「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【3話ネタバレ】次期公爵のちょい照れが可愛い!?

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

水埜なつ先生、三沢ケイ先生のコンビで描かれる漫画「きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます」最新話となる第3話の内容をご紹介。

今回はレベッカのお茶会に出席するエルサ。レベッカやセラフィーナと対面をしてユリウスについて意外な一面を知っていく事へ。またセラフィーナとも一悶着!?

その後、ユリウスの誕生日を知ったエルサはパーティーを開催。エルサの優しさや純粋さに包まれてちょい照れしていくユリウスなどが描かれる注目の内容に仕上がっていますよ!

この漫画の試し読み
「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信・試し読みも可能です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「きみを愛する気はない」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【2話ネタバレ】二人は契約結婚だった!?

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【3話】ネタバレ

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

リーコネン侯爵邸に到着したエルサ。この日はユリウスの幼馴染でもあるレベッカのお茶会へ出席。到着と同時にレベッカがお迎えに来てくれる。優しそうな雰囲気のレベッカにホッと一安心するエルサ。

そして一緒にお茶会場まで案内してもらう事へ。

『エルサ様…ユリウスとの新婚生活はいかがですか?』

会場への移動中、生活について尋ねるレベッカ。エルサにとって何不自由と不満のない生活である事を伝えていく。それを聞いて安心するレベッカ。

『彼は仕事のことになると本当にどうしようもないので友人として心配していたのです』

そして会場へ。
多くの夫人が既に席についており、一通りの挨拶をすませるエルサ。すると結婚式の日に挨拶をしたキラキラ系女性であるセラフィーナと対面。

簡単な挨拶をしていく。
するとセラフィーナはユリウスとは以前から親しくさせてもらっていると語り、出会いを語っていく。次第に熱が入ってしまうセラフィーナ。

『家格の釣り合いという面だけで妻に選ばれたエルサ様にもきっとお優しく接してくださるのでしょう』

セラフィーナのマウントが入ろうとするとレベッカが割って入ってくる。

『あまり品のないことを言いたくありませんが…ご実家の爵位が伯爵というのをお忘れですか?』

爵位で言えばエルサの方が上。無礼な言葉はよしなさないと遠回しに圧力をかけるレベッカ。謝罪すると共にレベッカは体調が優れないと会場を後にする事へ。

エルサに気にしないように伝えるレベッカ。しかし、彼女は天然なのでセラフィーナのマウントにまったく気づいていなかった。

『セラフィーナ様のマウントに気づいてない…なんて純粋な方ですの!?』

逆にエルサに対して親心的なものが芽生えていくレベッカであった。

お茶会もスタートしてエルサはレベッカと同じ席へ。彼女からユリウスのことで気に留めておいて欲しい事があると伝えられていく。

ユリウスの仕事は国政の為に様々な女性をターゲットに情報を引き出す諜報活動を行っていた。女性をその気にさせた後に相手の気持ちも配慮しない離れ方などをする時があり、敵を作ったり…また彼と親交が深いと相手女性などから狙われる場合もあると伝えていく。

『いろいろ訳ありなのですが根はやさしい人なのでどうか見捨てないであげてほしいのです』

エルサはその話を聞いた上でユリウスに抱く本心をレベッカに打ち明けていく。エルサの印象としてユリウスは悪い人ではない事がわかっていた。家族の支援もしてもらっているので恩を報いたいとレベッカに伝えていくエルサ。

彼女に感銘を受けていくレベッカであった。同時に幼馴染であるレベッカに聞きたい事があると伝えるエルサ。

『ユリウス様の好きな食べ物ってなんでしょう』

レベッカからグラタンが好きで特にミートグラタンには目がない事を聞くエルサ。彼の意外な一面を知っていく。さらに来月がユリウスの24歳の誕生日である事も初めて知る事になるエルサ。彼女の中で誕生日を祝いたい気持ちが芽生えていく。

『わたくしがお祝いしても嫌がられないでしょうか?』

乙女なエルサを見て俄然、彼女への協力心が増していくレベッカであった。

場面転換。
ユリウスは上司であるアレクシスからエルサとの生活はどうかと尋ねられていく。彼女の1日の行動を伝えていくと爆笑するアレクシス。なんだかんだ上手く行っている事に安堵する。

『良い夫婦になれそうではないか』

そんな言葉を伝えられると家庭といったものを考えていくユリウス。しかし、自分にはまだ家庭が理解できていないといった結論に達していく。

そして帰宅。
メイド達からエルサが食堂で待っていると伝えられる。食堂へ向かうとケーキなどが用意されており、エルサは彼の誕生日をお祝いしていく。そしてブラウスとカフスボタンのプレゼント。

サプライズに驚いて言葉が出ないユリウス。

『もしかして干渉しすぎましたでしょうか…これは契約違反でしたか?』

ユリウスは驚いただけであると伝える。それを聞いて安堵するエルサ。再びユリウスの24歳の誕生日におめでとうの言葉を送っていく。

『……ありがとう』

ちょい照れするユリウス。ここで第3話は終了。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【3話】感想

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

感情を表に出さないユリウスが初めて見せた照れ表情。極甘の溺愛までは全然ですが、少しずつ二人の距離が近くなっていく感じが読んでいて、とても微笑ましい限り!

エルサのキャラが本当に健気で可愛いので男子も女子も必見ですよ!

早く二人のイチャラブ姿が見てみたいですよね!是非、興味が出た人はチェックしてみて欲しい甘い甘いファンタジーラブストーリーです!


「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

原作・著者水埜なつ / 三沢ケイ
価格165円(税込)

没落貴族の令嬢、エルサのもとに舞い込んだ報せ。それは超エリート貴族、ユリウスからの求婚だった。「そんなご立派な方がなぜ私と?」不思議に思いつつも結婚を決めたエルサだが、挙式後、それまで優しく穏やかだったユリウスが豹変!「今後、きみを愛するつもりは一切ない」と冷たい声で告げてきて!? こじらせ次期公爵 × 前向き没落令嬢の焦れ焦れラブコメディ♪

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの「検索窓」に「漫画タイトル」を入力する事で作品を素早く絞り込んで表示させる事ができます。

\\ NEXT //
「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【4話ネタバレ】気持ちに気づく拗らせ次期公爵!?