小悪魔教師サイコ【2巻ネタバレ】第2章開始!同じ匂いの生徒が現る!?

小悪魔教師サイコ(2)

三石メガネ先生が描くビジュアル型ノベル「小悪魔教師♡サイコ」最新刊となる第2巻。

第2章といった具合でサイコパスである心春は新たしい高校へ赴任。再び問題児ばかりいるクラスの担任となっていきます。心春に向けられていく悪意。クラスメイトの不仲。

これらはある生徒が水面下で動いていた…。心春と同じ匂いのする生徒が登場。ちょっぴりエッチでとってもサイコな先生である葛西心春が新たな境地で暴れまわろうとしていきます!

この漫画の試し読み
小悪魔教師サイコ

ビジュアル型ノベル「小悪魔教師♡サイコ」は「Kindleストア」にて配信中!

※Kindle unlimited加入者は無料で読む事が可能。

今すぐ試し読みする

小悪魔教師サイコ

小悪魔教師サイコ【2巻】ネタバレ

小悪魔教師サイコ(2)

11話ネタバレ

3月の肌寒い体育館でサイコパス教師である葛西心春の離任式が行われていく。学校へ来てまだ数ヶ月なのだが、彼女は新しい赴任先へ。

離任式では金沢綾羽の取り巻き二人といじめられっ子であった冬川アザミが花束を持って壇上へ上がっていく。

いじめっ子といじめられっ子であった取り巻きとアザミの関係。しかし、現在では手を取り合って学校から離れていく心春を一緒に悲しむ仲になっていた。

彼女達の間に何があったのかは是非、小悪魔教師サイコ1巻を読んで頂きたい!

そして心春は新たな職場へ赴任していく。
彼女の赴任先は氷坂高校。職員室での全体打ち合わせで紹介される心春。40歳過ぎた小太りの女性教師・大多先生は赴任早々に3年クラスを受け持つ心春にどこか不満があるのか睨んでいく。

同時に大多以外の教師は心春を哀れむような目で見ていく。どうやら彼女の受け持つクラスは問題児ばかりの教室らしい。

受け持つ3年C組へ向かう心春。
外から中で男子生徒が暴れているのが聞こえてくる。

教室内では狐谷(こたに)と柴田といった生徒が喧嘩をしていた。それを制止しようと仲裁していたのが良村といった生徒。

良村は二人の喧嘩を止めようとして突き飛ばされていく。

12話ネタバレ

心春が教室に入っても二人の喧嘩が止まる気配はなかった。

『こんなに仲が悪いのに殺さないなんて二人ともナイス自制心ですよ』

それを来ていた良村。
心春のとんでも発言に驚いていく。取り敢えずクラスを纏めて着席させて新任の挨拶をしていく心春。

美人でスタイルの良い先生が新任となって喜ぶ良村と柴田。そして一人の女子生徒が心春に絡んでいく。彼女の名前は夏川礼香(なつかわれいか)である。心春とは系統の違う派手顔の美人生徒であった。

礼香は23歳の若さで2校目の赴任となる心春を前にして、前の学校でやらかしてウチに来たのかと冗談めいた言葉を投げかけていく。

『前の学校では生徒の幸せを守るという役目を終えたので』

教師としての模範的解答をする心春。礼香はさらに煽っていく。しかし、弁が立つと同時に鋭い指摘もする心春に圧倒されてしまい絡むことをやめていく礼香。

『もう放っといて…私に絡まないで』

そんなこんなで顔の確認も兼ねて出席を取っていく心春。

ここで「紫乃崎理人(しのさきりひと)」といった生徒の名前が呼ばれる。しかし、返事はない。見回すと心春は良村と目が合う。彼が答えていく。理人はあまり学校に来ない生徒だと。

理由を尋ねるが生徒の多くが気まずそうに目をそらしていく。この時は特に気にする事もなく朝のホームルームを終えていくことへ。

2時間目。
担当である心春の化学の授業が開始。授業は誰も騒ぐ事がなく順調に進んでいく。しかし、黒板へチョークで単語を書こうとすると黒板にはカッターが飛んできた事に気付いていく。

13話ネタバレ

カッターが黒板に投げつけられてこようと淡々としている心春。礼香が得意気な顔で心春を煽っていく。しかし、言いたい事が心春に伝われない礼香。カッターが投げれられた背景を明かしていく。

『先生のこと斬り殺したいくらい嫌いな生徒がカッターを投げつけたってこと!』

しかし、サイコパスである心春はそんな事ではまったく驚かない。逆に人をカッターで殺すなら的確に急所を狙うべきだとアドバイスをしていく。

そんな中、良村が犯人を探しましょうと意気込んでいく。一連の出来事や良村の犯人探しなどは無視して再び授業を再開していく心春。

そんな彼女の無防備な背中を狐谷が見つめていた。

場面は帰りのホームルーム。
教室では良村が手首を切っており、教卓の前は血溜まりができていた。驚く事もなく冷静に対処して良村を保健室へ連れて行く。周りの生徒は心春の冷静ぶりに驚きを隠せなかった。

放課後の保健室。
手当を受けた良村と対面。具合を心配していく心春。良村から怪我をした理由を聞いていく。

どうやら教卓に何者かが手首が切れるように細工をしてあった模様。たまたま運悪く先に良村が罠にハマってしまっていた。恐らくは心春の狙いの罠であった。

トラップの悪質な仕掛けを聞かされても逆に親切だとまったくビビる様子を見せない心春。良村も底の知れない心春に対して…。

『勉強になります』

狼狽したような表情で伝えていく。さらに良村。この学校に来てからは揉め事ばかりに巻き込まれると苦悩を明かしていく。その発端となっている狐谷と柴田の二人。

彼らの仲が悪い理由を心春に明かしていく良村。すると保健室のドアから音がする。振り向くと細く開いた隙間から男子生徒の顔が逃げていくのがわかった。

狐谷だったのだ。
呑気な心春に対して、良村は震えながらドアを見つめていた。

3日後の朝。
怪我の具合も良くなった良村が登校してくる。どうやら昔から運が悪いらしく、この日も登校前に自転車に轢かれたと心春に伝えていく良村。和やかな雰囲気で教室へ入る二人。

しかし、黒板の文字を見て良村は驚いていく。

『葛西はやめろ』

黒板にはいびつな文字で書かれていた。

14話ネタバレ

生徒からの嫌がらせを受けても微動だにしない心春。そのまま朝のホームルームを開始していく。

ここで礼香が心春を煽っていく。
一方、柴田は誰が黒板に書いたのか気になっており、良村に問いかけていく。しかし、良村も犯人を知る由はなかった。

心春が切り出していく。
自分を辞めさせたいなら嫌がらせよりも教育委員会や親、権力者を巻き込んだ方が良いと伝えていく。逆に校長や教頭は巻き込まない方が良いと伝える。その理由はもみ消すからだと歯に衣着せぬ物言いで生徒達を驚かせていく。

それでも礼香は煽る。

『先生、逃げたいだけなんでしょ…生徒より我が身の方が可愛いですよね~』

この言葉に当然だと伝えていく心春。自分が生きていないと生徒を幸せに出来ないからだと伝えていく心春。煽ってもすぐにかき消されてしまう礼香。

怒りで言葉を失っていく。
そんな中、女慣れしているチャラい男子生徒・伊万里が自分を幸せにして欲しいと主張していく。

彼の悩みは最近、フラレて彼女募集中だと。なので自分の相手を先生にして欲しいと訴えていく。

『構いませんよ…伊万里君がフラれた原因と改善点を皆で一緒に考えましょう』

言葉巧みに伊万里が恥をかくように仕向けていく心春。帰りのホームルーム前に伊万里は早退。何事もなく1日が終わっていく。その後、黒板下のコンセントにマルチタップを差し込む心春。

教室を出ると大多と対面していく心春。
大多は心春を見ると不機嫌そうにしていく。彼女もまた心春に嫌がらせや嫌味の一つでも言おうとするが、口達者な心春。逆に大多の顔を真っ赤にするような問答をして彼女の口角をヒクヒクと痙攣させていく。

心春に一本取られて血走った目で立ち去る彼女を見遣る大多先生。

『笑ってられるのも今のうちよ…あのクラスは特別製なんだから』

15話ネタバレ

数日後の校内。
良村が心春を呼び出しにやってくる。狐谷と柴田の二人が喧嘩をしているとのこと。

案内してもらって二人が喧嘩している現場へ。

西校舎の裏で狐谷と柴田はつかみ合っていた。心春が声をかけても気付かない二人。良村も仲裁に入っていくがまったく止める事は出来なかった。

拳を交えていく二人。
腕っぷしでは狐谷の方が圧倒的に強かった。殴りあいの喧嘩の間に入っていく良村。柴田が狐谷に殴りかかろうとすると彼は避ける。背後には心春が立っていた。

慌てて拳を止めようとして柴田はバランスを崩して良村も巻き込んで心春めがけて倒れ込んでいく。

良村の状況は下に心春、上に柴田であった。そして顔には柔らかい何かが押し当てられていた。良村は倒れ込んだ反動で心春の胸の谷間にうずくまっていたのだ。

3人が体勢を立て直す頃、狐谷は既に立ち去っていた。喧嘩も終わったので教室に戻る事を伝える心春。ハプニングで紅潮した柴田と良村をよそに心春は校舎へと戻っていく。

心春が職員室へ戻る途中、若手のイケメン教師・菊月と遭遇。心春の首筋に血がついていたので心配していく。生徒達が喧嘩していた事を伝えると菊月はすぐに狐谷と柴田の喧嘩だと断定。

彼らの不仲は教師の間でも有名であった。

『ここだけの話ですが葛西先生のクラス、特殊なんです』

3年C組の裏事情を明かしていく菊月。
通常、問題児は各クラスへ散らばるようにクラス分けを行うのだが、とある方の提案でC組にだけ問題児が集まっていると。いわゆる掃き溜めだと説明していく。

何かあれば力になると心春に伝える菊月。彼の好意は見え見えだが普段通りの笑顔で返していく心春であった。

放課後。
静まり返った校舎で一人の生徒がきょろきょろと周囲を見回して3年C組に入っていく。

柴田の机に向かい、アナフィラキシーショック用の緊急治療薬であるエピペンの安全キャップを外していく。そして中身の薬液を出して空っぽへ。

『…くくっ』

愉快に笑う一人の生徒。そんな生徒の行動を心春は教室の外から見ていた。

16話ネタバレ

心春は教室に勢いよく入っていく。柴田の治療薬を捨てていたのは優男のイメージがあった良村であった。まったく動揺を見せない良村。床に転がっていた使用済みのエピペンを見て誰がこんな事をしたのか…などと怒りを滲ませていく。

良村は自分が疑われているは承知の上で自分が犯人ではないと言い切っていく。とても自信に満ちた表情であった。

しかし、心春も自信に満ちていた。
そして彼女は教室に仕掛けていた隠しカメラの存在を明かしていく。コンセントに設置したマルチタップが隠しカメラの役割を担っていたのだ。

良村から余裕の表情が少し消えていく。

隠しカメラのデータをスマホに差し替えて保存された動画を観ていく心春。そこには良村がクラスの問題児に働きかけて、疑いの誘導をしていた。

教卓に仕込んであったカミソリ。
礼香には心春先生が何かしていたと心春が設置したかのように匂わせていた。

他にも柴田には狐谷がセコい嫌がらせをしていると嘘の情報を流していた。そして赴任してきた当初、黒板にカッターが投げつけられた事件も犯人は良村だったのだ。

黒板に「葛西はやめろ」といった嫌がらせも犯人は良村。彼は優男の皮を被った悪魔であった。

自分の本性は心春にバレていると観念した良村。全ては自分が自由に動ける為の準備だと語っていく。心春の異常性にも気付いている良村。彼は心春が提示する要求を飲み込んでいく。

『分かりました…約束破ったら先生に殺されそうですしね』

納得したのか…。同じ匂いを感じ取ったのか素直に心春の要求を飲むことにしていく良村であった。そして良村。見逃してくれたお礼に面白い事を教えると伝えていく。

『昨日の放課後、6時半過ぎに教室…面白いのが撮れてると思います』

良村が去った後、伝えられた時間の映像を見返していく。そこには受け持つクラスの生徒である伊万里と雪原あみが映っていた。

ズボンのチャックを下ろす伊万里。上目遣いで唇を大きく開き、伊万里の下半身に顔をうずめていく雪原。

ここで第2巻は終了。

小悪魔教師サイコ【2巻】感想

小悪魔教師サイコ(2)

新しい赴任先での物語が描かれていく第2巻。今回から一癖、二癖もある生徒が登場。3年C組の裏の支配者であった良村。ただ、彼は心春の異常性を察知。取り敢えずは彼女の要求を飲む事へ。

1巻と比べると心春のサイコパス度はまだまだといった具合。このまま終わるはずもないと思うのでこれからの展開に期待。

最終的に良村と心春のサイコパス対決なんか始まるのでしょうかね。読んでいてヒリヒリする感じは十分に伝わってくるので面白いんですよね。

そして最後に良村が心春に教えた伊万里と雪原の出来事。これを見て心春はどんなアクションや制裁を行っていくのか。今後の展開が楽しみですね!


小悪魔教師サイコ

小悪魔教師♡サイコ

原作・著者三石メガネ
価格780円(税込)

とある高校で、担任教師が生徒からのイジメにより入院した。新しく来た葛西先生は、美人でスタイル抜群。そのうえ天然で、きわどいトークにもニコニコ応じてくれる。「私が教師になったのは生徒を幸せにするため」と笑う彼女にまで、悪い生徒たちの魔の手が忍び寄る。しかし生徒たちは知らなかった——葛西先生は、サイコパスなのだ。

今すぐKindleストアへ


※Kindle unlimited加入者は無料で読む事が可能。

\\ 第1巻へ //
小悪魔教師💗サイコ【1話~10話ネタバレ】サイコパスな美人教師の粛清!