードが投下されていく。

『ここは俺達が引き受ける…俺達オトナ殲滅部隊がな…』

早乙女を筆頭にした武装集団が出来上がっていた。

しかし、爆弾を当てて体が半分しかないのに動き続ける化け物。さらに早乙女は消化器を火炎放射器に改造した武器で攻撃。オトナ達は水分がないと再生できない仮説を確かめていく。

一人撃退に成功すると新たなオトナが校内へ侵入。

『親父…親父なのか…!?』

新たなに侵入してきたオトナはナオトといった子供の父親であった。自らの手で父親を葬れと伝えていく早乙女。必死で止めるはじめであったがナオトは自らの手で化け物化した父親を葬っていく。

オトナ達を撃退した事で祝杯をあげるオトナ殲滅部隊の面々。そして早乙女は外に出て物資を集める考えを皆に示していく。

そんな早乙女を遠くから見つめるはじめ、サエコの二人。そして近づいてくる間宮ミキといった少女。彼女ははじめ達と同じ学校の同学年であった。

今の状況を冷静に客観視している間宮。そしてサエコに一言伝えていく。

『あなたからは私と同じ匂いがするわね』

そんな指摘を間宮からされたサエコ。表情が強張って一人で水を取ってくるとはじめから離れていく。一方、はじめは屋上にいたナオトと遭遇。同学年だったのではじめに気持ちを吐露していくナオト。

『割り切れないんだよなぁ…親だもんなぁ…』

二人の様子を見て余計なことをしないで欲しいと語る早乙女。彼ははじめ、サエコを連れてある教室に誘導していく。

そこには磔にされているはじめ母の姿があった。

早乙女ははじめ母の体を利用して武器作りの際の実験体としていた。そして二人のこの世界での認識が甘すぎると強く指摘していく早乙女。

『何の犠牲も払わず生きていけるのかよ…なぁ』

はじめは自分の制服を剥ぎ取って、母の傷口を治療していく。そんなはじめの健気な姿を大笑いする早乙女。外道な早乙女をビンタするサエコ。

消毒液を取ってくると教室を後にする。

保健室に近付くと間宮と仲間の男性が一人出てきていた。入れ違いで保健室に入って消毒液を探すサエコ。床に落ちている学校にいる人間の名簿を見てある事に気がついていく。

それは15歳以上がいなかったのだ。時計を見てはじめの危機を感じるサエコ。

一方、母の治療をして屋上に戻っていくはじめ。再びナオトと接触。日付変更と同時に一緒にナオトの誕生日を祝うと語るはじめ。

そしてナオトの誕生日に時間が切り替わる。
15歳になると同時に化け物化するナオト。サエコも屋上に上がってくる。ここで第1巻は終了。

コドモのクニより【1巻の感想】

コドモのクニより

15歳以上はすべて化け物化してしまう世界。
一体何が原因なのか…巨大地震時の空を覆い尽くす「0」「1」の数字は何を意味しているのか…。残酷な世界観がどことなく「進撃の巨人」に似た雰囲気を醸し出している作品。

またヒロインであるサエコは何か闇を抱えていそうな雰囲気。ちなみに彼女が両親を心配している素振りを見せる描写が1巻ではなかったような…。闇深そうです…。

画力もあって、迫力もある作品。
興味が出た人は是非、チェックしてみて下さいね!


コドモのクニより

コドモのクニより

原作・著者秋山直人
価格600円

もうコドモではない、だけどオトナにもなりきれない。
中学生の荒川はじめは自身の進路に悩み、母親とケンカをしてしまう。公園にいた幼馴染の伊沢サエコに慰められ、帰宅しようとしたその時、巨大な地震が起き、不可解な数字が空を埋め尽くしたーー。オトナとコドモをめぐるサバイバルが幕を開ける!

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「コドモのクニより」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。