私、かわいそう【SNSに惑う女たち】ネタバレ!酔いしれクレクレ女は見限られていく!

SNSに惑う女たち

SNSに○○女たちシリーズ第9弾となる「SNSに惑う女たち」ここでは廻先生が描くエピソード「私、かわいそう」の内容をご紹介。

とにかく自分だけが不幸だと思いこんで拗らせている女子・有衣子に翻弄されていく友人達。

薄給だと嘆く彼女は遂に友人達から売れる物を徴収。フリマアプリでお小遣い稼ぎをしていく事へ。そんな彼女に呆れて見限っていく友情に亀裂が入るエピソードが繰り広げられていきます!

この漫画の試し読み
SNSに惑う女たち

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!絵も可愛い注目のSNSヒューマンドラマ漫画です!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「SNSに惑う女たち」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。合本版と分冊版があるので注意。

SNSに惑う女たち

サバサバだから許してね【SNSに惑う女たち】ネタバレ!無神経女に鉄槌が下る!

2020年6月10日
SNSに惑う女たち

あなたのために言ってるの【SNSに惑う女たち】ネタバレ!一人はいる…ウザい先輩の典型例!

2020年6月10日

私、かわいそう【SNSに惑う女たち】ネタバレ

高校の頃からよく集るメンバー、雫、麻里、アヤ、有衣子の4人でこの日は女子会。雫はアメリカ勤務が決まった事を友人達に報告していく。アヤと麻里は一緒になって喜んでくれる中、有衣子だけが「私、かわいそう」オーラを発していくのであった。

『いいよねぇ〜雫は…それに比べて海外旅行行けるようなお金もない私…かわいそぉ…』

有衣子の口癖は「わたし…かわいそう」であり、周りを羨ましがって自分は何も持っていないと非常にネガティブな人間であった。

雫、麻里、アヤも彼女の扱いに手を焼く場面もしょっちゅう。

女子会も終わると雫は思いつく。
有衣子に何か新しいことをやらせれば気持ちも一新できて「かわいそう」発言が減るかもしれないと…。

雫はひとまずアメリカ勤務が始まったら遊びにおいでよと彼女を誘うが…消極的であり次第に愚痴っぽくなっていく有衣子。あまりにも拗らせ過ぎている有衣子に不安を感じていく雫。

一方で麻里、アヤは自分だけが不幸だと思っている有衣子に対して苛立ちを感じ始めていた。

不幸拗らせ女が最強のクズ女になっていく!?

再び4人で女子会。
有衣子は遅刻しつつ、席が見つけづらいと愚痴。苛立つ一同。

『私達こんなムカついてまで、なんで有衣子と友達続けてるんだろ』

ボソッと麻里が呟いていく。
雫もそれに対して有衣子を擁護する言葉が見つからなかった。内心ではどこか有衣子に対して不満が募っていた雫。

一応、空気を読む力はある有衣子。

女子会の雰囲気が嫌な感じである事に不満を感じていく。そしてトイレに離れて一人で愚痴りながら『私…かわいそう…』と呟いていく。

さぁ、女子会もお開きでお会計。
割り勘にする予定であったが突然、有衣子が財布を落としたと慌ただしくなっていく。駅で落とした可能性高いと伝える有衣子。雫達は支払いはいいから早く駅に探しに行ってきなよ…と彼女を送り出していく。

しかし、雫だけは有衣子のバックに財布らしき物体が入っている所を一瞬だが見てしまった。彼女の行動を監視していると財布を取り出してニヤける姿が…。

『あんなつまんない女子会にお金払う価値ないよね…薄給な私におごってくれたらいいのに…』

不幸を拗らせた女はさらにクズ女へと成り下がっていく。

貰いモノをフリマアプリで売ってお小遣い稼ぎ!?

自分より幸せな人達から少し援助してもらおうといった考えが働いたのか…有衣子が暴走していく。

彼女は雫、麻里、アヤから不必要なモノが欲しいと行って貰っていく。同時に図々しく指定した場所まで物を送って欲しいとまでお願いしてくる有衣子。

さすがに異常事態だと感じた雫達。
有衣子を抜いた3人で集合。麻里やアヤも有衣子に翻弄されていた。

そして彼女達は有衣子が何をしているのか足取りを掴んでいく。

彼女はあげた物をフリマアプリに出品してお小遣い稼ぎをしていたのだ。呆れてしまった3人は有衣子を呼び出して真相を聞き出していく。

反省の色すら見せない有衣子。逆に「かわいそう代金」としてお金が欲しいくらいだと訳のわからない事を語っていく。

こんな有衣子を見限る決意をした麻里とアヤ。

雫だけはどうにかして有衣子の考えを変えたかった。そして最後、有衣子に問いかけていく。

『私達は幸せになる為に頑張ってる。でも有衣子はどうなの?頑張ってる?このままだとみじめになっちゃうよ』

少しでも彼女の気持ちに変化が与えられて変わってくれれば良いと感じていた雫。しかし、彼女の言葉はまったく有衣子に届いていなかった。

『友達にみじめって言われるなんて私、かわいそう』

この言葉に雫も彼女を見限る決意をしていく。その後は雫、麻里、アヤ3人で連絡を取り合い、都合が合えば女子会。人生を謳歌していく。一方の有衣子。まったく変わりなく、自分が不幸だと思って生きていた…。

私、かわいそう【SNSに惑う女たち】感想

SNSに惑う女たち

超ネガティブ女ですぐに責任を他人に押し付けるタイプの有衣子。確かに彼女みたいな人と付き合うのは面倒で疲れそう…。

彼女にとって友達とはお小遣い稼ぎのツールだったんでしょうか…。

有衣子を更生させようと愛のあるお説教をした雫が逆に可哀想な感じになっていきます。かわいそうな自分に酔いしれて、クレクレを繰り返す女の末路が描かれるエピソードでした。

有衣子の気怠そうなキャラ感も秀逸で楽しませて貰いました☆彡


SNSに惑う女たち

SNSに惑う女たち

原作・著者縛 / 廻 / かみきわか
価格分冊版150円 / 合本版400円(共に税別)

自称”サバサバキャラ”の無神経な女。”かわいそう”な自分に酔いしれて、友人たちにクレクレを繰り返す女。常に後輩のSNSを監視し、”あなたのために”と上から目線でアドバイスをする女。SNSに惑わされ、”常識”を外れて暴走していく女たちを描いた炎上オムニバス「SNSシリーズ」第9弾!!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「SNSに惑う女たち」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。合本版と分冊版があるので注意。