その着せ替え人形は恋をする【2巻ネタバレ】ギャル美少女…恋をする!

その着せ替え人形は恋をする(2巻)

福田普一先生が描く「その着せ替え人形は恋をする」第2巻

今回、コス衣装の制作時間が少ない事を知った新菜は精神的な窮地に追い込まれていく事へ。さらにマリンが新菜に対して本気で惚れてしまう事案も発生。

とにかく今回も読んでいてハッピーになれる内容。
ヒロインのマリンも本当に可愛い。新菜を好きだと察知した時のマリンとかヤバイです(笑)

この漫画の試し読み
その着せ替え人形は恋をする

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

その着せ替え人形は恋をする

その着せ替え人形は恋をする【1巻ネタバレ】新感覚の青春ラブストーリー!ヒロインに心鷲掴み!

2020年6月7日

その着せ替え人形は恋をする【2巻ネタバレ】

その着せ替え人形は恋をする(2巻)

8話ネタバレ

新菜はたった2週間で衣装を完成させないといけない事にプレッシャーを感じていく。そんな中、祖父にコス衣装制作の話をしていないので祖父は新菜の買い物してきたアイテム類を見て目眩。

倒れてしまって腰を強く打って2週間の安静が必要な状態へ。当面は従姉妹の家で面倒を見てもらう事になる祖父。

新菜は祖父が倒れてしまった事をマリンに伝えていく。しかし、衣装製作が捗っていない事は黙っていた。その中で来週から中間テストがある事をマリンから聞かされていく新菜。

テスト勉強に祖父のお見舞い、さらにコス衣装の制作…。さらに工房見学の予約などが入ってきて衣装製作に当てる時間がわずかしない新菜は追い詰められていく。

学校で元気のなかった新菜を心配するマリン。一方、新菜は自宅の真っ暗い部屋で一人仰向けになり、気力を失っていた。

9話ネタバレ

心労疲れなのか体調も優れなかった新菜。
同時に自身の不甲斐なさが悔しく涙を流していく。

そんな中、祖父の言葉が脳裏に浮かび上がっていく。さらに衣装を楽しみにしてくれているマリンの笑顔が思い浮かぶ新菜。

涙を拭き取って起き上がる新菜。

彼は疲れ果てた体にムチを入れながら必死でマリンのコス衣装制作の続きを行っていく。翌日、マリンのスマホに連絡が入る。

『できました』

『寝ます』

10話ネタバレ

イベント当日。
新菜の家に訪れて出来上がった衣装を眺めるマリン。同時にマリンは新菜が勘違いしていた事に悪気を感じていく。

新菜のペースでコス衣装の完成を待つつもりであったマリン。しかし、以前のやり取りで新菜が勝手に勘違いをしていたのだ。同時に安堵していく新菜。頑張ってくれた新菜を前に涙をボロボロとこぼしていくマリン(笑)

そして出来上がった衣装に袖を通していく事へ。

続いてメイクに関しても拘りを見せていく新菜。雛人形の顔を作る事を得意としている新菜。人間のメイクに関しても通ずるモノがあるようでマリンのメイクを施していく。

11話ネタバレ

メイクもばっちり、衣装も着替えて登場するマリン。

『あたしちゃんと性奴隷になれてる…!?』

『はい!喜多川さんは立派な性奴隷です!』

マリンは自分でもびっくりするクオリティの高さにテンション爆上げ。今までにない程、舞い上がっていくマリン。そして新菜の部屋で撮影会がスタートしていく。モデルとしてコス対象の雫たんに成りきっていくマリンを見ていると新菜もテンションが自然と上がっていく。

堪えきれないマリン。
明日のイベントにこれで参加しようと提案していく。一応、土日やっているイベントなので明日もイベント自体は行われていた。

一方、マリンはコス写真をSNSに投稿。それを見ていた一人の女性が『は?なんなのこいつ』と敵対心剥き出しにしていた。

12話ネタバレ

コスイベントに参加していく新菜とマリン。
早速、マリンを撮影したいといったカメコも現れていく。撮影の邪魔にならないよう席を外していく新菜。

離れた所からマリンを見守っていく。
同時にコス衣装の制作が終わったから、これでマリンとの関係もこれで終わってしまうと虚無感に襲われていく新菜。

彼女との思い出を振り返って『楽しかったな…』と思いを馳せていく新菜。そんな彼と目が合って満面の笑みを浮かべてくるマリン。彼女の笑顔に心持って行かれる新菜。そしてマリンが迫ってくる。

『ごじょー君、あのね、わたし服脱げそう』

『なんですって?』

13話ネタバレ

何故か衣装が脱げそうになっていたマリン。
彼女を胸を盛る為にヌーブラ2枚重ねをしていた。さらに炎天下での撮影で衣装やウイッグの中はムレムレ状態。

二人は涼しい場所へ移動。
新菜はマリンのケアをしていく事へ。

火照ったマリンの体を新菜があの手、この手で冷やしていくサービスショット満載の内容である。

14話ネタバレ

念願だった雫たんの衣装を着て、コスイベントに参加したマリン達。感無量といった感じで帰路へ。その電車内、良い経験が出来たとマリンに感謝の言葉を述べていく新菜。

『次、何のコスしよっか?』

マリンの依頼は一着だけではなかった…彼女はこれからも新菜にコス衣装の依頼をしていこうと思っていた。それを聞いて繋がりが終わらない事に嬉しみを感じていく新菜。

色々と安堵した新菜は電車に揺られてウトウト状態。朦朧とした意識の中で自分に向けたマリンの笑顔が脳裏に思い浮かぶ新菜。

『喜多川さん…とても奇麗でした…』

マリンは思い出してく。
新菜から「奇麗」といった言葉が出るのは心から本当に思っている時だと…。

寝てしまった新菜の隣で顔を真っ赤にしていくマリンであった。

15話ネタバレ

コス衣装を自分で洗うべく、新菜宅にお邪魔して洗濯していくマリン。そして体調が回復した祖父も家に戻ってくる。

新菜の隣に可愛い女子高生…さらに新菜は露出の多い衣装を持っていた。祖父は新菜が如何わしい何かをしているのではないかと勘違い。しかし、説明して祖父の誤解も解けていく。

一方、コス衣装について祖父と談義していく新菜。

そんな彼を見ていたマリンは心臓がキュンキュンしていく。彼女はガチで新菜の事を好きになっていた。同時にお腹がすいて盛大にお腹が鳴るマリン。新菜宅で夕飯のご馳走になっていく事へ。

そしてマリンの生活背景が明かされていく。
彼女は実はある事情があってほぼ、一人暮らし状態であった。彼女の食生活を知った新菜の祖父はこれからご飯を食べ来なさいとマリンを誘っていく。

駅まで新菜に送ってもらい、この日はお別れ。電車内で新菜の事を想って頬を赤く染めていく新菜。

一方、新菜の自宅兼工房には一人の女子高生が雨の中、訪れてくる。

その着せ替え人形は恋をする【2巻の感想】

その着せ替え人形は恋をする(2巻)

いや〜本当に面白かった!
マリンの恋に対する初々しさとか反則級。恋愛慣れしているようなギャル美少女のマリンですが、実は慣れていないギャップが最高にいいですよね!

コスプレが完成したマリンも普段とはまったくの別人といった雰囲気で良き!

漫画内の主人公とヒロインの雰囲気が良すぎて何度もリピート読みをしてしまう漫画。イチ推しのラブコメ漫画なので興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡


その着せ替え人形は恋をする

その着せ替え人形は恋をする

原作・著者福田晋一
価格600円(税別)

いつも友人の輪の中心にいるギャル系美少女、喜多川海夢。クラスメートの五条新菜は、彼女を“別世界の人間”だと思っていた。雛人形の頭師を目指す新菜が、放課後被服実習室で作業していると、そこに現れたのは…まさかの…!? 二人のドキドキ山盛り☆コスプレ・スクールライフが始まる!!

今すぐ試し読みする