王様ランキング【144話~148話ネタバレ】魔神にノーリスクで願いを要求!?

漫画「王様ランキング」144話、145話、146話、147話、148話の内容をご紹介。

今回も怒涛の展開を見せていきます。
魔神と対決。そして願い。デスパーや隊長の怒り。ミランジョ編に一区切りがつく形となっていきます。しかし、大きな問題も発生。

ボッス無き、新生ボッス王国はどうなっていくのか!?

王様ランキング【144話】ネタバレ

ミランジョの入った鏡を破壊しようとするボッス。ボッジが攻撃してボッスの動きを止めていく。

一方、デスハーのもとには王様ランキングの運営スタッフ。デスハーは王様ランキング1位の座を自ら辞退していく。1位のみが入る事を許される宝物庫にオウケンを救う方法があるかも知れないと言って粘る運営スタッフ。

しかし、デスハーは弟であるデスパーが必ず元に戻してくれると信じていた。何故か運営スタッフはデスハーは1位の座につかない事を悔しがっていく。

『おーおーいやだいやだ』

何やら裏事情を知っているのか…。余裕綽々といった具合のデスハー。

ボッジに完全敗北を悟ったボッス。身体はダイダに返してあげたいと伝えていく。ミランジョも同じ想いであった。

ミランジョはボッジに自分を破壊するように指示を出していく。破壊すれば呪いは消えてダイダが戻ると伝えていく。戸惑う表情を見せるボッジ。

『あなたは王様になるのでしょ?自ら決断し、実行しなくてはいけません』

ダイダとの思い出が蘇ってミランジョを破壊する決意を固めるボッジ。しかし、鏡の前にアピスが立ちふさがっていく。

『ボッジ様、お願いです…やめて下さい』

ミランジョにダイヤ化するように伝えるアピス。しかし、ミランジョには魔力が残っていなかった。カゲを救った時に多くの魔力を消費していたのだ。

一度、デスパーを見遣って再び決意を固めるボッジであった。

王様ランキング【145話】ネタバレ

カゲはデスパーに詰め寄る。何故、ボッジに辛いことをさせるのだと。デスパーも目的がある。オウケンを救う事であった。さらにミランジョ自身も因果をボッジに終わらせて欲しいと思っていた。

これが最良の解決策だと訴えていくデスパー。

覚悟を決めたボッジ。同時に最後に笑顔でミランジョを声をかける。そしてガラスを割っていく。

『ボッジ様ごめんなさい…そしてありがとう』

ミランジョの鏡が破壊されたと同時にボッスも倒れる。二人の魂が天に昇っていく。同時に魔神が登場。魔神を止めようとするボッジだが涙を流す演技をしてボッジを戸惑わせていく。

その隙に空へ飛んでミランジョの魂を捕まえようとしていく魔神。

ボッスは気づく。
ミランジョが一緒に天へ行けない事を。

『私は一緒に行けないのです、魔神との約束を守ります』

魔神に捕らえられて飲み込まれていくミランジョの魂。ボッスはダイダにミランジョを託すことへ。魔神の中で魔神の良心と出会うミランジョ。

『ごめんね、約束やぶって』

『来てしまったんだね』

闇の中には魂を喰らう魔神の姿。そこは永遠に続く痛みと苦しみの世界であった。絶望するミランジョ。

王様ランキング【146話】ネタバレ

魔神との約束は想像以上の地獄であった事に絶望するミランジョ。そんな闇の中にダイダが現れていく。そして闇に亀裂が入っていく。

現実世界ではボッジがホクロの持つボウガンで魔神を攻撃するように指示を出していく。これが何を意味するのか…すぐに察知したデスパー。

飛んでくる矢をたやすく弾く魔神。しかし、意識が矢にいっている間にデスパーは雷の準備をしていた。

雷が魔神の脳天を直撃。
落ちてきた魔神の首を隊長が切断していく。

デスパーの目的が達成される。そして魔神と取引するデスパー。

『首を返して欲しくば我が願いを叶えよ!』

魔神は願いを受ける事へ。デスパー達の目的はオウケンを元に戻すこと。しかし、ボッジの脳裏にはミランジョが思い浮かぶ。オタオタしているとダイダが叫ぶ。

『魔神よ、ミランジョを生き返らせてくれ!』

唖然とするデスパーに隊長。
一方、ミランジョのいる闇に光が差し込んでいく闇を壊したのはダイダであった。

王様ランキング【147話】ネタバレ

闇からミランジョを救うダイダ。
一方、ボッジは魔神の良心である子供と何やら楽しそうに会話していた。

ミランジョは思い出す。
ボッジが鏡を破壊する前に伝えてきた言葉を。ボッジは魔神から助けるからねとミランジョに伝えていた。

『さよならミランジョ』

魔神の子供も納得した様子でミランジョを見送る。そして現実世界。魔神はミランジョを世界に戻す事へ。生き返る事に成功したミランジョ。

ミランジョを抱きしめて感謝するダイダ。ずっと実際に会いたかったと伝えていく。

『おかげでオレは成長できた!』

一皮むけたダイダを見て目を輝かせるベビン。

一方、ショックで膝を落とすのがデスパーであった。念願だったオウケンを取り戻す作戦が失敗。顔が青ざめていく。魔神も消えていってしまう。

そんな傍ら…ダイダが衝撃の言葉を放っていく。

『オレの妻になってくれ』

まさかのミランジョへのプロボーズであった。

王様ランキング【148話】ネタバレ

ミランジョを自身の姫とするダイダ。危害を加える事は許さないと周りに伝えていく。ここで納得いかない人物が一人。

『なにをぬかすかー!』

隊長であった。オウケンを救う為に協力をしていた隊長やデスパー。しかし、彼らの悲願は達成できず隊長の怒りが爆発していく。

『出来るだけの償いはする…どうか許してほしい』

隊長はミランジョの責任を取らせようとしていく。しかし、デスパーはオウケンの良心と触れ合った時に伝えられた言葉を思い出していく。

『あれはミランジョのことかい?』

納得するデスパー。沢山の金銀財宝で今回は手を打とうと承諾していく。そしてミランジョに近寄っていくデスパー。彼女へメッセージを伝えていくデスパー。

『なぜ、あなたが罪を犯す事になったのか…それを教訓として次の世代に伝えてください』

デスパーはそれがミランジョの使命であり、罪滅ぼしになると伝えます。ダイダは兄の件についてもデスパーに感謝していく。しかし、ボッジは皆の知らないところで密かに鍛えていた下地があったからこそ、強くなれたと明かしていく。

そしてデスパー達の懸念は兄、デスハーに移っていく。デスハーの悲願でもあったオウケンの呪いを解くこと。それが達成されなかったと知れば報復戦争に成りかねないと訴える隊長。

『兄者はそんな愚かな選択はしないでしょう』

しかし、自分たちが何かしらの罰を受ける可能性はあると考えるデスパー。自分の保身を考えていく。そして隊長やボッジに愚痴をこぼしていくデスパー。人の変わりようにドン引きする周囲であった。

周囲の空気を読んで平常心を保つデスパー。仕方なく兄であるデスハーに連絡。事情を受け取ったデスハー。怒りがこみ上げていく。

ここで148話は終了。

王様ランキング【144話~148話】感想

魔神を成敗してリスク無しで取引をする算段だったのはあっぱれである。ちょっとドラゴンボール味があった今回の内容。魔神は神龍のように何でも願いを叶える事が可能な存在。

そしてダイダとミランジョが結婚。もう怒涛の展開であった。最後は悲願を達成できなかったデスハーが怒り狂う場面。再び波乱が訪れるのか。

ようやく一区切りがついて平和が訪れるかと思いきや、不穏な空気へ。続きが楽しみである!


王様ランキング(単話版)

王様ランキング【単話版】

原作・著者十日草輔
価格1冊:55円(税込)

王族の長男で、巨人の両親を持ちながらも、自身は体が小さく、短剣すらまともに振れないほど非力な王子ボッジ。しかも耳が聞こえず、言葉が話せないボッジは、周りからは次期王の器ではないと噂され、どこか空虚な毎日を過ごしていた。しかし、ひょんなことから心が通じる「カゲ」という友達を得て、人生が輝き始める。

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの検索窓にて『王様ランキング』と入力して絞り込み検索をかけると素早く作品を表示してくれます。巻版と単話版があるので注意して下さい。

\\ NEXT //
王様ランキング【149話~151話ネタバレ】新王子が誕生!

↓↓以下で王様ランキングのネタバレをまとめています↓↓
王様ランキング【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!