だから君だけ目を閉じて【19話〜25話ネタバレ】追っていた日付の真相が明らかになる!

だから君だけ、目を閉じて~彼女の遺書と君の嘘~

三石メガネ先生、咲原かえで先生のタッグで描かれるミステリーサスペンスヒューマンドラマ「だから君だけ、目を閉じて~彼女の遺書と君の嘘~第19話〜25話を紹介。

この間で少しずつ奥田の自殺に関する真相が暴かれ出していきます。

誰が嘘をついて何を隠しているのか…。ヒロインである陽菜は何故、黒幕にハメられてしまったのか…謎が謎を呼ぶミステリー展開。学園モノのミステリーサスペンスが好きな人は是非、チェックしてみてください☆彡

面白いですよ!

この漫画の試し読み
だから君だけ、目を閉じて~彼女の遺書と君の嘘~

この漫画は電子書籍ストア「まんが王国」のみ先行配信中! 無料試し読み可能です。是非!

今すぐ試し読みする

だから君だけ、目を閉じて~彼女の遺書と君の嘘~

漫画「だから君だけ目を閉じて」13話〜18話ネタバレ!信用できる友人に浮かび上がる闇!?

だから君だけ目を閉じて【19話〜25話ネタバレ】

だから君だけ、目を閉じて~彼女の遺書と君の嘘~

19話ネタバレ

銀城は陽菜だけを呼び出して9月16日の件で得た情報を明かしていきます。

『16日の放課後…ある女子生徒がここから走り去る人を目撃したらしい』

こことは科学実験準備室。
そして走り去る人物を目撃した女子生徒の正体は同クラスメイトの鈴木チコといった女子であった。

当時の回想シーンが描かれていく。
チコは準備室の方から男子生徒が扉を開けて出てくるのを目撃していた。その後、準備室からは女性の叫び声が聞こえてきたと銀城に伝えていた。

さらに銀城はチコから聞いた話の続きを陽菜に伝えていく。チコは走り去る男子生徒の顔までは見ていなかったが準備室の方から聞こえてきた叫び声は覚えていたらしい。

『どうして…庄司くん』

この学校に名字で「庄司」とつくのは巧だけであった。さらに銀城は9月16日の奥田さんの日記を照らし合わせていく。

『いじめた相手への恨みの最後…どうして助けてくれない?』

陽菜の中で巧に対する疑心暗鬼が増幅していく…。銀城の話を解釈すると奥田さんが巧に助けを求めたけど、巧は助ける事をしなかったと憶測。銀城も巧は何かをまだ隠していると打ち明けていく。

20話ネタバレ

巧がいじめられていた奥田を見捨てる事が信じられなかった陽菜。直接、巧に事情を聞こうとするが銀城が制止する。

『わかるよ…春川が…誰を思っていて…誰を一番信じたいのか…』

銀城は陽菜に『巧と距離を置いた方がいい』と説得。

銀城は陽菜を本当に守りたいと男らしい一面をのぞかせていく。しかし、やはり心のどこかで巧が人を裏切るような行動をするのが信じられない陽菜。目撃者である鈴木チコに直接会って話を聞くことへ。

チコは準備室で奥田を苛めていたのは陽菜だと思っていた。それを否定して16日の件について詳しく聞いていく陽菜。すると意外な事実が判明していく。

『奥田さんが庄司くんに手紙を送っていたのは知っていたから…』

チコの口から新情報が飛び出していく。
陽菜の脳裏には巧を蔑む手紙の事が過っていく。『いやがらせの手紙は奥田さんが?』と解釈していく陽菜であったが見当違いであった。

『(嫌がらせの手紙)何のこと?奥田さんから庄司くんへのラブレターのことだよ』

21話ネタバレ

陽菜も知り得なかった情報がチコの口から飛び出していく。奥田は巧にラブレターを送っていたのだ。陽菜は何故、チコがそこまで奥田さんの事について詳しいのか疑問だったので尋ねていく。

理由は簡単であった。
チコは巧を推す女子達で集まるトークグループに参加していた。

『奥田さんも巧ファンクラブのメンバーだったの?』

チコはそれを否定。
どうやらメンバーの小酒井、篠部といった2人の女子が奥田の事をよく思っていなかったらしい。2人の名前は奥田の日記にも名前が挙がっていた。ただ、チコも詳しい内容は知らず2人からラブレターとだけ聞いていた。

新事実が浮上した所で陽菜も本題に入っていく。

『準備室でいじめられてた子が何故、奥田さんだと思ったのか聞いてもいい?』

チコの答えは声が絶望しきっていたからだと語る。さらに「どうして庄司くん」と叫んでいた事も尋ねていくと…チコは『だいたいそんな感じ』だったと答えていく。明白ではなかった。

陽菜は当日の様子を具体的に知りたかったのでチコに再現して欲しいとお願いをしていく。

チコの再現は濁点混じりの濁った叫び声であった。

そして放課後。
巧との接し方について考えていると校門で巧は陽菜の下校を待ち伏せ。『陽菜ちゃん…待ってたよ』と笑顔で答える巧であったが少しだけ怯んでしまう陽菜。

22話ネタバレ

結局、巧と帰宅していく陽菜。すると彼の方から突っ込んでくる。

『銀城くんと何話してたの?』

返答に困っているとあっさりと質問を遠慮していく巧。陽菜もデリケートな話だったからと何とか誤魔化していく。そして自宅近くまで送ってもらう陽菜。背を向けて家に入ろうとすると…。

『ヒナちゃん…銀城くんのこと好き?』

いきなり背後から陽菜を抱きしめていく巧。

そして彼は僕の言葉より他の人の言葉を信じないでと意味深な言葉を投げかけていく。巧の真意がまったくわからなくなっていく陽菜。

そして頭を切り替えて陽菜は奥田の事について小酒井、篠部に聞き込みをしていく。

奥田に対する印象、関係を尋ねていく陽菜。彼女達からは想定通りの解答が返ってくる。そして9月16日に件について何かを知っているか尋ねていく陽菜。ここでも新たな事実が浮上していく。

『知ってるっていうか…それうちらだよ』

23話ネタバレ

『9月16日、科学準備室で奥田ボコってたのうちら』

平然とした顔で驚愕の事実を打ち明けていく小酒井と篠部。2人は奥田と巧の関係を語っていく。奥田は巧にフラレていた。それから巧に嫌がらせが始まっており、悩んでいる事を知っていた2人。

そして嫌がらせの犯人探しを巧と共にしていた小酒井、篠部。犯人は奥田だったのだ。

夏休み明けも嫌がらせは続き、3人は相談。

巧は一度、奥田と話して嫌がらせを止めるように説得しようと試みていた。しかし、奥田は嫌がる巧に抱きついたり、無理やり手をつないだりしていた模様。小酒井、篠部の2人はもしもの時に遠くから見ていたのだ。

巧の話し合い虚しく、交渉決裂。
その後の奥田は完全にストーカー化していたと明かす2人。

小酒井、篠部の2人は巧に対するストーカー行為を止めさせる為に9月16日、準備室に呼び出して彼女に制裁を加えたと明かしていきます。

ただ、2人の話によると巧には実験室で制裁を加える事は話していなかったと明かしていきます。ようやく明かされた9月16日の真実…。それを聞いた陽菜は…。

『その2日後に奥田さん…自殺したよね…関係…あるんじゃないかな…』

陽菜のこの言い草に空気がピリつく事へ。
小酒井、篠部の言い分はあの日、何もしなかったら巧が何かされていた…もしくはストーカー行為に耐えられず巧が自殺していた可能性があると伝えていく2人。

『陽菜ちゃんじゃ、巧くんは守れないんだよ』

24話ネタバレ

陽菜の友人であるマリナが彼女の事を心配していく。その横でもう一人の友人であるキララが不思議そうな顔でマリナを見ていく。

『正直、アンタはそろそろ手の平返すかって疑ってたからさ』

その理由は色恋が関わっている事を察知していたキララ。

マリナは銀城に好意を抱いている。しかし、銀城は陽菜に好意を抱いている状況。マリナはそれでも陽菜を裏切る事はないとキララに力強く伝えていく。

一方、自宅で疲れ果てていた陽菜。
母親から心配されていく。

『何を隠してるの?』

今までとどこか違う娘の雰囲気に違和感を感じていた母。娘を心配していく。しかし、陽菜は自らの意思でまだ話せない事を伝えていく。納得する母親。

『自分の気持ち、思ったこと、感じたこと、きちんと口に出して大事にしていいのよ』

母親から励まされる陽菜であったが逃げ出した気持ちで一杯であった。彼女は巧と裏に隠された本当の姿と向き合わうとしていたからである。

25話ネタバレ

巧を信じたい…だからこそ、向き合う決意を固めた陽菜。

彼と2人で待ち合わせして今まで知り得た事実を巧に打ち明けていく。陽菜が調べて聞いた9月16日の出来事を語り、準備室の外で巧が来たけど逃げていく姿を見て奥田さんは絶望を知ったのではないかと…。

これが自殺の動機になっているのではないかと巧に打ち明けていく陽菜。

『誰…ここまでパズルのピースを揃えたのは…銀城くん?』

『なんだ…そっか…なるほどね』

何か全てを悟ったような巧の表情の意味が捉えられない陽菜。

そして巧は9月16日に奥田を見捨てた人物が自分である根拠はどこから来ているのか尋ねていく。これはクラスメイトの鈴木チコの証言であると明かす陽菜。

『なるほど…全部話すよ…僕の話を聞いてくれる?』

ここで26話は終了。

だから君だけ目を閉じて【19話〜25話の感想】

だから君だけ、目を閉じて~彼女の遺書と君の嘘~

ここまで読んできて巧と銀城に大きな相違がある模様。

少しずつ真相が表面化してきましたが、未だにわからないのが何故、陽菜が巻き込まれてしまったのか…。清廉潔白なヒロインに見えますが、実は彼女もドス黒い何かを抱えていたりすると面白いですが…(笑)たぶんそれは無いかな。

ちなみに執筆時点の最新話は第30話。26話以降からだいぶ真実が明るみに出てきます。乞うご期待!


だから君だけ、目を閉じて~彼女の遺書と君の嘘~

だから君だけ、目を閉じて

原作・著者三石メガネ / 咲原かえで
価格分冊版1冊 / 50円〜

友人に囲まれ、同級生に片想いをして、平穏な高校生活を送る春川陽奈。 しかしある日、見ず知らずの同級生が自殺する。 そして、その同級生の遺書には陽奈の名前が… 「人殺し」の汚名を返上するため、陽奈は同級生の自殺の謎に迫る。 「エブリスタ」の人気小説が原作、衝撃の学園サスペンス開幕!

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストア「まんが王国」にて「だから君だけ目を閉じて」で検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。