王様ランキング【128話~130話ネタバレ】ボッスとミランジョの物語が明かされていく!?

漫画「王様ランキング」128話、129話、130話の内容をご紹介。

今回はミランジョ中心に物語が描かれていきます。三途の川にてシーナ、母親と対面する事になるミランジョ。二人に諭されていくミランジョですが、我が道を突き進む事へ。

そしてボッスが闇の中にいるダイダへ自分とミランジョの記憶を見せていく事へ。ようやくボッスとミランジョの現在に至るまでの関係性が明かされていきそうです!

王様ランキング【128話】ネタバレ

場面はボッジ達へ。
まだミランジョの作り出した意識の中にいるボッジとデスパー。三途の川にはミランジョ、そしてボッジの母であるシーナとミランジョの母が川を挟んで向かい合っていた。

シーナを見て思い出が蘇るボッジ。
久しぶりの母を見て嬉しさもこみ上げて涙をこぼしていく。シーナに近づきたいが見えない壁によって何もする事が出来ないボッジ。しかし、凛とする母親の姿をを見てボッジも泣き止み、母を見据えていく。

『ボッジ君、あなたのお母さんですか?』

すぐに気づくデスパー。
しかし、この状況に嫌な予感を感じていく。対峙するミランジョ、シーナ、ミランジョ母。

『よくもまぁ、私を殺してくれたな』

怒りを滲ませて指をボキボキと鳴らしていくシーナ。しかし、冷静なミランジョは伝えていく。死者は川を渡る事が出来ないと。

シーナは指を鳴らすのは癖だと伝えていく。二人が自分の前に現れた理由を問うミランジョ。

『お母さんと一緒に私を諭すつもりか…それとも私に懺悔を求めるか?』

ミランジョ母が問いかけていく。

『どうして?どうしてなの?』

口を閉ざすミランジョ。同時にシーアは気づく。今のミランジョは死者の世界にも来れない状況である事を。

王様ランキング【129話】ネタバレ

ミランジョの魂が死神に入る当時の回想。
瀕死だったミランジョは死神に懇願。魂を鏡に移してもらう事へ。しかし、その時の契約で死ぬ選択をした時、魂を喰らうと約束されていた。つまりミランジョは死者の世界に行く事も出来なかった。

『二度目だ…お前が私を裏切るのは…』

意味深な言葉を放って消えていく死神。

シーナはミランジョに問う。この色々な人を傷つけてまで進んでいくのかと。

『もうお前を恨んではいないよ』

シーナは殺された事にもう恨みはないと伝える。ミランジョの事も母親から色々と聞かされていると答えるシーナ。

そして自分の息子であるボッジを出していく。あの子は強いし、たくさんの人に守ってもらっていると。二人はミランジョはしようとしている事はもっと不幸な人を増やし、自分自身も不幸にするだけだと。

『そんなことない!またボッス様と一緒になるんだ、私は幸せになるんだ』

涙を見せるミランジョ。
死の世界から生の世界に戻ろうとしていく。世界が戻される中でデスパーはボッジに伝えていく。

『最後にミランジョを阻止し、審判する事になるのはきっとあなたでしょう』

『あなたの母を殺した対象を裁くことになる』

ボッジはミランジョを殺せないと頭を横に振る。デスパーはボッジを見込んだ通りの男だと称して自分が見たミランジョの記憶をボッジにも見せる事へ。

彼女の記憶を見て涙を流すボッジ。

それを踏まえた上でデスパーは伝える。もうミランジョを救う事は誰にも出来ないと。

一方、闇の中に一人でいるダイダ。
父親であるボッスが語りかけてくる。そして彼はダイダにミランジョと自分の記憶を見て欲しいと伝えていく。

王様ランキング【130話】ネタバレ

ボッスとミランジョの回想へ。
死の淵からミランジョを救って二人で生活をするボッス。しかし、母親を殺され、人間達に酷い事をされたミランジョは精神がとても不安定であった。

何も言わず只々、ミランジョの傍にいるボッス。
少しずつだが食事も口にするようになっていくミランジョ。そんな中、夜中に目が覚めると隣にミランジョがいない事に気づくボッス。崖の上を見ると朦朧としているミランジョの姿。

そして彼女は崖の上から身を投げだしていく。

身を挺してミランジョを守るボッス。堪らずボッスも泣き叫んでいく。その後、二人は沢山の景色を見る為に世界中を旅していく。旅は何年と続き、成長していくミランジョ。

ここで130話は終了。

王様ランキング【128話~130話】感想

128話~130話はミランジョ中心の回想が描かれる内容。悪魔に魂を売ったミランジョは死ぬことすら許されない状態。彼女の死は死神に喰われて完全に消えてしまう事。

そして明かされようとしていくボッスとミランジョの物語。二人の間に何があったのか。ようやくミランジョがボッスに固執する理由が明かされていきそうです!


王様ランキング(単話版)

王様ランキング【単話版】

原作・著者十日草輔
価格1冊:55円(税込)

王族の長男で、巨人の両親を持ちながらも、自身は体が小さく、短剣すらまともに振れないほど非力な王子ボッジ。しかも耳が聞こえず、言葉が話せないボッジは、周りからは次期王の器ではないと噂され、どこか空虚な毎日を過ごしていた。しかし、ひょんなことから心が通じる「カゲ」という友達を得て、人生が輝き始める。

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの検索窓にて『王様ランキング』と入力して絞り込み検索をかけると素早く作品を表示してくれます。巻版と単話版があるので注意して下さい。

\\ NEXT //
王様ランキング【131話~133話ネタバレ】魔神に魂を売るボッス王!?

↓↓以下で王様ランキングのネタバレをまとめています↓↓
王様ランキング【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!