「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【1話ネタバレ】衝撃の言葉から結婚生活開始!?

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

漫画「きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます」をご紹介。この漫画は水埜なつ先生、三沢ケイ先生のコンビで描かれる作品である。既刊分の第3話まで読んでみたが「わたしの幸せな結婚」をよりマイルドにしたファンタジー系ラブストーリー漫画である。

あちらが不穏なサスペンス寄りなら、こちらは数段階明るい感じといった具合だ。

きみを愛する気はない…そしてわたしの幸せな結婚…両方の漫画に対して言える事はヒロインが健気である事である。そして、どちらの旦那様もクールで愛情を表に出すのが下手と言うかぎこちないのである。

ファンタジー系ラブストーリー好きなら是非、チェックしてみて欲しい作品。期間限定である2021年04月23日まで第1話が無料配信中である。

この漫画の試し読み
「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信・試し読みも可能です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「きみを愛する気はない」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【1話】ネタバレ

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

ヒロインであるエルサの結婚式当日。初めて彼女は結婚相手であるユリウスと対面を果たしていく。何故、このような状況になったのか…時間は遡って描かれていく。

ラルト国ユカライネン公爵家領地の孤児院。エルサは自家栽培している野菜を持って訪れていく。孤児院ではエルサが来た事を聞きつけたアランが作業着を追加で欲しいと伝えていく。エルサは裁縫が得意なのだ。

帰り際にパンを受け取り帰路へ。

エルサの血筋であるユカライネン家の背景が明かされる。100年前は王家であったユカライネン家。しかし、悪政と隣国への戦争によって負け失墜。現在はただの元王家といった具合でこじんまりとした家で暮らしていた。

エルサの家族は両親と弟のハンネス。

決して裕福な家庭ではなかったが持ち前の明るさなどを駆使してエルサの家族は幸せに暮らしていた。しかし、エルサは考える19歳になったので腹をくくって保留にしていた縁談を受ける時が来たのかと…。

両親に相談しようとすると別の縁談が来ているとエルサに告げる両親。

『お前にロイアス公爵家の長男…ユリウス殿から婚姻の申し込みが来た』

驚愕する両親と弟のハンネス。
しかし、エルサはユリウスと会った事も無ければどこかで出会った面識すらなかった。ハンネスは求婚を受けいれれば何かの企みに巻き込まれ兼ねないと伝えていく。

『わたくし結婚します!』

エルサの答えは即であった。心配する両親だが自分が公爵家に嫁げば両親やハンネスの生活は保障される。自分が耐えれば家族は幸せになれると考えていた。

そんな背景があって冒頭の場面である結婚式当日へ。

そしてこの日がユリウスと初対面の日でもあったエルサ。仕付け室へやってきたユリウスを見て驚くエルサ。超イケメンのキラキラしたお方だったのだ。

『この度は求婚をお受けいただきありがとうございます』

挨拶をかわす二人。
そのまますぐに挙式の準備が整って会場へ入っていく。

何事もなく挙式は終了。豪華に並ぶ料理に目移りしてしまうエルサ。最近はパンとスープしか食べていなかった。そこへユリウスの知り合いでもあるセラフィーナといったキラキラ系女性が登場。

彼女を挨拶をかわすエルサ。

『想像しておりました以上に素朴な容姿の方ですのね』

嫌味マウントを取ろうとしていくセラフィーナ。そこへエルサの両親が訪れる。エルサの耳元で尋ねる。ユリウスとは上手くやっていけそうかと。

『はい、きっと大丈夫です…それより…ごはんがすごくおいしくて食べ過ぎそうです』

エルサの様子を見て安心して二人を祝福していく両親。

その夜からロイアス公爵家に入る事になるエルサ。出迎えはメイドが数十人。リアルセレブな雰囲気に圧倒されていく。同時に今夜は結婚初夜だと照れるエルサ。そんな彼女にユリウスが声をかけていく。

『ひとつ言っておく…俺はきみと結婚したがきみを愛するつもりは一切ない』

昼間とは違って別人のように冷たい表情と声で伝えられていくエルサであった。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【1話】感想

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

1話終盤で訪れるユリウスからの衝撃の一言。彼の真意は…そして結婚の裏に隠された事情は一体何なのか…。

もう第1話から惹きつけてくる内容なので気になった人はチェックしてみて下さいね!

絵が綺麗でヒロインが健気で応援したくなる天然キャラです。まだまだ溺愛されるまで時間はかかりそうですが、かなり胸キュン要素などたっぷりと注がれる注目作品ですよ!


「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

原作・著者水埜なつ / 三沢ケイ
価格165円(税込)

没落貴族の令嬢、エルサのもとに舞い込んだ報せ。それは超エリート貴族、ユリウスからの求婚だった。「そんなご立派な方がなぜ私と?」不思議に思いつつも結婚を決めたエルサだが、挙式後、それまで優しく穏やかだったユリウスが豹変!「今後、きみを愛するつもりは一切ない」と冷たい声で告げてきて!? こじらせ次期公爵 × 前向き没落令嬢の焦れ焦れラブコメディ♪

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの「検索窓」に「漫画タイトル」を入力する事で作品を素早く絞り込んで表示させる事ができます。

\\ NEXT //
「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【2話ネタバレ】二人は契約結婚だった!?